ニートにおすすめの就職サイト

ニート歓迎!ニートが今すぐIT特化就職サイト、ワークポートを使うべき理由3つ

投稿日:2017年5月9日 更新日:

ニートが就職するときに使うことができるのは、ハローワークだけではありません。

近年は労働人口が減少していることから転職サイトもニートやフリーターの登録も受け入れており、一般の転職者と同様のサービスを受けることが可能になっています。

ハローワークだけでも就職活動はできますが、カラ求人があったり、条件の悪い求人も多かったり、と時間を無駄にしてしまうことも考えられます。

20代職歴なしからでも就職したい方はジェイックがおすすめ!

↓今すぐ無料登録する(30秒で完了)

>> 高卒、大学中退者の就職支援にも強い!学歴ではなく人物重視の企業と面接ができる!就職ならジェイック!

ですので、良質な求人が集まりやすい就職サイトの利用をおすすめします。

本記事では、数多くある就職サイトの中で、ワークポートをご紹介します。

 

↓ワークポートに登録する(無料)

>> 未経験からの転職ならWORKPORT

IT系の求人に強い

ワークポートは普通の就職サイトとは、求人のラインナップが違います。

IT系、WEB系の求人に特化しており、それ以外の求人はほとんど取り扱っていません。

扱っている求人件数は1万件と他の大手求人サイトに比べると少なく見えるのですが、IT系、WEB系の求人に限定すると、ワークポートが最大手の就職サイトになります。

IT系、WEB系なら財閥系の大手企業から、創業したばかりのベンチャー企業まで、幅広く求人を取り揃えています。

他の就職サイトにはない、独占求人も多く持っており、ワークポートでしか見ることができない求人も多数あります。

もちろん、一般の転職者だけでなく、ニートやフリーターを歓迎するような求人も用意されていますので、IT系、WEB系の仕事に就きたいと考えているニートには、ぴったりの就職サイトと言えるでしょう。

 

↓ワークポートに登録する(無料)

>> IT・インターネット・ゲーム業界専門の転職コンシェルジュ【WORKPORT】

懇切丁寧な就職サポート

ワークポートには、他の就職サイトと同様にエージェントがおり、転職コンシェルジュと呼ばれています。

ワークポート自体がIT系、WEB系に特化していますので、当然、転職コンシェルジュもIT系、WEB系の転職事情に精通しています。

他の就職サイトのエージェントは、広く浅くの知識しか持ち合わせていない事が多く、各業界の詳しい状況まで把握していません。

20代無職からホワイト企業に就職したいならジェイックがおすすめ!

↓今すぐ無料登録する(30秒で完了)

>> 優良企業20社と書類選考ナシで面接ができる就職イベントを開催!就職ならジェイック!

その点、ワークポートの転職コンシェルジュは、直近の採用状況だけでなく、各企業の状況や、業界のトレンドまでしっかりと把握しており、就職活動に有利となるアドバイスを的確にしてくれます。

もちろん、ワークポートへの登録は無料ですし、転職コンシェルジュの相談も同じく無料となっています。

 

↓ワークポートに登録する(無料)

>> ワークポートの転職コンシェルジュ

とにかく対応が速い

ワークポートの対応はとにかくスピーディーです。

一度面談して就職に関する希望を伝えると、それに沿った求人をどんどんと持ってきてくれます。

他の就職サイトのように吟味に吟味を重ねて一つか二つの求人を持ってくるようなものではなく、希望に合った、あるいは近いものであったらどんどんと紹介してくれます。

どの求人に応募するか決めた後も、面接の日取り調整などもすぐに決めてくれます。

全体的に一回の応募にかかる日程が短いので、一つの求人に落ちてしまっても、すぐに次の求人を受けることができます。

ニートの就職活動では、求人に落ちてしまうことがほとんどですので、すぐに次の求人に向かうことができる体制を提供してくれると、就職活動をスムーズに進めることができるでしょう。

ワークポートの登録方法

まずはワークポートのホームページから登録ページに飛んで、名前や年齢、住所、連絡先といった基本情報を入力します。

たったこれだけで登録が終わってしまいます。

こうしたところにもスピーディーに就職活動を進めようとするワークポートの意思が感じられます。

その後も23日以内には電話がかかってきますので、面談の日程を相談します。

後は転職コンシェルジュに自分の思うところをちゃんと相談しましょう。

まとめ

以上、ワークポートの特徴をご紹介しました。

ワークポートはIT系、WEB系の企業を目指すなら、登録必須と言ってもよい就職サイトです。

コンシェルジュの対応も丁寧でスピーディーですので頼りがいがあります。

ぜひワークポートに登録してみてください。

 

↓ワークポートに登録する(無料)

>> 未経験からの転職ならWORKPORT


職歴なしでもOK!20代の無職、フリーターが就職するならジェイックがおすすめ

20代で無職、フリーターのあなた、「もう自分はどこにも就職できない。どうしたらいいか分からない…」そう悩んでいませんか?

