ニート向けの仕事一覧

それほど難しくない!ニートから店長になりやすい仕事、業界3つ

投稿日:2017年7月11日 更新日:

ニートの中には、店長になりたいと考えている人もいることでしょう。

一国一城の主というのは憧れがありますし、ある程度本部からの指示はあるものの自分の裁量でお店の戦略を変えることもできます。

収入もそれなりにありますし、自分が指示を出す側というのは非常に気が楽です。

しかし、店長になれる仕事はどういったものか、どの業界だとなりやすいのかといったことをご存知の方は少ないのではないでしょうか。

本記事では、ニートが店長になるにはどうしたらよいか、どのような業界だとなりやすいのか、についてご紹介していきます。

店長になるのはそれほど難しくない

店長というと、お店のトップですので、なるのは大変というイメージを持っている人が大半かと思います。

しかし、実際はそれほど難しい事ではありません。

飲食店やコンビニは世の中に何十万店もあります。

その数だけ店長がいるということです。

アパレルや薬局、スーパーも含めれば、日本には百万人以上の店長が存在することになります。

数が多いだけでなく、店長は想像しているよりも若いことが多いです。

大手の企業であれば、店舗数が非常に多いため、店長は20代から30代がこなしていることがほとんどです。

店長で実績を積んだ40代以降の社員は、店舗ではなく、本社や支社で各店舗の管理を行うのが通例です。

つまり、それほど長い経験を積まなくても、店長にはなれるのです。

とはいえ、ニートがいきなり店長になれるわけではありませんし、下積み期間は必要になります。

ニートであれば、まずはアルバイトとして現場で働くのがよいでしょう。

アルバイトとして少なくとも半年から一年以上働いた上で本社の採用試験を受けたり、もう少し長く働いて直接社員に登用してもらったりして、正社員になります。

正社員になってからは、社内研修等で経営に関する基本を学びます。

店長の元で実際の業務を体験した後に、自分が店長に昇格するといった流れが一般的です。

店長になりやすい業界はコンビニ

ここでは、店長になりやすい業界とその特徴を3つご紹介します。

1. コンビニ

コンビニの店長は、非常に店長になりやすいです。

コンビニは直営店とフランチャイズに分かれますが、直営店の店長は正社員になれば必ず通る道ですので、正社員にさえなればほぼ確実に店長になれます。

コンビニの正社員になるには、直営店でアルバイトをこなした上で求人に応募するとよいでしょう。

コンビニは年中無休ということもあり、休みが非常に取りにくいのが特徴です。

店長と言えども、アルバイトの管理が上手くいかなければ、自らシフトに入らなければなりません。

その割に、給与は2030万程度なのでそれほど高くありません。

2. 飲食店

飲食店も店長になりやすい業界です。

基本的にはコンビニと同じで、アルバイトを経て正社員になり、店長に就任するというのが一般的です。

30代で店長、40代で店長を統括するエリアマネージャーになることが多いので、店長はあくまで通過点と考えるべきです。

昨今、飲食業界の労働環境の悪さが取りざたされたため、業界として勤務環境を改善しようとする動きはあります。

しかし、依然として長時間労働になることが多く、店長でもシフトに入ることはよくあります。給与は、コンビニと同程度の2030万が多いです。

3. ケータイショップ

ケータイショップはかなり店長になりやすいです。

ケータイショップの店長になるには、ケータイ会社ではなく、ショップを経営している販売代理店に就職します。

経験を積んだ上で、新規店舗ができてポストが増えたり、店長が退職してポストが空くことで店長になることができます。

運の部分もありますが、ケータイショップは比較的人の出入りが激しい業界ですので、運がよければ一年で店長になることも可能です。

特徴としては日々の勉強が欠かせないことです。

料金プランや機種についての情報は日々更新されていきますので、追いつくために勉強は欠かせません。

また、客に一対一で長時間説明しますので、コミュニケーション能力が欠かせません。

ショップの大きさや代理店の規模にもよりますが、給与は2030万程度とコンビニや飲食店とそれほど変わらないことが多いです。

まとめ

ちゃんとステップを踏めば、ニートが店長になるのはそれほど難しくありません。ぜひ本記事を参考にして店長を目指してみてください。

-ニート向けの仕事一覧

執筆者:

関連記事

ニートでも営業マンとして就職できる?営業職に向く人とは?


  ニートの時期を経ての就職で、営業職を目指したいと思っている人がいるかもしれません。 ここでは、営業職にどのような種類があるのか、どんなタイプが向いているのかを見ていきましょう。 目次営業職にはどん …

工場で働きたい人におすすめの資格、志望理由は?正社員、大卒などの場合

求人を見ていると、事務職や販売・営業職と並んで、工場勤務のものを良く見かけるのではないでしょうか。 「この会社の製品づくりに携わりたい」と思うような求人が見つかった人もいるかもしれません。 ここでは、 …

ニートから職人になりたい!ニートにおすすめの職人業5選

長年の修行で培った技術を用いて、手作業で物を作り出す職人という肩書に憧れを抱いているニートも多いのではないでしょうか。 おいそれとは真似のできない技術なので、習得してしまえば安定した収入を得ることがで …

火葬場の仕事はニートでも高収入?内容や給料、仕事は楽?

パッといきなり「火葬場に就職したい」と考える人も、中々少ないとは思いますが、火葬場のお仕事って、どのようなものか気にはなりますよね。 やはり最後のお別れをするのだから、給与もそれなりに貰えるのかな、と …

ニートにおすすめの夜バイト3選、メリット・デメリット

ニートの人がいきなり働くのは、緊張しますよね。 そんな中でオススメなのが、夜バイトです。 最近は24時間体制の仕事が増え、夜バイトの種類も多くなっています。  しかし夜バイトってどんなものなのか、あま …

ニートが土方(土木作業員)として働くことはできる?仕事のメリットとデメリット

私がニートをしていた頃の話です。 求人誌や求人サイトで仕事を探していると、土木作業員の求人をよく見かけました。 土木作業員という仕事はいわゆるガテン系で、屈強な体つきをした男性が働いているイメージがあ …

ニートにもおすすめ!正社員で簡単な仕事5選

近年は稀に見る売り手市場だと言われています。 求職者にとって仕事を選べる環境にある現在、正社員で仕事をするにしても、ブラック業界への就職は避けたいところです。 本ページでは、正社員で簡単な仕事をピック …

スキルはいらない!資格なしでもできる楽なお仕事5選

再就職したいけど、特にこれといった資格をもっていないからな…そんな悩みを抱えているみなさん!安心してください。 資格を持っていなくても楽に働くことができるお仕事はいっぱいあります。 もっと言えば特別な …

ニートから証券会社に就職できる?必要な資格、年収や待遇

ニートの中には証券会社に興味を持っている人もいると思います。 証券会社は主に株式の売買の窓口となったり、証券会社自身が株式の売買を行うことで、経済学、金融学の知識をフル活用して、グローバルな活躍をする …

ニートから電気工事士になる!主な2つの仕事内容、資格取得の難易度は?

現在ニートで就職を考えているみなさんにとって、朗報です。 電気工事士として働いてみたいとは思いませんか? 電気関連のお仕事は実は需要が増え続けているお仕事でもあり、お仕事がなくなるという心配ありません …