ニート向けの仕事一覧

ニートからルート営業に就職できる?業務内容や平均年収

投稿日:2017年7月10日 更新日:

ニートをしている人の中には、普通の営業はやりたくないけど、ルート営業ならやってみたいと考えている人もいることでしょう。

通常の営業のように新規開拓をするわけではありませんので、精神的にも体力的にも比較的楽になりますので、ニートに限らず、ルート営業は人気が高い仕事です。

本記事では、ニートからルート営業に就職するときの待遇や条件、仕事内容、アドバイスなどをご紹介します。

ルート営業とは

まず、ルート営業について知りましょう。

ルート営業とは、元々取引のある顧客に対して、製品やサービスのフォローをしたり、別の製品のセールスを行う営業です。

一般の営業のように新規開拓を行う営業ではありません。

「ルート」とは決まった顧客を回っていくことを表しています。

営業と言えば、自分の商品の良さを伝えていくことを想像すると思います。

しかし、ルート営業はまず顧客の現状をヒヤリングすることから始まります。しっかりとしたヒヤリングから顧客のニーズをつかみ取り、そのニーズに合った自社商品を紹介したり、商品開発に役立てたりします。

ニートはルート営業に就職できるか?

結論から言えば、ニートでもルート営業になることはできます。

営業職はどれも人の出入りが激しいので、職歴や学歴のないニートでも採用されやすい傾向にあります。

しかしながら、ルート営業に関しては、通常の営業に比べて、精神的にも肉体的にも楽な営業ですので、勤続年数も長い傾向にあります。

そのため、募集が少なくなっており、加えて人気も高いのですぐに応募が殺到してしまいます。

ニートではない、通常の転職者もルート営業を狙っていますので、そうした人たちと内定を競うとなると、ニートであることはかなり不利です。

ルート営業に必要な資格は特にありませんが、日商簿記2級やMOSなどの資格を取得してアピールしたり、空白期間を無くすために予め他の仕事に就職した上でルート営業へ転職したりと、書類選考で落とされないように対策を取る必要があります。

ルート営業はインセンティブがつきにくいので、それほど年収は高くありません。平均年収は首都圏で400万円程度、地方であればもっと安くなります。

ニートだったからと言って待遇が下がったりはしませんが、ルート営業の未経験者であれば、月収20万円程度となるのが一般的です。

ルート営業で大切なこと3つ

ルート営業で大切なことを3つご紹介します。

1. コミュニケーション能力

1つ目は、コミュニケーション能力です。

ルート営業の仕事は決まった顧客に、定期的に会いに行って話を聞くことですので、非常に簡単なように思えますが、顧客とのしっかりとした信頼関係を築く必要があり、コミュニケーション能力が問われます。

通常の営業のような押しの強いトークは全く必要ありませんが、顧客が持っているニーズをしっかりと聞き出す必要があります。

また、聞き出した情報を社内で共有しますので、社内でのやり取りも重要です。

2. 迅速な対応

2つ目は、迅速な対応です。

ルートが決まっている営業ではありますが、顧客がトラブルに見舞われたら、すぐに対応しなければなりません。

どれだけ迅速に対応することができれば、顧客からの信頼を得ることができます。

決まった顧客と何度も会うからこそ、安心感、信頼感が重要になりますので、迅速な対応ができることは必須になります。

3. パソコンスキル

3つ目は、パソコンスキルです。

ルート営業は、顧客や社内への説明で大量の資料を作成する必要があります。

そのため、ワードやエクセル、パワーポイントといったオフィスソフトを使いこなせないと、仕事に支障が出てしまいます。

資格まで取る必要はありませんが、今までオフィスソフトを使ったことがない人はMOSの取得を目標にして勉強するのもよいでしょう。

まとめ

ニートでもルート営業になることはできます。

比較的楽な営業ではありますが、顧客との信頼関係をしっかりと築く必要があり、人によっては、通常の営業よりもつらく感じるかもしれません。

本記事を参考にして、自分に向いているかどうか確認の上、ルート営業に応募してみてください。

-ニート向けの仕事一覧
-

執筆者:

           

あなたにおすすめの記事

関連記事

高時給でニートにおすすめの深夜労働5選

ニートの中には生活が昼夜逆転してしまっている人も多いことでしょう。 なかなか生活リズムを元に戻せないので、働くなら深夜労働が良いと思っている人もいるのではないでしょうか。 一般的に、深夜労働は時給が高 …

ラベル貼りバイトってどんな仕事?実際の待遇や評判など

求人誌に「ラベル貼りのアルバイト募集」の広告を見かけたことはありませんか。 「ラベル貼りのバイトってどんなことするのだろう」と疑問に思った方も、いますよね。 そこで、ラベル貼りバイトの仕事内容について …

ニートから保育士の資格を取得する2つの方法と働ける3種類の職場

近年、保育士不足が非常に問題となっており、新聞やニュースでもよく取り上げられています。 ニートの中にはそういった報道を見て、保育士に興味を持った人もいるのではないでしょうか。 こどもが好きだから、保育 …

介護職で正社員になる方法!給与、待遇、適している人とは?

世の中には様々な職種があります。 その中で、「介護職」という職種を耳にする機会もあるのではないでしょうか。 周りに介護職を勧められている、また求人を見て気になった、という人もいると思います。 ここでは …

既卒からシステムエンジニアは目指しやすい!どんな求人が狙い目?

IT業界では未経験者を積極的に採用しており、既卒でも狙いやすい業界と言えるでしょう。しかし、しっかりその仕組みを理解していないと就活に失敗したと感じてしまう可能性があります。  そこで、既卒がシステム …

離職率が低い業界!長く続く仕事ランキングトップ10

就職するのであれば、できるだけ長く続けられる仕事に就きたいですよね。 しかし離職率の差は、業界によって大きく異なっていることをご存知ですか? 本ページでは、厚生労働省発表のデータに基づき、離職率の低い …

ニート必見!人と関わらないおすすめのバイト5選

ニートの多くは人間関係に不安を感じていると思います。 ですので、出来る限り人と関わらないで済むバイトがあれば、ぜひともやってみたいと考えているニートが多いのではないでしょうか。 しかし、人と関わらない …

未経験ニートからプログラマーに就職する方法、ホワイト企業で働くには?

ニートをしている人の中には、パソコンでの作業が得意という人も数多くいるため、IT業界、特にプログラマーに興味を持っている人も少なくありません。 しかし、プログラマーは大変だといった報道や、ネット上の話 …

レッツホワイト退社!労働時間が短い職業5選

現在、就職を目指している方には労働時間が短い職種で働きたいと考えている方は多いと思います。 しかし、本当にそんな職業があるの?と疑っている方も多いと思いますが、実は結構あります。 ほとんどの方は労働基 …

ニートからハウスクリーニングに就職するには?メリットとデメリット、求人の探し方

 ニートにオススメの仕事として、ハウスクリーニングがあります。 ハウスクリーニングはその名の通り、掃除を行う仕事です。 オフィスビルでよく掃除をしているイメージがありますが、年々その需要は増えてきてい …