ニート向けの仕事一覧

未経験歓迎の求人はニートからでも受ける事ができる?ニートでも採用される業界3つ

投稿日:2017年7月17日 更新日:

求人を見ていると、未経験歓迎といった文言をよく目にします。

専門的な知識が必要そうな仕事でも、そういった文言は珍しくありません。

そうした求人は本当に未経験の人材を採用してくれるか、職歴の無いニートでも受け入れてくれるのだろうか、と興味を持っているニートも少なくないでしょう。

本記事では未経験歓迎の求人はニートからでも受けることができるのか、についてご紹介します。

なぜ未経験を歓迎するのか?

まず、どうして未経験の人材でも歓迎しているのかについて考えましょう。

会社からすれば、未経験者よりも経験者を採用した方が戦力になるはずです。

また、教育するにもコストが必要ですので、未経験者を育てるのも大変です。

未経験者を採用する理由は大きく分けて二つあります。

1. 人手不足

1つ目は、人手が足りないためです。

人の出入りが激しい、あるいは急成長していてすぐにでも人材が欲しい、といった場合には、経験者ばかりを待ってはいられません。

未経験者を教育しなければなりませんが、それでもとにかく人数が欲しいという状況です。

未経験者を歓迎する会社のほとんどがこの理由であり、飲食店を始めとするサービス業は辞めていく人が多く、かつ次々と出店していることも多く、人手不足が常態化しています。

2. 教育に自信がある

2つ目は、教育に自信があるためです。

大手企業に多いのですが、新人の教育に自信があり、コストをかける余裕もあるため、経験者でなくとも問題がないというケースです。

この場合、求められているのは若さです。

若ければ若いほど、戦力として育てやすいので、素行に問題が無ければ、若い順に採用されるということも少なくありません。

ニートは採用されるのか?

未経験者を歓迎する理由はわかりましたが、その未経験者の中にニートは入るのでしょうか?

未経験者を採用する場合、一般的に想定されるのは普通の転職者です。

他業種への転職を目指している人に向けて、「未経験でも採用しますよ」とアピールしているのです。

業務上の未経験は入社後にいくらでもフォローするつもりがありますが、ビジネスマナーなど常識的なことは予め身に付けておくべきといった考えです。

職歴なしのニートであれば、ビジネスマナーが身に付いていないと見なされてしまいます。

そのため、他の受験者と比べられれば、かなり見劣りしてしまいますので、採用される可能性は低くなってしまいます。

面接で有能であることをアピールすればよいと考えているかもしれませんが、ニートだとそもそも面接に呼ばれないことがほとんどです。

とはいえ、全く見向きをされないわけでもありません。

業界によっては、ニートでも積極的に採用していることもあります。

ニートでも採用される業界3つ

未経験のニートを歓迎している業界をいくつかご紹介します。

1. IT業界

1つ目は、IT業界です。

IT業界は実力主義です。

これまでの経歴よりも、今何ができるかを重視する業界ですので、ニートにもチャンスがあります。

加えて、人手不足が常態化していますので、まず人材を確保して、入社後に勉強してもらうというケースもよくありますので、門戸は広いと考えてよいでしょう。

2. 介護業界

2つ目は、介護業界です。

高齢者がどんどん増えていく一方で、介護従事者はあまり増えていません。

そのため、人手不足が常態化しています。

介護職員初任者研修という簡単な資格を取得するだけで、ぐんと採用されやすくなります。

ニートだからといって、選り好みをしているような状況ではないので、採用されやすいでしょう。

3. 生命保険の営業

3つ目は、生命保険会社の営業です。

生命保険の契約は、基本的に人海戦術です。

そのため、人材を常に欲しています。

長年にわたり積み重ねてきた教育経験のおかげで、ニートでも採用されやすくなっています。

特に、日本の生命保険会社は、営業のほとんどが女性ですので、女性のニートには狙い目の仕事です。

まとめ

未経験歓迎だからといって、必ずしもニートでも採用されるとは限りません。

それよりもニートでも採用されやすい業界に絞った方が得策ではないでしょうか。

-ニート向けの仕事一覧

執筆者:

関連記事

コミュ力向上!接客業の種類を主な3つの仕事を例に紹介

求人の中で最も多く目にするのが、「接客業」ですよね。 しかしニートの中には、「人と接するのは苦手だ」と敬遠しがちです。 確かに、接客業は様々な人と関わる職種です。 では、接客業の種類はどのようなものが …

ニートからルート配送に就職できる?1日のスケジュール例やメリット・デメリットなど

現在、ニートの方で就職を考えているみなさん! ルート配送のお仕事はいかがですか? 決まったルートでお客様にお荷物をお届けするお仕事です。 決まった場所にしか配送しないので、道を覚えてしまえばラクラクで …

ニートからSEとして就職できる?必要な知識や資格と求人の探し方

ニートをしている人の中には、パソコン操作が得意な人も多いため、SE(システムエンジニア)に興味を持っている人も多いかと思います。 しかし、実際に就職しようと思っても、何から始めて良いかよくわからず、行 …

ニートから保育士の資格を取得する2つの方法と働ける3種類の職場

近年、保育士不足が非常に問題となっており、新聞やニュースでもよく取り上げられています。 ニートの中にはそういった報道を見て、保育士に興味を持った人もいるのではないでしょうか。 こどもが好きだから、保育 …

看護師を退職したニートは看護師に復帰できる?主な就職先とおすすめ求人サイト

看護師として就職したものの様々な理由で退職して、現在ニートである人もいるでしょう。 そうしたニートは看護師として復帰したいと考えているものの、また同じような理由で辞めてしまうのではないかと思って、なか …

仕事をすぐ辞めてしまう人でもできる仕事5選

現在、仕事を辞めることはもはや特別なことではありません。 一つの会社を定年まで勤め上げる昭和的な仕事スタイルはもう昔の話になりつつあります。 仕事を辞めてキャリアアップし、新しいステージを向かうなら、 …

ニートから弁護士として就職する方法、必要な資格、平均年収は?

ニートの中には弁護士に興味を持っている人もいるのではないでしょうか。 法律の専門家として必要とされる職業ですし、収入も安定して高いです。 ドラマやマンガなどでの弁護士の活躍をみて憧れている人もいるでし …

ストレスの少ない仕事に転職するためにやるべき4つのこと

自分のやりたい仕事でなかったり、煩わしい人間関係にウンザリしたりと、仕事をすれば何かしらストレスはかかるものです。 「ストレスの少ない仕事をしたい」というのは、誰しもが思うことですよね。 しかし、何が …

とにかく楽したい!女性向けの楽な仕事ランキングトップ10

とにかく楽な仕事がしたいと考えている女性は多いのではないでしょうか。 しかし、楽な仕事がどんなものなのかわからず、忙しい仕事を何となく継続していたり、そもそも就職に足踏みしたりしている人も少なくないで …

ニート必見!人手不足業界ランキングトップ10

人手が足りていない業界を知っておくことは、職探しをしている人にとって、就職先を見付ける1つのポイントでもありますよね。 厚生労働省が取り組んでいるものや、テレビやネットニュースで報道されているもの、求 …