ニート向けの仕事一覧

webデザイナーは人手不足って本当?求められるwebデザイナーになるための方法

投稿日:

webデザイナーになりたいと考えているニートも多いかと思います。

しかし、webデザイナーの現状がよくわかっていない人が多いでしょう。

IT業界はどの業務も人手不足なので、webデザイナーも引く手あまたという話もある一方で、webデザイナーを代表するデザイン系はなりたい人も多いので飽和状態とも言われています。

そこで、本記事ではwebデザイナーの現状や、求められるwebデザイナーになるための方法、webデザイナーになるメリットについてご紹介します。

webデザイナーの現状は?

webデザイナーは飽和状態であると言われることが多いですが、これは事実でもありますし、間違っているとも言えます。

webデザイナーと一口に言っても、そのレベルは様々です。

webデザインの会社で働けば、webデザイナーを名乗ることができますので、ほとんど経験のない人でもwebデザイナーになってしまいます。

こうした経験の浅いwebデザイナーは往々にしてデザイン寄りのデザイナーです。

サイトのレイアウトやカラーイメージを作り出すことを得意としています。

しかし、webデザインの現場では、個性的なものよりも誰でもできるようなデザインを求められることがほとんどです。

当然、ほとんどのwebデザイナーはそういった需要に対応することができますし、誰がやっても結果はあまり変わりません。

そのため、webデザイナーは飽和状態と呼ばれています。

しかしデザインに加えて、HTMLCSSのコーディング、ロゴやバナー、挿絵などの制作、アニメーションや動きのあるアイコンなど動的なオブジェクトの作成などを行うことが出来るwebデザイナーは非常に重宝されており、どの会社も喉から手が出るほど欲しい人材です。

つまり、デザインだけのwebデザイナーは飽和状態であり、他のスキルを備えたwebデザイナーは求められているということです。

求められるwebデザイナーになるには?

前述したように、デザインだけではwebデザイナーとして生きていくことは難しいです。

デザインだけでなく、他の領域にまで踏み込める幅広い知識と技術が必要となります。

webデザイナーには免許がないので、採用さえされれば、独学で勉強してもなることができます。

しかし、独学でやると、どうしても勉強したい分野に偏りが出てしまいます。

そこでおすすめなのが、専門学校に進むことです。

専門学校では、基礎的なデザインや色彩の勉強をしながら、HTMLCSSの勉強も行います。

最近では動画サイトが盛り上がっていることから、動画編集や加工を授業に取り入れている専門学校も数多くあります。

網羅的に学習することができるので、デザイン一辺倒のwebデザイナーにはなりにくいです。

また、就職後も勉強が必要です。

web業界では新たな技術が続々と生まれています。

そうした技術にアンテナを張り、仕事で使えそうだと感じたら、自分で学んで仕事に取り込むことが必要になります。

そうすることで、他のwebデザイナーとは一線を画すことになり、求められる人材となります。

webデザイナーになるメリットはなに?

常に勉強が必要なので大変な仕事ではありますが、webデザイナーになるメリットもあります。

一番のメリットは、業界が拡大し続けていることです。

webの発展はこれからも継続していきます。

そのため、webデザイナーの仕事もどんどん増えていきます。

パソコンからスマホ、タブレットへ、といったようなデバイスの変化は今後もありえますが、基本的にwebデザイナーが行う仕事はあまり変わりませんし、需要はますます高まりますので、業界として安泰です。

また、個人の力量がものを言うこともメリットでしょう。

流動性の高い業界ですので、自分ができることをうまくアピールできれば、より待遇の良い会社に移ることが可能です。

また、営業力があれば、フリーのwebデザイナーとして活躍して、ワークライフバランスを保ちながらも収入を増やすといったことも可能です。

まとめ

webデザイナーは敷居が低い分、経験の浅い人でもwebデザイナーと名乗れてしまいます。

そうした人の数が多く、飽和状態になっているように見えます。

実際は、デキるwebデザイナーは不足しており、まだまだ人手不足です。

本記事を参考にして、多方面に精通したwebデザイナーを目指すのはいかがでしょうか。

-ニート向けの仕事一覧

執筆者:

関連記事

ニートを雇ってくれる会社はある?おすすめの業界3つ

ニートの期間が長くなってくると、資金的に余裕がなくなってきたり、世間の目も気になり始めてくると思います。 しかし、いざ就職活動を始めてみようと思っても、ニートの期間がマイナス評価となって採用されないの …

外で働けない場合でも大丈夫!自宅で稼ぐ方法

家庭の事情や健康上の問題などで、外で働けない場合があります。それでも仕事をして少しでも稼ぎたい場合には、自宅で稼ぐ方法が一番有効です。 インターネットが発達した現代では、ネットを利用した仕事がたくさん …

ニートが就職してプログラマーになる具体的な手順と方法、求人の特徴

ニートがプログラマーになるためには、HTML5やCSS・Javascript・PHPといったマークアップ言語やオブジェクト指向型プログラミング言語を学習する必要があります。 HTML5は比較的簡単で、 …

ラベル貼りバイトってどんな仕事?実際の待遇や評判など

求人誌に「ラベル貼りのアルバイト募集」の広告を見かけたことはありませんか。 「ラベル貼りのバイトってどんなことするのだろう」と疑問に思った方も、いますよね。 そこで、ラベル貼りバイトの仕事内容について …

ニートにとっての住み込みバイトのメリット、就職、活用方法

住み込みバイトの特徴として、会社が寮等の住まいを用意してくれるということがあります。 例を挙げると、リゾート施設を経営している会社の場合、交通機関が不便な場所にあることが多いです。 その為、繁忙期の人 …

人と接することが苦手なヒキニートに最適なアルバイト4つ

引きこもりニートをしている人の多くは、人と関わることを苦手としており、そのせいでなかなかニートから抜け出すことができません。 かといって、働く意思がないわけではなく、人と接することがない、あるいは少な …

本好き必見!図書館の求人、仕事内容!資格は必要?

本が好きだとか、静かな場所で働く事が好きという人は図書館で働きたいと考えるかもしれません。 図書館で働くということについて詳しく見ていきましょう。 目次図書館で働くための資格と仕事の内容について図書館 …

特別なスキルは必要なし!誰でも就職できる仕事3選

働いた経験が全く無かったり、学歴や資格も持っていなかったりすると、ニートからの脱出は難しくなります。 年齢を重ねていれば、なおさら難しいですし、業種によっては男女で入りやすさが違ったりということもざら …

工場で働きたい人におすすめの資格、志望理由は?正社員、大卒などの場合

求人を見ていると、事務職や販売・営業職と並んで、工場勤務のものを良く見かけるのではないでしょうか。 「この会社の製品づくりに携わりたい」と思うような求人が見つかった人もいるかもしれません。 ここでは、 …

ニートから運送業に就職するために必要な資格、待遇条件は?

ニートの中には、運送業界に興味を持っている人も多いのではないでしょうか。 基本的には一人での仕事ですし、コミュニケーションも最低限で問題ないので、ニートには向いている仕事といえるでしょう。 しかし、運 …