ニート向けの仕事一覧

火葬場の仕事はニートでも高収入?内容や給料、仕事は楽?

投稿日:2017年10月11日 更新日:

パッといきなり「火葬場に就職したい」と考える人も、中々少ないとは思いますが、火葬場のお仕事って、どのようなものか気にはなりますよね。

やはり最後のお別れをするのだから、給与もそれなりに貰えるのかな、と何となく考えている人もいるかもしれません。

という訳で、ここでは、火葬場の仕事内容や給料、楽なのかどうかについて書いていきます。

火葬場の仕事内容は主に3つ

一口に仕事内容、といっても、採用時に自分の担当が決まっている場合が多いでしょう。

職場によっては、複数の業務を兼任することもあるかもしれません。

また、守秘義務の関係上、あまり細かい内容は分からないのでザックリとしたものになりますが、ご了承下さい。

炉前業務

ご遺族の方を案内したり、表だって様々な準備などをやったりする仕事内容です。

裏方業務ではないため、丁寧な対応やマナーが必要となるお仕事といえますね。

火葬業務

火葬炉を運転し、遺体を焼くといった仕事内容です。

日本の火葬では、骨を残すことを習慣としているため、遺体を骨だけ残す技術が必要となるようです。

また、実際に遺体を焼くことに対して抵抗感があるか否かで、向き不向きがハッキリ分かれる業務とも言われています。

この業務を行う人には「火夫」や「火葬技師」といった呼び方もあります。

清掃業務

火葬炉を効率よく使うために、お骨を回収した後、綺麗に掃除をする仕事内容です。

予約の件数などが多い時には、迅速に行う必要があるため、こちらもコツを掴む必要がありそうです。

広い意味での清掃作業も含まれる場合、火葬場内や外周りの掃除も意味することでしょう。

火葬の一連の流れ

火葬場へ行ったことがある人なら分かると思うのですが、行ったことのない人向けに、火葬業務の一連の流れも書いておきます。

  1. まず、霊柩車が到着するのを、台車を用意して待ちます。
  2. 次に、棺を霊柩車から出して、動くことのないよう、台車に載せて固定します。
  3. それから、ご遺族の皆様などを炉前へご案内します。
  4. 故人の名の確認をし、棺の窓を開けて、「最後のお別れ」をします。
  5. その後、炉の扉を開けて棺を入れ、お焼香の台の準備などをします。
  6. ここで火葬業務の人が火葬をし、お骨を集めて収骨台へ行きます。
  7. そして、ご遺族の皆様へ箸を渡して、お骨を拾ってもらいます。

遺骨を風呂敷に包んで、喪主へ渡したら終了となります。

火葬場の給料について

大体の給与の相場は、月に22万前後のところが多いです。

アルバイトやパートの場合は、時給1300円前後が大体の相場のようです。

特にこれといった資格は不要な職場なので、そういう職場へ就くのだと考えると、少し良い金額だと思います。

向き不向きがハッキリ別れると思うので、その辺りが自分に向いていれば、十分に良い職場になり得るといえるでしょう。

火葬場の仕事は楽なのか

「え、遺体を焼くの?」と動揺したり、なんだか怖くなって気が滅入ったりする人にとっては楽とはいえないでしょう。

また、ご遺族の方との対面もあるので、感受性が豊かすぎる人にとっても、悲しみややり切れない気持ちに同調してしまう可能性があるといえますね。

逆に、その辺は全く気にならず、むしろ誇りを持って仕事を全う出来そうだという人にとっては、楽な仕事だといえます。

まとめ

給料については、格段に良いという訳ではないですが、最後のお別れを担うわけなので、昼間働くにしては良い金額だといえます。

研修期間を設けているところもあるので、自分が本当に責任を持って成し遂げることが出来るものかどうか、そこで判断出来るのも良いところですね。

また、ご遺族の方たちとの対面などは、デリケートな機会でもあるので、きちんとしたマナーで接することが出来るかどうかも大事なところでしょう。

この記事が、火葬場の仕事について気になっているニートの人の参考になれば、嬉しいです。

>> 誰もの憧れ!高卒で年収1000万を実現できる5つの職業を紹介

>> ニートからでも高収入を狙える仕事や資格3選

-ニート向けの仕事一覧

執筆者:

関連記事

ニートはサービス業に向いている?業務内容や向いている人の特徴

無職の期間が長くなってくると、人と接する機会も少なくなってきます。 必然的に人と関わる機会の多いサービス業への転職なんて考えられない。 そう思っていた時期が私にもありました。 今回の記事では、サービス …

ニート必見!人と関わらないおすすめのバイト5選

ニートの多くは人間関係に不安を感じていると思います。 ですので、出来る限り人と関わらないで済むバイトがあれば、ぜひともやってみたいと考えているニートが多いのではないでしょうか。 しかし、人と関わらない …

ニートでも営業マンとして就職できる?営業職に向く人とは?


  ニートの時期を経ての就職で、営業職を目指したいと思っている人がいるかもしれません。 ここでは、営業職にどのような種類があるのか、どんなタイプが向いているのかを見ていきましょう。 目次営業職にはどん …

正社員で残業のない仕事につける職種、業界5選

就職するなら残業がないお仕事ができるところが良い! そう考えている方は多いと思います。 しかし、近年は残業が当たり前のような感じになっていて定時上がりが都市伝説化しているとさえ言われています。 けど、 …

医療事務は未経験のニートでも大丈夫?必要な資格や条件

  医療事務の仕事は、未経験のニートでも就職可能なのでしょうか? また、必要な資格や条件、勤務地、求められる資質についても紹介していきたいと思います。 目次医療事務資格に必要な資格、知識は?医療事務っ …

きついけど給料がいい仕事8つを紹介!【平均年収・必要資格・リスクについても】

稼げる仕事といえばどんなものがある?と聞かれたら、どのような職業を思い浮かべるでしょうか。政治家、医者、弁護士あたりがスタンダードでしょうか。でも、それ以外にも高収入な職業はたくさん存在します。 高収 …

ニートを雇ってくれる会社はある?おすすめの業界3つ

ニートの期間が長くなってくると、資金的に余裕がなくなってきたり、世間の目も気になり始めてくると思います。 しかし、いざ就職活動を始めてみようと思っても、ニートの期間がマイナス評価となって採用されないの …

ニート脱出には人手不足の業界を狙うのがおすすめ

多くのニートの方は、どうにかニートから脱却しようと考えていると思います。 しかし、どうやって就職活動をすればよいのか、特にどんな業界ならニートでも受け入れてもらえるのかわからず、結局何もせずに日々を過 …

ニートは新聞配達が合ってる?仕事内容や条件、待遇を紹介

ニートをしている人の中には、新聞配達に興味を持っている人もいるのではないでしょうか。 新聞を配り歩くだけなら誰でもできると思ってはいるものの、それ以外にどんなことをしているのかわからず、今一歩新聞配達 …

就職しやすい仕事の特徴3つと具体的な業界

ニートをしている人の多くは就職してニートから抜け出したいと考えています。 しかし、ニートとなると履歴書に空白期間があり、どの業界でもなかなか就職しにくいという現実があり、就職活動に二の足を踏んでいる人 …