ニート向けの仕事一覧

ニートにおすすめの夜バイト3選、メリット・デメリット

投稿日:

ニートの人がいきなり働くのは、緊張しますよね。

そんな中でオススメなのが、夜バイトです。

最近は24時間体制の仕事が増え、夜バイトの種類も多くなっています。

 しかし夜バイトってどんなものなのか、あまり想像つかないですよね。

そこで、夜バイトの特徴と、どんな仕事があるのかをお伝えしていきます。

ニートにとっての夜バイトのメリット

 ニートに夜バイトをオススメする理由として、まず時給が高いことが挙げられます。

同じ時間働いても、日中勤務より稼げるので、お金が欲しい人にはオススメです。

また日中の時間を使えるということも、夜バイトのメリットの1つです。

ニートの中には日中外に出歩くことに、引け目を感じる人もいますよね。

しかし夜バイトをしていれば、気兼ねなく外に出歩くことができます。

ニートにおすすめの夜バイト3選

 ニートにオススメな夜バイトは、3つ挙げられます。

工場勤務

1つめは工場勤務です。

工場は日勤と夜勤の2交代で稼働している会社が多いです。

工場バイトの特徴として、人と話をしなくて良いことがあります。

黙々と作業を行うので、コミュニケーションを取るのが苦手だと感じているニートでも働きやすい環境です。

守衛、警備

 2つめは守衛や警備の仕事です。

主にマンションや施設での管理業務を行います。

具体的には定期巡回や戸締りの確認、緊急時の対応などがあります。

よほどのことがない限り忙しくはない仕事ですし、仮眠や休憩を取ることもできるので、心身共に負担のかからない夜バイトでもあります。

介護バイト

3つめは夜勤専属の介護バイトです。

介護職は勤務時間帯が不規則なので、体調を崩しやすい人が多いです。

なので最近では夜勤専属のバイトを増やし、常勤のスタッフの負担を軽減する会社が多くなっています。

「介護の仕事」と聞くと、心身共に大変なイメージを持つ人も多いですよね。

しかし夜は定時の巡視やトイレ誘導など、日中に比べて仕事量が少ないです。

また常勤のスタッフと一緒に働くので、突発的な出来事にも協力して対応することができます。

とはいえ、最初は入居者の状態を把握するために、日勤で働く場合が多いです。

また介護の仕事をしたことがない場合、研修などで介護の技能を身に付ける必要があります。

夜バイトのデメリット

 夜バイトのデメリットとして、やはり身体のリズムを崩しやすいことが挙げられます。

夜の仕事をずっと続けていると、身体のリズムを崩しがちになります。

そうすると、将来的に重い病気にかかりやすくなります。

夜バイトをするにあたって気をつけるべき事

 夜バイトをするときは、「期間を決めて働く」ということを心がけましょう。

例を挙げると、「資格を取る為に学校に通いたいから、その為のお金を貯める」というように、ゴールが見える目標を立てることで、期間を決めやすくなります。

 とはいえ、急に辞めるのはオススメしません。

会社側としては夜働いてくれる人を重宝します。

代わりの人を見つけるのは大変です。

辞めることを決めたら、最低でも1ヶ月前までに会社に報告しましょう。

 また、仕事が楽だからと手を抜かないことです。

会社は夜人手が必要だからバイトを募集しているのです。

バイトであっても真面目に仕事に取り組む姿勢を保つことを心がけましょう。

まとめ

 いかがでしょうか。

ニートにオススメの夜バイトとしては、工場勤務、守衛、夜勤専属の介護バイトを挙げました。

夜バイト全般に共通することは、時給が高い分、体調を崩しやすいということです

 「お金を貯めたい」「働く経験を培いたい」と短期的な目標を達成する手段として夜バイトをするにはオススメしますが、長期的に働くということに対してはオススメしません。

将来的に自立した生活を考えている人は、日中の時間を活用して、就職活動を行うことをオススメします。

 

バイトが決まると祝い金!バイトさがしはジョブセンス

-ニート向けの仕事一覧

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

疲れない仕事はある?肉体、精神、人間関係で疲れない仕事を5つずつ紹介

仕事をするなかで、さまざまなストレスから疲れを感じる人が増えています。人によって肉体的な疲れであることもあれば、精神的な疲れであることもあります。 当記事ではこれから「疲れない仕事」を探そうとしている …

仕事をすぐ辞めてしまう人でもできる仕事5選

現在、仕事を辞めることはもはや特別なことではありません。 一つの会社を定年まで勤め上げる昭和的な仕事スタイルはもう昔の話になりつつあります。 仕事を辞めてキャリアアップし、新しいステージを向かうなら、 …

ニートからSEとして就職できる?必要な知識や資格と求人の探し方

ニートをしている人の中には、パソコン操作が得意な人も多いため、SE(システムエンジニア)に興味を持っている人も多いかと思います。 しかし、実際に就職しようと思っても、何から始めて良いかよくわからず、行 …

IT係の仕事にはどんな種類がある?ニートでもできるIT業5選とその待遇、業務内容

ニートの中にはIT業界に興味を持っている人も多いでしょう。 学歴が関係ない業界で、実力次第で昇進できるので、一発逆転を狙うこともできます。 また、人手不足が常態化している業界なので、職歴なしのニートで …

公務員の人気職種ランキングトップ10

「親方日の丸」と言われる日本の公務員は安定性と待遇の良さから就職先として根強い人気があります。 経済的にも先が見通せないこの時代、民間企業ほど競争が激しくなく、潰れる心配もなく、給料もそこそこよい公務 …

低学歴者に人気の就職先(仕事)ランキングトップ10

低学歴の方に人気の仕事(職種)、就職先をランキング形式でトップ10を紹介しています。それぞれ人気の理由やどんな人におすすめか?仕事の将来性などもコメントを添えているので、ぜひご自身の学歴と仕事探しに悩んでいる方は参考にしてみてください。

国内出張、海外出張が多い仕事10選!メリット・デメリットも紹介

英語を流暢に話し世界を股にかけるビジネスマン。 出張が多い仕事はどこか華やかなイメージがあります。 国内、海外問わず出張は楽しいこともたくさんありますが、度重なると色々たいへんなこともでてきます。 目 …

ニートから運送業に就職するために必要な資格、待遇条件は?

ニートの中には、運送業界に興味を持っている人も多いのではないでしょうか。 基本的には一人での仕事ですし、コミュニケーションも最低限で問題ないので、ニートには向いている仕事といえるでしょう。 しかし、運 …

ニートでなかなか仕事が続かない人へ!仕事を続けるコツと続けやすい仕事の見つけ方

中々仕事が続かず、ニート生活を送っている人もいるのではないでしょうか。 「仕事が続かないのは、甘え」と厳しい言葉をぶつけられた人もいるかもしれません。 ここでは仕事を続けていくコツや、続けやすい仕事の …

ニートが建築業界で一流になる方法!ステップアップに必須な4つの資格

建築業界は非常に人手が不足しています。 そのため、ニートでも入りやすい業界として知られています。 たしかに、肉体労働は大変ですし、危険な作業もあるのですが、給与は高水準で、学歴があまり関係ないので、ニ …