ニート向けの仕事一覧

webデザイナーは人手不足って本当?求められるwebデザイナーになるための方法

投稿日:

webデザイナーになりたいと考えているニートも多いかと思います。

しかし、webデザイナーの現状がよくわかっていない人が多いでしょう。

IT業界はどの業務も人手不足なので、webデザイナーも引く手あまたという話もある一方で、webデザイナーを代表するデザイン系はなりたい人も多いので飽和状態とも言われています。

そこで、本記事ではwebデザイナーの現状や、求められるwebデザイナーになるための方法、webデザイナーになるメリットについてご紹介します。

webデザイナーの現状は?

webデザイナーは飽和状態であると言われることが多いですが、これは事実でもありますし、間違っているとも言えます。

webデザイナーと一口に言っても、そのレベルは様々です。

webデザインの会社で働けば、webデザイナーを名乗ることができますので、ほとんど経験のない人でもwebデザイナーになってしまいます。

こうした経験の浅いwebデザイナーは往々にしてデザイン寄りのデザイナーです。

サイトのレイアウトやカラーイメージを作り出すことを得意としています。

しかし、webデザインの現場では、個性的なものよりも誰でもできるようなデザインを求められることがほとんどです。

当然、ほとんどのwebデザイナーはそういった需要に対応することができますし、誰がやっても結果はあまり変わりません。

そのため、webデザイナーは飽和状態と呼ばれています。

しかしデザインに加えて、HTMLCSSのコーディング、ロゴやバナー、挿絵などの制作、アニメーションや動きのあるアイコンなど動的なオブジェクトの作成などを行うことが出来るwebデザイナーは非常に重宝されており、どの会社も喉から手が出るほど欲しい人材です。

つまり、デザインだけのwebデザイナーは飽和状態であり、他のスキルを備えたwebデザイナーは求められているということです。

求められるwebデザイナーになるには?

前述したように、デザインだけではwebデザイナーとして生きていくことは難しいです。

デザインだけでなく、他の領域にまで踏み込める幅広い知識と技術が必要となります。

webデザイナーには免許がないので、採用さえされれば、独学で勉強してもなることができます。

しかし、独学でやると、どうしても勉強したい分野に偏りが出てしまいます。

そこでおすすめなのが、専門学校に進むことです。

専門学校では、基礎的なデザインや色彩の勉強をしながら、HTMLCSSの勉強も行います。

最近では動画サイトが盛り上がっていることから、動画編集や加工を授業に取り入れている専門学校も数多くあります。

網羅的に学習することができるので、デザイン一辺倒のwebデザイナーにはなりにくいです。

また、就職後も勉強が必要です。

web業界では新たな技術が続々と生まれています。

そうした技術にアンテナを張り、仕事で使えそうだと感じたら、自分で学んで仕事に取り込むことが必要になります。

そうすることで、他のwebデザイナーとは一線を画すことになり、求められる人材となります。

webデザイナーになるメリットはなに?

常に勉強が必要なので大変な仕事ではありますが、webデザイナーになるメリットもあります。

一番のメリットは、業界が拡大し続けていることです。

webの発展はこれからも継続していきます。

そのため、webデザイナーの仕事もどんどん増えていきます。

パソコンからスマホ、タブレットへ、といったようなデバイスの変化は今後もありえますが、基本的にwebデザイナーが行う仕事はあまり変わりませんし、需要はますます高まりますので、業界として安泰です。

また、個人の力量がものを言うこともメリットでしょう。

流動性の高い業界ですので、自分ができることをうまくアピールできれば、より待遇の良い会社に移ることが可能です。

また、営業力があれば、フリーのwebデザイナーとして活躍して、ワークライフバランスを保ちながらも収入を増やすといったことも可能です。

まとめ

webデザイナーは敷居が低い分、経験の浅い人でもwebデザイナーと名乗れてしまいます。

そうした人の数が多く、飽和状態になっているように見えます。

実際は、デキるwebデザイナーは不足しており、まだまだ人手不足です。

本記事を参考にして、多方面に精通したwebデザイナーを目指すのはいかがでしょうか。

-ニート向けの仕事一覧

執筆者:

関連記事

一発逆転が狙える!学歴が関係ない仕事5選

以前よりも緩やかになったとはいえ、世の中は依然として学歴社会です。 高学歴でないとなれない職業も多くありますし、大手企業であれば学歴がないと門前払いなんてことも珍しくありません。 ニートの中には学歴が …

ニートにもおすすめ!正社員で簡単な仕事5選

近年は稀に見る売り手市場だと言われています。 求職者にとって仕事を選べる環境にある現在、正社員で仕事をするにしても、ブラック業界への就職は避けたいところです。 本ページでは、正社員で簡単な仕事をピック …

工場で働きたい人におすすめの資格、志望理由は?正社員、大卒などの場合

求人を見ていると、事務職や販売・営業職と並んで、工場勤務のものを良く見かけるのではないでしょうか。 「この会社の製品づくりに携わりたい」と思うような求人が見つかった人もいるかもしれません。 ここでは、 …

肉体労働は高収入?デスクワークから肉体労働に転職するメリット・デメリット

デスクワークをしている人の中には、デスクワークに飽きてしまった人もいるのではないでしょうか。 身体を動かしている方が性に合っている、肉体労働の方が収入が多いのではないか、じめじめとした人間関係が嫌だな …

ニートでもカフェ店員はつとまる?大手カフェチェーンの採用条件を比較!

ニートの方にも喫茶店やカフェでのお仕事をしてみたい方もいらっしゃると思います。 この記事では、喫茶店でのお仕事や駅前によく見かけるカフェチェーン単位で比較した採用条件など紹介していきたいと思います。 …

介護職に適性があるニートの4つの特徴

ニートの中には、介護職への就職に興味を持っている人も多いかもしれません。 介護職は深刻な人出不足ですので、介護職員初任者研修を受ければ、ニートでも正社員での採用は難しくありません。 しかし、介護職が向 …

ニートから職人になりたい!ニートにおすすめの職人業5選

長年の修行で培った技術を用いて、手作業で物を作り出す職人という肩書に憧れを抱いているニートも多いのではないでしょうか。 おいそれとは真似のできない技術なので、習得してしまえば安定した収入を得ることがで …

ニートがニトリでアルバイトをするのはあり?業務内容や待遇を紹介

「家具のニトリ」はみなさん、ご存知でしょう。 実はニトリは、頻繁にアルバイトの募集を行っています。 周囲のお店よりも時給が高めですので、気になっているニートの方もいらっしゃるでしょう。 本記事では、ニ …

ニートでなかなか仕事が続かない人へ!仕事を続けるコツと続けやすい仕事の見つけ方

中々仕事が続かず、ニート生活を送っている人もいるのではないでしょうか。 「仕事が続かないのは、甘え」と厳しい言葉をぶつけられた人もいるかもしれません。 ここでは仕事を続けていくコツや、続けやすい仕事の …

ニートでも営業マンとして就職できる?営業職に向く人とは?


  ニートの時期を経ての就職で、営業職を目指したいと思っている人がいるかもしれません。 ここでは、営業職にどのような種類があるのか、どんなタイプが向いているのかを見ていきましょう。 目次営業職にはどん …