ニートの面接対策

ニートからの就職面接で説教されることはある?実際の就職面接の雰囲気や対処法

投稿日:2017年7月17日 更新日:

ニートをしている人の中には、極度に面接を恐れている人もいるのではないでしょうか。

人と話すのが恐い、上手く受け答えできなかったらどうしようか、といった理由よりも、面接でニート期間について説教されるのではないかと考えている人が多いように思えます。

しかし、本当に就職面接で説教されるということはありうるのでしょうか?

本記事では、面接で説教されることがあるかも含めて、面接ではどういった雰囲気になるのが普通なのかを紹介していきます。

通常の就職面接の雰囲気

就職面接とは、企業側が受験者の能力を確認する場です。

履歴書に書いてある職歴や資格についてより詳しく聞くことはもちろんのこと、質問に対して的確に答えることができるコミュニケーション能力を持ち合わせているかを確認します。

その他にも、労働条件のすり合わせなどが行われます。

就職面接の雰囲気は会社によって千差万別です。

冗談一つ言えそうにない堅い雰囲気であることもありますし、雑談を交えながら和気あいあいとした雰囲気で行われることもあります。

会社自体の雰囲気は元より、どれだけ上位の人が面接官として出席するか、面接官は何人いるか、受験者側は1人か複数か、など様々な要因が重なり合って、雰囲気が形成されます。

雰囲気に良し悪しがあるわけではなく、自分とマッチするかが重要になってきます。

就職面接は就職前では唯一会社の雰囲気を感じることができる場と言ってよいでしょう。

あまりに堅過ぎたり、砕けた対応過ぎたり、自分に合わないと思えば、たとえ採用が決まっても就職を拒否することも考えられます。

就職面接は、面接官が受験者を見るだけでなく、受験者が会社の雰囲気を見定める場でもあります。

ニートからの就職面接で説教されることはあるのか?

結論から言えば、少なからず説教されることはあります。

たとえ、ニート期間に正当な理由があって、そのことを面接の場でしっかりと伝えることができたとしても、難癖を付けたがる人はいるものです。

特に、年配の面接官にその傾向が強く、「今どきの若い者は……」と言いながら、ニートに限らず面接の受験者をこき下ろします。

面接官が説教をする理由としては、ストレス耐性を見るためとよく言われています。

たしかに一時的なストレス耐性を確認することはできますが、長期的なストレス耐性については短い面接時間の中ではわかるわけがありません。

ストレス耐性を見る、というのはただの方便であり、手当たり次第説教をしたいだけの人物である可能性の方が高いです。

そもそも、ネット全盛の時代において、面接で説教するというのはリスクが非常に高いです。

問題のある企業の情報はすぐにネット上を駆け巡り、あっという間に評判を落とします。

ブラック企業として名を残し、就職希望者が減ることはもちろんのこと、取引の中止といった実害が出ることもあります。

そうしたリスクを考えずに、面接で説教するというのは企業にとってデメリットしかありません。

面接で説教してくるような会社であれば、自分の方から断りを入れましょう。

しかしながら、面接で説教をする会社は傍目からはわかりません。

求人票やホームページをじっくりと観察したところで、共通の特徴は見つかりません。

つまり、面接に行ってみないと、どういった面接になるのかはわからないということです。

ですので、説教をしてきたときの対処法を覚えておきましょう。

説教をしてきたら、歯向かわずに相手を見て頷きながら、「はい」とだけ答えておきましょう。

反論すると、相手は余計ヒートアップすることが多いですので、ただただ相手の説教を受け流しましょう。

初対面の相手の説教は大抵的外れなものですので、真面目に聞く必要はありません。

まとめ

ニートに限らず、就職面接では説教を受けることがあります。

説教をしてくるような企業はリスクを考えられないような企業ですので、説教は受け流して、別の企業の面接に切り替えましょう。

20代のニートが就職するならハタラクティブがおすすめ!



20代でニートのあなた、「もう自分はどこにも就職できない。どうしたらいいか分からない…」そう悩んでいませんか?

もしハローワークやその他一般的な転職エージェントなどで就活が上手くいかなかったあなたには、ハタラクティブをおすすめします。

ハタラクティブが20代ニートにおすすめな5つの理由

ニート、第二新卒、フリーター、既卒などの若年層に特化

完全未経験から正社員に就職できる求人多数

・企業ごとの面接対策、面接後にフィードバックが受けられる

・書類審査通過率91.4%、内定率80.4%

約60,000人以上のカウンセリング実績

このようにハタラクティブは20代ニート・フリーターの方が就職できることを目的にして作られたサービスなので、今まで普通の就職活動をしてきてチャンスがなかった人でも、逆転できる可能性があるのです。

そんなハタラクティブですが、現在勤務地は東京・神奈川・埼玉・千葉の4箇所のみとなっています。

ですので、地方から出たくないという方にはおすすめできません。(地方に住んでいても面接は受けられるので、ご安心ください)

ハタラクティブの利用はすべて無料なので、もし20代ニートから上京してでも働きたいと思っているなら、まずは以下のリンクで無料登録(登録は1分程度で完了)から始めてみてください。

>> ハタラクティブ

-ニートの面接対策

執筆者:

関連記事

採用する気がない面接は避けたい!ブラック面接の2つの特徴と対処法

ニートから脱出するには、企業との面接は避けて通ることができない道です。 ニート側は非常に緊張しますが、採用側の企業も新たな戦略を見つけようと真剣に面接に臨んでいます。 しかし、世の中には様々な企業があ …

ニートの面接対策!空白期間に対する答えは?緊張しない方法

  ニートの時期を過ごしてきて、希望する会社の面接まで進んだことは、ここまでがんばったことの証でもあります。 ここまで来ましたからあと一歩です。   目次面接で大事なこと面接ではニートの期間について聞 …

ニートがコミュニケーション能力を磨く方法

私が知っているニートがコミュニケーション能力を磨く方法としては、国の就労支援サービス(若年者就労応援事業)などを通じて、国から最低賃金程度のお金を支給してもらいながら受講し、コミュニケーション能力を鍛 …

引きこもりニートにおすすめの職種、就職面接アドバイス

  働くのが怖い、家から出られないと一人で悩んでいませんか。 私もそのように苦しみ、3年以上引きこもりニート状態でした。 引きこもりニートから抜け出したい方のために、私の経験を踏まえた面接のポイントや …

面接が怖いニートのための徹底受け答えマニュアル!よくある3つの質問と回答例

就職活動を始めようと思って動き出そうとしているニートが最も不安に感じているのは面接ではないでしょうか。 コミュニケーション能力に不安を抱えているニートがほとんどですし、ニートをしていたことに引け目を感 …

長い無職期間からの就職面接でのアドバイス3つ

自身の病気や親の介護で働けなかった人もいれば、ただただ働くのが嫌になってニートをしていた人もいると思います。 どちらにせよ、無職の期間が長く続くと就職活動は非常に困難になります。 書類選考時点でも厳し …

ニートのバイト面接での服装、質問、空白期間への対処

  この記事では、ニートがアルバイトの面接での心得や心構えを書いていきます。 沢山の人に参考になればいいなと思い、この記事を書かせて頂くことにしました。 参考になれば幸いです。 目次ニートバイト面接で …

転職活動時の空白期間の伝え方と向き合い方5つ

転職活動をする際、思いもよらず空白期間が多く出来てしまった、という人もいるのではないでしょうか。 自分の思い通りになるものでないことは分かっていても、空白期間が出来てしまったことで焦るのは、当然のこと …