ニートにおすすめの資格

ニートでも国家公務員になれる?試験の難易度、メリット・デメリットは?

投稿日:2017年9月28日 更新日:

ニートをしている人の中には国家公務員に興味を持っている人もいることでしょう。

しかし、実際に国家公務員になるにはどうすればよいのか、をちゃんと知っている人は少ないかもしれません。

そこで、本記事では、ニート状態から国家公務員になる方法、難易度、メリットデメリットをご紹介します。

20代職歴なしからでも就職したい方はジェイックがおすすめ!

↓今すぐ無料登録する

>> 高卒、大学中退者の就職支援にも強い!学歴ではなく人物重視の企業と面接ができる!就職ならジェイック!

国家公務員試験とは?

国家公務員の試験は、総合職や一般職、各種専門職に分かれています。

そのように分類された試験は誰でも受けることができるわけではなく、院卒、大卒、高卒、社会人経験者といったように受験資格も分かれています。

まず、ペーパーテストの一次試験があります。

一次試験に合格すると、面接や性格検査の二次試験に進むことができます。

一次と二次、それぞれの得点をトータルして、試験合格が決まります。

さらに合格後、官庁訪問をします。

各省庁で面接を受けて合格することで、ようやく公務員になることができます。

国家公務員試験を受験するには年齢制限があります。

ほとんどの職種が30歳を上限としており、参議院総合職(27歳)や国立国会図書館勤務(29歳)など一部では年齢制限が違います。

また、社会人採用もあり、40歳を上限としていますが、それ相応の社会人経験を問われますので、ニートにとっては試験を受けるよりも難関になります。

なお、年齢は採用年の41日時点の年齢です。

そのため、受験時に30歳でも翌年の41日までに31歳になると受験できません。

国家公務員試験の難易度は?難しい?

国家公務員試験は非常に難易度が高いです。

試験自体が難しいこともさることながら、人気が高く倍率が10倍を超えることも珍しくありません。

国家公務員試験は非常に範囲が広いことが特徴です。

科目数が多く、基礎能力試験では、文章理解や判断・数的推理、自然・人文・社会など、専門試験では経済理論、財政学、憲法、民放など、幅広い分野から出題されます。

一般的に、国家公務員試験の勉強時間は1,000時間から1,500時間かかると言われています。

期間で言えば半年から1年程度となります。

もちろん、基礎的な素養があれば勉強時間は短くなりますし、基礎学力が無ければ、より勉強時間は長くなります。

加えて、二次試験の面接の必要になります。

ニートは人との関わりが少なくコミュニケーションを苦手としていることが多いので、特に対策が必要になります。

志望理由や空白期間の説明といったありきたりな質問への対策はもちろんのこと、省庁が行っている施策への理解も欠かすことができません。

国家公務員になることのメリット・デメリット

国家公務員になる、あるいは試験を受けるうえでメリットもデメリットもありますので、よく吟味して受験するか決めましょう。

まずはメリットをご紹介します。

メリット

1つ目のメリットは安定している事です。

国家公務員は一度採用されてしまえば、リストラされることはありません。

給与面も大きく上下することがないので、非常に安定しています。

2つ目は年功序列であることです。

勤続年数に合わせた給与をもらうことができるので、たとえ仕事ができなくても、それなりの給与をもらうことができます。

3つ目は、福利厚生がしっかりとしていることです。

給与はそれほど高くありませんが、福利厚生が充実しているので快適に生活することができます。

デメリット

続いて、デメリットを紹介します。

1つ目は、時間がかかることです。

試験の勉強は半年から1年かかります。

合格してからもさらに数か月かかりますので、就職まで12年以上は少なくともかかります。

不合格でまた翌年受けるとなれば、さらに1年追加されます。

2つ目は、キャリアアップしにくいことです。

総合職(キャリア)と一般職(ノンキャリア)では出世の道筋が全く違いますので、たとえ実力があったとしても、一般職が総合職を超えて出世することはありません。

まとめ

ニートでも国家公務員を目指すことはできますが、年齢制限に注意しましょう。

また、国家公務員にもメリット、デメリットがありますので、それを踏まえた上で、受験するのか決めましょう。


職歴なしでもOK!20代の無職、フリーターが就職するならジェイックがおすすめ

20代で無職、フリーターのあなた、「もう自分はどこにも就職できない。どうしたらいいか分からない…」そう悩んでいませんか?

