ニート向けの仕事一覧

ニートにおすすめの夜バイト3選、メリット・デメリット

投稿日:

ニートの人がいきなり働くのは、緊張しますよね。

そんな中でオススメなのが、夜バイトです。

最近は24時間体制の仕事が増え、夜バイトの種類も多くなっています。

 しかし夜バイトってどんなものなのか、あまり想像つかないですよね。

そこで、夜バイトの特徴と、どんな仕事があるのかをお伝えしていきます。

ニートにとっての夜バイトのメリット

 ニートに夜バイトをオススメする理由として、まず時給が高いことが挙げられます。

同じ時間働いても、日中勤務より稼げるので、お金が欲しい人にはオススメです。

また日中の時間を使えるということも、夜バイトのメリットの1つです。

ニートの中には日中外に出歩くことに、引け目を感じる人もいますよね。

しかし夜バイトをしていれば、気兼ねなく外に出歩くことができます。

ニートにおすすめの夜バイト3選

 ニートにオススメな夜バイトは、3つ挙げられます。

工場勤務

1つめは工場勤務です。

工場は日勤と夜勤の2交代で稼働している会社が多いです。

工場バイトの特徴として、人と話をしなくて良いことがあります。

黙々と作業を行うので、コミュニケーションを取るのが苦手だと感じているニートでも働きやすい環境です。

守衛、警備

 2つめは守衛や警備の仕事です。

主にマンションや施設での管理業務を行います。

具体的には定期巡回や戸締りの確認、緊急時の対応などがあります。

よほどのことがない限り忙しくはない仕事ですし、仮眠や休憩を取ることもできるので、心身共に負担のかからない夜バイトでもあります。

介護バイト

3つめは夜勤専属の介護バイトです。

介護職は勤務時間帯が不規則なので、体調を崩しやすい人が多いです。

なので最近では夜勤専属のバイトを増やし、常勤のスタッフの負担を軽減する会社が多くなっています。

「介護の仕事」と聞くと、心身共に大変なイメージを持つ人も多いですよね。

しかし夜は定時の巡視やトイレ誘導など、日中に比べて仕事量が少ないです。

また常勤のスタッフと一緒に働くので、突発的な出来事にも協力して対応することができます。

とはいえ、最初は入居者の状態を把握するために、日勤で働く場合が多いです。

また介護の仕事をしたことがない場合、研修などで介護の技能を身に付ける必要があります。

夜バイトのデメリット

 夜バイトのデメリットとして、やはり身体のリズムを崩しやすいことが挙げられます。

夜の仕事をずっと続けていると、身体のリズムを崩しがちになります。

そうすると、将来的に重い病気にかかりやすくなります。

夜バイトをするにあたって気をつけるべき事

 夜バイトをするときは、「期間を決めて働く」ということを心がけましょう。

例を挙げると、「資格を取る為に学校に通いたいから、その為のお金を貯める」というように、ゴールが見える目標を立てることで、期間を決めやすくなります。

 とはいえ、急に辞めるのはオススメしません。

会社側としては夜働いてくれる人を重宝します。

代わりの人を見つけるのは大変です。

辞めることを決めたら、最低でも1ヶ月前までに会社に報告しましょう。

 また、仕事が楽だからと手を抜かないことです。

会社は夜人手が必要だからバイトを募集しているのです。

バイトであっても真面目に仕事に取り組む姿勢を保つことを心がけましょう。

まとめ

 いかがでしょうか。

ニートにオススメの夜バイトとしては、工場勤務、守衛、夜勤専属の介護バイトを挙げました。

夜バイト全般に共通することは、時給が高い分、体調を崩しやすいということです

 「お金を貯めたい」「働く経験を培いたい」と短期的な目標を達成する手段として夜バイトをするにはオススメしますが、長期的に働くということに対してはオススメしません。

将来的に自立した生活を考えている人は、日中の時間を活用して、就職活動を行うことをオススメします。

 

バイトが決まると祝い金!バイトさがしはジョブセンス

-ニート向けの仕事一覧

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ニートでも営業マンとして就職できる?営業職に向く人とは?


  ニートの時期を経ての就職で、営業職を目指したいと思っている人がいるかもしれません。 ここでは、営業職にどのような種類があるのか、どんなタイプが向いているのかを見ていきましょう。 目次営業職にはどん …

ニートが土方(土木作業員)として働くことはできる?仕事のメリットとデメリット

私がニートをしていた頃の話です。 求人誌や求人サイトで仕事を探していると、土木作業員の求人をよく見かけました。 土木作業員という仕事はいわゆるガテン系で、屈強な体つきをした男性が働いているイメージがあ …

国内出張、海外出張が多い仕事10選!メリット・デメリットも紹介

英語を流暢に話し世界を股にかけるビジネスマン。 出張が多い仕事はどこか華やかなイメージがあります。 国内、海外問わず出張は楽しいこともたくさんありますが、度重なると色々たいへんなこともでてきます。 目 …

男だけじゃない!女性にもできる肉体労働5つ

ニートの女性の中には、座りっぱなしの仕事より身体を動かす仕事をしたい人もいるのではないでしょうか。 一般的に肉体労働は男性向けのものが多く、女性ができる肉体労働がないように思えます。 しかし、実際は女 …

就職しやすい仕事の特徴3つと具体的な業界

ニートをしている人の多くは就職してニートから抜け出したいと考えています。 しかし、ニートとなると履歴書に空白期間があり、どの業界でもなかなか就職しにくいという現実があり、就職活動に二の足を踏んでいる人 …

ニートが土木業界で働くには資格が必要?キャリアアップは望める?

皆さんは土木建設業についてどのようなイメージを持たれていますか? 一般的にアスファルトで道路を整備したり水道管の工事をしているイメージなら浮かびやすいかもしれません。 土木の現場が請け負う仕事は実に様 …

とにかく楽したい!女性向けの楽な仕事ランキングトップ10

とにかく楽な仕事がしたいと考えている女性は多いのではないでしょうか。 しかし、楽な仕事がどんなものなのかわからず、忙しい仕事を何となく継続していたり、そもそも就職に足踏みしたりしている人も少なくないで …

ニートから弁護士として就職する方法、必要な資格、平均年収は?

ニートの中には弁護士に興味を持っている人もいるのではないでしょうか。 法律の専門家として必要とされる職業ですし、収入も安定して高いです。 ドラマやマンガなどでの弁護士の活躍をみて憧れている人もいるでし …

ニートを雇ってくれる会社はある?おすすめの業界3つ

ニートの期間が長くなってくると、資金的に余裕がなくなってきたり、世間の目も気になり始めてくると思います。 しかし、いざ就職活動を始めてみようと思っても、ニートの期間がマイナス評価となって採用されないの …

介護職に適性があるニートの4つの特徴

ニートの中には、介護職への就職に興味を持っている人も多いかもしれません。 介護職は深刻な人出不足ですので、介護職員初任者研修を受ければ、ニートでも正社員での採用は難しくありません。 しかし、介護職が向 …