もしハローワークやその他一般的な転職エージェントなどで就活が上手くいかなかったあなたには、ジェイックをおすすめします。


ジェイックの無料登録はこちら

>> 高卒、大学中退者の就職支援にも強い!学歴ではなく人物重視の企業と面接ができる!就職ならジェイック!

ジェイックがおすすめな4つの理由

無職、フリーター、第二新卒、既卒などの若年層に特化

完全未経験から正社員に就職できる求人多数

・就職成功率80.3%、就職後の定着率94.3%

12000人以上の正社員支援実績

ジェイックは20代の無職、フリーター(高卒、大学中退者含む)の方が就職できることを目的にして作られたサービスなので、今まで普通の就職活動をしてきてチャンスがなかった人でも、逆転できる可能性があるのです。

ジェイックの利用はすべて無料なので、もし20代無職、フリーターを卒業したい!と思っている人は無料登録(30秒で完了)から始めてみてください。

↓無料登録はこちらから

>> 就職後も手厚いフォロー!就職後の定着率94.3%!就職ならジェイック!

-ニートにおすすめの就職サイト
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

           

あなたにおすすめの記事

関連記事

まだまだこれから!既卒ニートにおすすめの就活サイト3選

既卒とは、高校や短大、大学を卒業した後、一度も就職したことがない人のことです。 新卒に比べて、就職活動は大変になりますが、卒業後三年以内なら新卒採用枠での就職活動を行うことができます。 卒業後三年を超 …

フリーターにおすすめの転職エージェント3選

アルバイト生活も良いけれど、そろそろ正社員として社会生活を送ろうと考えている人もいるのではないでしょうか。 となると、転職という課題が生まれます。 働きながらという観点からみると、転職エージェントを使 …

求人サイト・はたらいくでニートは就職できるのか?主な特徴2つ

ニートをしている人の中には、就職サイトに登録したものの、希望の仕事がなかなか見つからなくて、求人を見てるばかりで応募できないという人もいるのではないでしょうか。 そういった場合はじっとして希望の求人を …

ニートはリクナビに登録できる?ニートでも使えるリクナビNEXTとリクナビダイレクト

  皆さん、リクナビというサイトはご存知でしょうか。 大学生の中では定番ともいえる新卒者向けの就職サイトです。 新卒者向けという文字の通り、リクナビはその年度の新卒者しか利用できないサービスです。 2 …

いい就職.comでニートは就職できる?サービス特徴、おすすめポイントを紹介

どうにかしてニートから脱出したいと考えているニートは多い事でしょう。 しかし、どうやって求人を探せばいいのかわからず、とりあえずハローワークを利用している人が多いです。 ハローワークには、カラ求人が数 …

IT・ものづくりに興味があるニートは就職サイトDODAがおすすめ

ニートが就職しようと考えると、まずはハローワークが浮かぶのではないでしょうか。 もちろん、ハローワークには多くの求人が集まっているのですが、カラ求人が数多くあったり、条件の悪い求人も多かったり、問題が …

ニート採用企業が集まる就職サイト、転職エージェント4選

ニートというと、もう働き口が見つからないネガティブなイメージがあります。 しかし、実はやる気さえあれば、ニートでも関係なく採用したいと思っている企業はたくさんあります! ここでは、ニートを採用している …

ニートにおすすめ就職・転職支援サイトランキング

  目次1位 ジェイック2位 リクナビNEXT3位 ハタラクティブ4位 ワークポート(Workport) 1位 ジェイック ジェイックは既卒、高卒、大学中退、フリーターの20代を対象に就職支 …

転職エージェントに警備員の求人はある?転職エージェントのメリット3つ

ニートの中には警備員になって、ニートから抜け出そうと考えている人もいるのではないでしょうか。 実際に警備員の仕事を探すときに、大した仕事じゃないからとハローワークや求人誌で探そうとするニートが少なから …

地方からの就活は大変?有利に進めるためには就活サイトを利用しよう!

地方からの就活をするのは、金銭面も体力面でも負担が大きくなってしまいます。 しかし、効率的に就活ができたら、負担も少なくなるでしょう。 これから、地方からの就活で大変な面と対処方法についてご説明します …