ニートにおすすめの資格

CCNAを取得したニートはどこに就職できる?業務内容や待遇、年収

投稿日:2017年7月24日 更新日:

ニートの中には資格を取得して、就職活動を有利に進めようと考えている人も多いでしょう。

IT系に進もうと考えている人は、ITパスポートといった資格の取得を目指しているかと思います。

しかし、もっと専門的な内容を学びたい人も多いのではないでしょうか。

20代職歴なしからでも就職したい方はジェイックがおすすめ!

↓今すぐ無料登録する

>> 高卒、大学中退者の就職支援にも強い!学歴ではなく人物重視の企業と面接ができる!就職ならジェイック!

そこで、おすすめなのが、CCNAです。

CCNAはネットワークエンジニアにとって登竜門的な資格です。

本記事では、CCNAとはどんな資格なのか、持っているとどんな会社に就職できるのか、その待遇や条件はどうなるのか、といったことについて、ご紹介します。

CCNAとは?

CCNA(Cisco Certified Network Associate)とは、世界最大手のネットワーク機器ベンダーであるシスコシステムズが主催している認定資格です。

ネットワークエンジニアとしての基本的なスキルを持っていることを証明することができる資格であり、世界共通基準のため、世界に通用する資格になります。

シスコシステムズの技術者認定には5つのグレードがあり、CCNAは下から2つ目のグレードです。

最もポピュラーなグレードで、多くの人がCCNAから受験を始めます。

就業後には、上位のグレードにステップアップしていく人がほとんどです。

さらに、CCNA8つの分野に細分化されています。

クラウドやデータセンター、サービスプロバイダー、ワイヤレスなどがあります。

その中でもルーティング&スウィッチングは、ネットワークの基礎やルーティングやスウィッチングの基礎が出題範囲であるため、実務でも役に立ちやすいので人気が高いです。

CCNAを受験するために必要な条件は特にありませんので、誰でも受験することができます。

CCNAより一つ下のグレードのccentを取得しておく必要もありませんので、いきなり受験することができます。

注意点としては、CCNAなどのシスコ技術者認定資格の有効期限が3年ということです。

3年以内に同レベルか上位レベルの試験に合格する必要があります。

ネットワークエンジニアの就職に役立つCCNA

CCNAを取得することで就職活動をかなり有利に進めることができます。

ネットワークエンジニアを募集している会社であれば、CCNAはかなり強いアピールポイントです。

実務経験がなくとも、基礎的な知識を備えている事の証明になりますので、ニートであっても一目置かれることは間違いありません。

IT企業以外でも役に立つ資格ではあるのですが、残念ながらCCNAIT業界以外では知名度が低い資格です。

履歴書の資格欄に書いても、採用担当者は何のことかよくわからず、見過ごしてしまうかもしれません。

面接段階では口頭で説明できますのでアピールできますが、ニートは書類選考で落ちることが多いので、アピールの機会をないことも珍しくありません。

つまり、ネットワークエンジニアになりたいのであれば、有効な資格ではありますが、それ以外では効果が薄いということです。

ネットワークエンジニアの業務や待遇

ネットワークエンジニアとは、ネットワークシステムの構築や保守管理を行う仕事です。

ネットワークの設計、構築、運用に大別されますが、どれもクライアントや社内、利用者とのコミュニケーション能力は欠かせません。

今後もネットワークインフラはどんどん重要になってきますので、ネットワークエンジニアの将来性は明るいと言ってよいでしょう。

ネットワークエンジニアの年収は、300600万円程度と言われています。

Cisco Japanが発表した「日本におけるCCNA,CCNP,CCIE認定保有者の需要と供給リサーチ」によれば、CCNA保有者の年収は404578万円です。

CCNAよりも上位のグレードになれば、年収は700万を超えています。

資格を取得すれば、収入面で優遇されやすいです。

その他の待遇は会社によって違いますが、どの会社も残業が多い傾向にあります。

人出が足りないので、在籍している人材でなんとか仕事を回そうとして、勤務時間が長くなります。

大変ではありますが、その分、残業代が多くなり、年収も増加します。

また、業界全体として、労働環境を改善する動きがありますので、今後は残業も減っていくでしょう。

まとめ

ネットワークエンジニアになりたいなら、CCNAは非常に有効な資格です。

就職活動が大変になりがちなニートには強い武器になりますので、ぜひとも取得しておきましょう。


職歴なしでもOK!20代の無職、フリーターが就職するならジェイックがおすすめ

20代で無職、フリーターのあなた、「もう自分はどこにも就職できない。どうしたらいいか分からない…」そう悩んでいませんか?

