ニートの就活のやり方

ニートから契約社員になる待遇上のメリット、デメリット

投稿日:2017年5月31日 更新日:

ニートの中には、正社員で働く自信はないけど、アルバイトよりは安定性が欲しいということで契約社員での社会復帰を目指している方もいるでしょう。

そもそも契約社員とはどういう待遇なのでしょうか?

本記事では、ニートから契約社員になる場合のメリット、デメリット、契約社員になった場合に注意すべきことなどをご紹介します。

契約社員になるメリット3つ

契約社員とは、企業などと有期期間での雇用契約を結んだ常勤の労働者です。

会社や業種によって呼び方は様々で、期間契約社員、期間従業員、臨時社員、準社員、期間工などとも呼ばれます。

契約社員のメリットをご紹介します。

1. 社会保険が適用される

1つ目は、社会保険適用になることです。

社会保険に加入できれば、老齢や病気の際には、年金や給付金が支給されます。

アルバイトやパートと比べて、生活の安定感が増します。

2. フルタイムで働ける

2つ目は、フルタイムで働けることです。

アルバイトやパートは働きたくてもシフトの制限がありますが、契約社員は基本的にフルタイムでの勤務となります。

それでいて、残業が少ない傾向にあります。

定時で帰れることも多く、自分の時間を確保しやすいです。

3. 責任が少ない

3つ目は、責任の少なさです。

契約社員の仕事は範囲が限定されていることがほとんどです。

そのため、正社員ほど仕事に責任を負う必要がありません。

ニートの中には、必要以上に責任を感じてしまう人も多いので、この点はかなりのメリットになるでしょう。

契約社員のデメリット3つ

続いて、契約社員のデメリットをご紹介します。

1. ボーナス、退職金が無い

1つ目は、ボーナスや退職金が無いことです。

会社によるのですが、ほとんどの会社でボーナスや退職金がありません。

そのため、正社員と比較した場合、年収の差はかなり開いてしまいます

2. 契約更新まで昇給、昇進がない

2つ目は、契約更新時まで昇給や昇進がないことです。

期間内にどんなに成果を上げたとしても、契約途中で昇給や昇進がありません。

評価すべき時に、その評価が正しく反映されないことはデメリットと言えます。

3. 解雇をされやすい

3つ目は、事実上の解雇をされやすいことです。

契約更新がなければ、事実上の解雇となります。

正社員は法律上保護されているので、よほどの事が無い限り解雇されませんが、契約社員はあっさりと首を切られます。

契約社員が注意すべき「5年ルール」とは?

契約社員で注意しておきたいのは、5年ルールと呼ばれるものです。

契約社員として同じ会社で働いている期間が5年を超えたら、労働者の申し込みによって、会社側は有期雇用契約から正社員と同様の無期雇用契約に転換しなければなりません。

会社としては、都合よく使える契約社員を無期雇用契約にしたいとは思いません。

そのため、5年経ったら契約を更新しないといったことが頻発しています。

ですので、契約社員の立場や、就職した会社の環境が気に入っていたとしても、長くて5年しか働くことができないのが現実です。

路頭に迷う前に、転職活動を始めておく方がよいでしょう。

契約社員の求人を探すなら、リクナビNEXT

契約社員で就職することを決めたら、求人サイトに登録して、早速求人を探しましょう。

求人サイトは正社員の求人ばかりではなく、契約社員の求人も豊富に掲載しています。

特に、リクナビNEXTには、数多くの契約社員の求人が集まっており、ぜひとも利用したい求人サイトです。

リクナビNEXTの特徴は、ほとんどが非公開求人であることです。

登録しないと見ることができない求人が多くありますので、登録しておかないと条件に合った求人を見つけ出せない可能性があります。

登録するのは無料ですし、ニートでも登録可能ですので、まずは登録することをおすすめします。

また、スカウト機能が充実していることも特徴です。

経歴や希望条件を登録しておけば、企業側からオファーが届くことがあります。

全く知らなかった業界からオファーが来て、思わぬ出会いとなることもしばしばです。

活用次第で、長くなりがちなニートの就職活動を短期化することもできるでしょう。

>> 転職、求人情報ならリクルートの転職サイト
【リクナビNEXT】

まとめ

以上、ニートが契約社員になるメリット、デメリットを中心にご紹介しました。

契約社員の立場は弱いですので、その点を踏まえた上で、契約社員となるべきかどうか判断しましょう。

-ニートの就活のやり方

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

20代ニートが社会復帰するために踏むべきステップ3つ

20代ニートというと、「ああ、最近若い奴でも無気力で働きたくないとか言い訳してるやついるんだよな」と普通の人は思うでしょう。   しかし、現役20代ニートにしてみるとこんなのは 「時代が俺に …

はじめの一歩!ニートの就活のやり方、手順

  ニートの時期を過ごしてきて、いよいよ就職活動をしようという気持ちや体調、状況になったときに大切となる心構えや、おすすめの手順・方法を具体的にみていきます。 目次自分の強みを知ろうあなたの得意なこと …

焦りは禁物!ニートがなかなか採用されない理由と対処法

ニートの就職活動の多くは長期化します。 なかなか書類選考が通らず面接まで進めず、書類選考に通っても面接で落とされてしまうことがほとんどです。 あまりに落とされてしまうので、精神的に参ってしまい、就職活 …

バックパッカーから就職はできる?面接でのアピールポイント、経験を活かせる仕事

仕事が辛くなると海外で自由に過ごしたいなんて気持ちが湧いてくることがあります。思い切って仕事を辞めて、バックパッカーとして気ままに過ごしたいなんて思うかもしれません。 ただ一度人生をドロップアウトして …

本当に良い職場とは?良い職場の特徴とブラック企業の特徴やその見分け方をご紹介

厚生労働省が発表した「平成 29 年雇用動向調査結果の概況(平成30年8月)」によると、離職率は約15%で、定年や待遇面以外の離職理由で最も高かったのは「職場の人間関係が好ましくなかった」というもので …

ニートにできる仕事はない?自信を持つための方法とおすすめの仕事

社会復帰を目指すニートでも、いざ仕事を探すとなると、自分にできる仕事がないと不安になって、結局ニートのまま過ごしている人が数多くいると思います。 しかし、本当にできる仕事がないのでしょうか。 世の中に …

無職ニートからいきなりフルタイムで働く人への注意点とアドバイス3つ

無職、ニートから働きはじめるときは、少ない日数・少ない時間の仕事から始めるのが良いのでは?という意見を耳にした人もいるのではないでしょうか。 しかし、実際フルタイムで働いたほうが稼ぎは良いですし、正社 …

まだまだ挽回できる!ニート歴が長い人の就職活動方法

ニート歴が短いとそれほど一般の人と変わらない就職活動を行うことができます。 しかし、ニート歴が長くなってしまうと、世間からの目も厳しくなってきますし、ニート自身もどうやって就職活動に臨めばよいかわから …

バイトが怖いニートは何から始めるべき?今日からできる3つのアドバイス

ニートから脱出するために、まずはバイトを始めようと考えているニートは多いと思います。 しかし、バイトは人と関わることも多いので、恐怖を感じているニートも少なくありません。 本記事では、バイトが恐いニー …

無駄な時間をなくす!カラ求人の見分け方。

せっかく就職する気になったのに、カラ求人に騙されて出鼻をくじかれたニートの方も多いと思います。 履歴書作成などにはかなりの時間がかかりますし、やる気も削がれてしまいます。 そうならないためにも、カラ求 …