もしハローワークやその他一般的な転職エージェントなどで就活が上手くいかなかったあなたには、ジェイックをおすすめします。


ジェイックの無料登録はこちら

>> 高卒、大学中退者の就職支援にも強い!学歴ではなく人物重視の企業と面接ができる!就職ならジェイック!

ジェイックがおすすめな4つの理由

無職、フリーター、第二新卒、既卒などの若年層に特化

完全未経験から正社員に就職できる求人多数

・就職成功率80.3%、就職後の定着率94.3%

12000人以上の正社員支援実績

ジェイックは20代の無職、フリーター(高卒、大学中退者含む)の方が就職できることを目的にして作られたサービスなので、今まで普通の就職活動をしてきてチャンスがなかった人でも、逆転できる可能性があるのです。

ジェイックの利用はすべて無料なので、もし20代無職、フリーターを卒業したい!と思っている人は無料登録(30秒で完了)から始めてみてください。

↓無料登録はこちらから

>> 就職後も手厚いフォロー!就職後の定着率94.3%!就職ならジェイック!

-ニートにおすすめの資格
-

執筆者:

           

あなたにおすすめの記事

関連記事

Webエンジニアになるために必要、有利な資格はなに?

「社内システムのWeb化」など、自分が耳にしたことがある範囲内でも、既に様々なところで「Web化」が浸透してきていますよね。 Webエンジニアとは、Webに関しての幅広い知識やスキルを持ち合わせた人の …

ニートは資格を取得してから就職するべき?資格取得のメリット6つ

資格取得してからニート生活を終わらせ、就職したいと考えている人もいるのではないでしょうか。 資格を取ってからでは遅いという趣旨の議題はここでは置いておきます。 ここでは、ニート期間に資格を取得すること …

ニートがエクセルの資格を持っていると便利?

エクセルとはマイクロソフトオフィスの表計算ソフトで、主に関数を用いた計算を組み込んだ表の作成やデータ整理、そのデータを利用したグラフ作成など行う事ができます。 文章作成が主となるワードと違い、エクセル …

ニートからでも行政書士になれる?資格取得後の選択肢

行政書士は、行政書士法に基づく国家資格であり、書類作成のプロフェッショナルです。 原則として行政書士試験に合格した人が、行政書士として業務を行うことができます。 この記事では、現在ニートの人がこの資格 …

資格で逆転!30代ニートからの就職に有利な資格5つ

ニートでも20代のうちは若さを武器にして就職活動を乗り切ることができますが、30代ともなると、経験の浅さが目立ってしまい、そのままで就職することは難しくなってしまいます。 そのため、資格取得を目指す人 …

ニートからフィナンシャルプランナーになるには?資格の取り方や気になる待遇を紹介

フィナンシャルプランナーはよく聞く言葉ですが、何をやっているか知らない人も多いと思います。 しかし、ニートでも簡単に取れる資格ですし、保険や証券、不動産など様々な業界の就職に役に立ちます。 本記事では …

ニートが就職するのに簿記は活きる?何級を取るべき?

本稿では、簿記の資格に関しての情報を記載していきます。 また社会に出て簿記が使えるのはどの級からなのかという事を記載していきます。 沢山の人に読んでいただきたいと思っております。 20代職歴なしからで …

ニートが就職するために資格は必要?おすすめの資格

ニートから就職するために資格を取りたいという人も多いと思います。 私もニート時代にいくつか資格を取得しました。 それほど難易度が高くないもので、就職するときにあれば有利な資格、履歴書に書ける資格につい …

持っていれば必ず就職できる資格はある?定番の資格5つ

ニートに限らず、資格を持っている人は就職に有利です。 なぜなら、資格は「その分野に関して、知識がある」ということを客観的に証明できるものだからです。 しかし、むやみやたらに資格を取るのはオススメしませ …

就職に有利な専門学校4つ!それぞれの特徴やおすすめポイントを紹介

就職活動を有利に進めるために専門学校へ入学する人が増えています。 近年では、専門学校でしっかりと知識を身に付けた人のほうが、即戦力として期待されてることがあるようです。 また資格取得を目指すにあたって …