もしハローワークやその他一般的な転職エージェントなどで就活が上手くいかなかったあなたには、ジェイックをおすすめします。


ジェイックの無料登録はこちら

>> 高卒、大学中退者の就職支援にも強い!学歴ではなく人物重視の企業と面接ができる!就職ならジェイック!

ジェイックがおすすめな4つの理由

無職、フリーター、第二新卒、既卒などの若年層に特化

完全未経験から正社員に就職できる求人多数

・就職成功率80.3%、就職後の定着率94.3%

12000人以上の正社員支援実績

ジェイックは20代の無職、フリーター(高卒、大学中退者含む)の方が就職できることを目的にして作られたサービスなので、今まで普通の就職活動をしてきてチャンスがなかった人でも、逆転できる可能性があるのです。

ジェイックの利用はすべて無料なので、もし20代無職、フリーターを卒業したい!と思っている人は無料登録(30秒で完了)から始めてみてください。

↓無料登録はこちらから

>> 就職後も手厚いフォロー!就職後の定着率94.3%!就職ならジェイック!

-ニートにおすすめの資格

執筆者:

関連記事

TOEIC980点のハイスぺニートが就職できる職種、仕事は?

TOEICとは国際コミュニケーション英語能力テストの略で、世界共通の検定試験です。 この試験の特徴は合否制ではなく10〜990点の範囲で上下するスコアで評価される点にあります。 点数が高ければ高いほど …

ニートがエクセルの資格を持っていると便利?

エクセルとはマイクロソフトオフィスの表計算ソフトで、主に関数を用いた計算を組み込んだ表の作成やデータ整理、そのデータを利用したグラフ作成など行う事ができます。 文章作成が主となるワードと違い、エクセル …

ニートはTOEICで仕事の幅が広がる?TOEICで有利になる職種

「就職に有利」といわれて、TOEICを学生時代に受験したことがある人はいませんか? 英語が得意で、在学中に良いスコアを取ったという人もいるかもしれません。 私もこの記事を書きながら、「そういえば、私も …

資格で逆転!30代ニートからの就職に有利な資格5つ

ニートでも20代のうちは若さを武器にして就職活動を乗り切ることができますが、30代ともなると、経験の浅さが目立ってしまい、そのままで就職することは難しくなってしまいます。 そのため、資格取得を目指す人 …

ニートからでも行政書士になれる?資格取得後の選択肢

行政書士は、行政書士法に基づく国家資格であり、書類作成のプロフェッショナルです。 原則として行政書士試験に合格した人が、行政書士として業務を行うことができます。 この記事では、現在ニートの人がこの資格 …

持っていれば必ず就職できる資格はある?定番の資格5つ

ニートに限らず、資格を持っている人は就職に有利です。 なぜなら、資格は「その分野に関して、知識がある」ということを客観的に証明できるものだからです。 しかし、むやみやたらに資格を取るのはオススメしませ …

就職に有利な専門学校4つ!それぞれの特徴やおすすめポイントを紹介

就職活動を有利に進めるために専門学校へ入学する人が増えています。 近年では、専門学校でしっかりと知識を身に付けた人のほうが、即戦力として期待されてることがあるようです。 また資格取得を目指すにあたって …

まだこれから!20代ニートからの就職に有利な資格

20代ニートが就職するには、資格を持っていると有利です。 なぜなら、資格は「この分野に対して勉強してきました」と客観的に証明できるものだからです。 特に20代ニートで長期的に働きたいと考えている場合、 …

ニートは専門学校に行けば就職が有利になる?資格の種類と自分に合った学校の探し方

ニートにとって、いきなり就職するのは少しハードルが高いかもしれません。 そこで、まずは専門学校に行って資格を取得しようと考える人も多いでしょう。 私もニートを脱出しようと、専門学校への入学を真剣に考え …

ニートから中小企業診断士になるためには?業務内容や試験内容を紹介

中小企業診断士に興味を持っているニートの方も多いと思います。 国家資格ということもあり人気が高いですが、取得の難しい資格でもあります。 本記事では、中小企業診断士の業務内容や試験内容、資格取得後の仕事 …