ニート向けの仕事一覧

未経験ニートからプログラマーに就職する方法、ホワイト企業で働くには?

投稿日:2017年5月22日 更新日:

ニートをしている人の中には、パソコンでの作業が得意という人も数多くいるため、IT業界、特にプログラマーに興味を持っている人も少なくありません。

しかし、プログラマーは大変だといった報道や、ネット上の話を見て、二の足を踏んでいる人もいるかもしれません。

本記事では、プログラマーとして働くための方法や、一般的な待遇、仕事内容を解説します。

また、ホワイトなIT企業で働くためにはどうすればいいのかも考えていきたいと思います。

ニートがプログラマーとして就職するには?

プログラマーになるのは、さほど難しい事ではありません。

IT業界は学歴よりも実力を重視しますので、プログラミングに精通しているに越したことはないのですが、あまりに人手不足が深刻です。

そのため、未経験でも受け入れている企業が多数あります。

その場合は学歴はもちろんのこと、フリーター歴やニート歴も気にしないことが多いです。

とはいえ、何も知識がない状態では、実際に仕事を始めた時に足手まといになってしまいます。

そこで、事前にいくつかの資格を取得しておくとよいでしょう。

ITパスポートは非常に簡単な資格ですが、初歩的な知識はあることを証明できる資格ですので、持っていないのであれば取得しておきましょう。

余裕があれば、国家資格である基本情報処理技術者を取得しましょう。

高度IT人材の登竜門的資格ですので、ITパスポートよりも信頼のおける資格です。

プログラマーの待遇や仕事内容

プログラマーの待遇は良いとは言えません。

もちろん技術や経験があれば、年収は上がっていきますが、ニートで未経験ということになれば、一番低いランクからのスタートになります。

労働時間は会社によってまちまちですので一概には言えませんが、比較的長い残業があることが多いです。

休日出勤を必要とすることもありますので、楽な仕事とは言えません。

特に納期前になると、非常に忙しくなり、家に帰れないこともあります。

忙しい分、残業代として返ってきますので、結果として年収はそこそこの水準になる事も少なくありません。

プログラマーの仕事は、プログラム言語を用いて、システムやソフトウェアを作ることです。

システムエンジニアが作成するシステムやソフトウェアの仕様書にしたがって、実際のプログラミング作業を行います。

どんなシステムやソフトウェアを作るのかは、会社によって千差万別です。

業務用の会計システムを作ることもあれば、物流システムの構築をすることもあります。

身の回りで言えば、家電製品もシステム制御されていますので、プログラマーが携わっています。

システムエンジニアからの仕様がわかったら、後はひたすらパソコンに向かってプログラミングし続けます。

途中、修正などの連絡はありますが、ほとんど他者とコミュニケーションを取ることがありません。

ニートの多くが、コミュニケーション能力の低さに悩んでいると思いますので、働きやすい職場と言えるでしょう。

ホワイトなIT企業で働くためには?ブラック企業を避ける方法

残念ながら未経験のニートを受け入れてくれる企業は、ニートを受け入れなければならないほど、人が定着しない職場ですので、ブラックと言える職場の方が多いです。

ですので、経験を積んでから待遇の良いIT企業へ転職するのが王道です。

経験を積めば、転職活動の際、書類選考が通りやすいですし、自分のできることをアピールできます。

とはいえ、できるならブラック企業は避けたいものです。

ブラック企業の求人にはいくつかの特徴があります。

大量に募集している

まず、大量に募集していることです。

中途採用にもかかわらず、10名以上の大人数を募集している企業は、人の出入りが激しいことが多く、人材を使い捨てにしている可能性が高いです。

福利厚生が乏しい

次に、福利厚生が乏しいことです。

少し給料が高くても、通勤手当や住宅手当などが乏しいのであれば、社員を大切にしていない可能性が高いです。

募集期間が異様に長い

募集期間が異様に長い求人もブラック企業の可能性が高いです。

求人を見る際はいつから募集しているのか確認しましょう。

給与や福利厚生は悪くないのに、求人を掲載し続けるのは、おそらく人が辞め続けているからでしょう。

また、繰り返し同じ求人を載せる企業も同じ理由でブラックの可能性が高いです。

まとめ

以上、プログラマーへの就職についてご説明しました。

ニートからの脱却には向いている職種ですので、ぜひとも記事を参考にして、チャレンジしてみてください。

-ニート向けの仕事一覧

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

30代ニートから介護職で気持ちよく働くための4つのポイント

仕事していない期間が長くなり、気づけばあっという間に30代になってしまった。 さすがにこれではまずいと思い仕事を探そうにも、30代ニートの就職活動のハードルは高く、ようやく採用された会社でも、業績が芳 …

男だけじゃない!女性にもできる肉体労働5つ

ニートの女性の中には、座りっぱなしの仕事より身体を動かす仕事をしたい人もいるのではないでしょうか。 一般的に肉体労働は男性向けのものが多く、女性ができる肉体労働がないように思えます。 しかし、実際は女 …

ニートから不動産業界の営業に就職する方法!必要な資格、おすすめの手順

ニートをしている人の中には、不動産業界に興味を持っている人もいるのではないでしょうか。 不動産業界というと、家を売る営業マンのイメージが強いかもしれません。 しかし、実は大規模開発を行うデベロッパー、 …

腰痛持ちでもできる仕事と辛い仕事。今からでもできる腰痛対策・ケアも紹介

腰は体の要。 人間は体を動かす時、どんな動作をするにせよ腰を使います。 寝ている時や座っている時、腰は使っていないように見えますが、実は腰には体重がかかり負担がかかっています。 腰を痛めると日常生活は …

未経験歓迎の求人はニートからでも受ける事ができる?ニートでも採用される業界3つ

求人を見ていると、未経験歓迎といった文言をよく目にします。 専門的な知識が必要そうな仕事でも、そういった文言は珍しくありません。 そうした求人は本当に未経験の人材を採用してくれるか、職歴の無いニートで …

公務員の人気職種ランキングトップ10

「親方日の丸」と言われる日本の公務員は安定性と待遇の良さから就職先として根強い人気があります。 経済的にも先が見通せないこの時代、民間企業ほど競争が激しくなく、潰れる心配もなく、給料もそこそこよい公務 …

ニート向け!コミュニケーションが不要な仕事を5つ紹介

無職が続いている人は、誰もが働きたくないわけではありません。 働きたいとは思っているのに、やりたい仕事が見つからない人が数多くいます。 特に多いのは、コミュニケーションがいらない、あるいは最小限の仕事 …

ニート向き?楽な仕事10個の紹介とそれぞれ転職に有利な資格

ニート、フリーターに限らず、たとえ給与が少なくても体力的にも精神的にも楽な仕事に就きたい人は多いでしょう。 特に転職を考えている人や転職活動中の人は、どうすれば楽な仕事に転職できるのだろうと考えている …

ニートがバイトで塾講師になるために必要なこととおすすめ求人サイト2つ

塾講師のアルバイトは、勉強が得意な人や、受験の知識が頭に残っている大学生が働いているイメージです。 しかし、実は学歴や職歴がないフリーターやニートでも、塾講師になれる可能性は十分あります。 この記事で …

既卒からシステムエンジニアは目指しやすい!どんな求人が狙い目?

IT業界では未経験者を積極的に採用しており、既卒でも狙いやすい業界と言えるでしょう。しかし、しっかりその仕組みを理解していないと就活に失敗したと感じてしまう可能性があります。  そこで、既卒がシステム …