ニート向けの仕事一覧

ニートからbtob企業への就職はおすすめ?メリット、デメリット、求人の探し方

投稿日:2017年10月11日 更新日:

ニートが就職活動を行っていても、大手や有名企業は新卒などに採用が決まりがちですよね。

また仕事を探していても、「とりあえず聞いたことがある会社に応募してみようかな」と考えるも、人気のある職種はすぐに応募が締め切られます。

そこでオススメなのが「btob企業(ビートゥービー)」です。

職歴なし(34歳まで)からでも就職したい方はジェイックがおすすめ!

↓今すぐ無料登録する(30秒で完了)

>> 高卒、大学中退者の就職支援にも強い!学歴ではなく人物重視の企業と面接ができる!就職ならジェイック!

しかし名前を聞いただけでは、どんな企業なのか、分からないですよね。

ここでは、btob企業とはどんな企業なのか、メリットやデメリットを交えながらお伝えしていきます。

btob企業とは?

 btob企業とは、「取引相手が会社」である企業を指します。

例を挙げると、福祉施設や病院に、ベッドなどのリネン類を販売する会社は、btob企業となります。

それに対し、お客さんが一般の消費者の場合、btoc企業となります。

例えば、アパレルショップがお客さんに服を売るのは、btoc企業です

btob企業のメリット

btob企業への就職のメリットとして、優良企業が多いということが挙げられます。

btob企業は会社が取引相手となります。

なので、質の高い商品やサービスを提供することが求められています。

質を重視しているので、職員も仕事に対するモチベーションが高いです。

自分が興味のある仕事がbtob企業であれば、仕事に対して意欲的に取り組むことができますよ。

また、競争率が低いので採用されやすいというのも、btob企業のメリットです。

btoc企業の場合、ブランド力があるため知名度は高いです。

その為就職の競争率も高く、ニートが就職するのは困難です。

それに対してbtob企業は、広告などは行っていない為、知名度は低いです。

「本当にこの仕事がしたい」という人には、btob企業がオススメです。

btob企業のデメリット

 btob企業のデメリットとして、「多様なスキルが必要になる」ということです。

あるプリンター会社を例に挙げると、相手(会社)に自社のプリンターを使ってもらう為に、自社製品をアピールすることが求められます。

「なぜこのプリンターが便利か」「このプリンターを使うことで、あなたの会社にどのようなメリットがあるか」を、説明しなければいけません。

無職、フリーター(34歳まで)からホワイト企業に就職したいならジェイックがおすすめ!

↓今すぐ無料登録する(30秒で完了)

>> 優良企業20社と書類選考ナシで面接ができる就職イベントを開催!就職ならジェイック!

また、その場で上手く説明できたとしても、リースするかどうかは複数の会社役員が決めます。

なので、第三者が見ても分かりやすい資料を作成する能力も必要です。

勿論、初対面の人でも上手く対応できるコミュニケーション能力も重要です。

また「求人を探しにくい」というデメリットもあります。

btob企業の仕事内容が分かりづらく、求人票を見てもbtob企業か判断できない場合が多いからです。

学校であれば、就職担当者が学生にアドバイスをすることができます。

しかしハローワークの職員は、仕事内容を十分に把握していない場合が多いです。

ニートがbtob企業に就職するには?

 btob企業に就職したいと思っても、中々求人を見つけるのは難しいですよね。

btob企業を見つける方法として、「ホームページを見る」ことがあります。

btob企業の場合、宣伝としてホームページを作成している職場があります。

その中に「企業様向け」のページがある会社は、btob企業である可能性が高いです。

もう一つより効率よくbtob企業の求人を探したい!という人におすすめなのが、転職サイトで検索することです。

例えば、求人サイト最大手のリクナビNEXTだと、キーワードから求人を探す機能があるので、そこに「btob」と入れて検索すると多くのbtob企業の求人が出てきます。

転職サイトを使うことで、一度により多くの求人を見つけることができるので、ぜひ活用してみてください。

登録も利用もすべて無料です。

>> リクナビNEXT

また「仕事内容を直接聞きたい」という人にオススメなのが、「就職面接会」です。

ハローワークでは年に数回、様々な企業が集まる就職面接会を開催しています。

そこでは企業の採用担当者も来るので、実際の仕事内容を聞いたり、その場で面接を行ったりすることもできます。

まとめ

 いかがでしょうか。

btob企業は取引相手が会社なので、商品やサービスの質を重視します。

なので、ブランド力ではなく、仕事を真面目に取り組みたい人にはオススメです。

半面、コミュニケーション能力やプレゼン能力など、様々なスキルが求められます。

しかし、最初から上手くできる人はいません。

仕事を覚えていきながら、長期間かけて経験を培うことを心がけましょう。


職歴なしでもOK!34歳までの無職、フリーターが就職するならジェイックがおすすめ

無職、フリーターのあなた、「もう自分はどこにも就職できない。どうしたらいいか分からない…」そう悩んでいませんか?

もしハローワークやその他一般的な転職エージェントなどで就活が上手くいかなかったあなたには、ジェイックをおすすめします。


ジェイックの無料登録はこちら

>> 高卒、大学中退者の就職支援にも強い!学歴ではなく人物重視の企業と面接ができる!就職ならジェイック!

ジェイックがおすすめな4つの理由

無職、フリーター、第二新卒、既卒などの若年層に特化

完全未経験から正社員に就職できる求人多数

・就職成功率81.1%、就職後の定着率94.3%

12000人以上の正社員支援実績

ジェイックは無職、フリーター(高卒、大学中退者含む)の方が就職できることを目的にして作られたサービスなので、今まで普通の就職活動をしてきてチャンスがなかった人でも、逆転できる可能性があるのです。

ジェイックの利用はすべて無料なので、もし34歳までで無職、フリーターを卒業したい!と思っている人は無料登録(30秒で完了)から始めてみてください。

↓無料登録はこちらから

>> 就職後も手厚いフォロー!就職後の定着率94.3%!就職ならジェイック!

-ニート向けの仕事一覧

執筆者:

関連記事

外で働けない場合でも大丈夫!自宅で稼ぐ方法

家庭の事情や健康上の問題などで、外で働けない場合があります。それでも仕事をして少しでも稼ぎたい場合には、自宅で稼ぐ方法が一番有効です。 インターネットが発達した現代では、ネットを利用した仕事がたくさん …

正社員で残業のない仕事につける職種、業界5選

就職するなら残業がないお仕事ができるところが良い! そう考えている方は多いと思います。 しかし、近年は残業が当たり前のような感じになっていて定時上がりが都市伝説化しているとさえ言われています。 職歴な …

ニートがIT業界で正社員になるための条件、有利な資格

ニートからITの正社員になりたいと思う方は多いと思います。 私もニート時代正社員になる候補としてITを視野に入れていました。 入ってみると自分が思っていたより敷居が高くはありませんでした。 職歴なし( …

無資格でもOK?自動車整備士に転職する方法、労働条件や待遇

ニートや転職を考えている人の中には、自動車整備士にあこがれている人もいるのではないでしょうか。 ニートから抜け出すなら、転職するなら、ぜひ自動車整備士として働きたいと考えてはいるものの、どうやったら自 …

ニートから職人になりたい!ニートにおすすめの職人業5選

長年の修行で培った技術を用いて、手作業で物を作り出す職人という肩書に憧れを抱いているニートも多いのではないでしょうか。 おいそれとは真似のできない技術なので、習得してしまえば安定した収入を得ることがで …

ニートから美容師になる方法。仕事内容、資格条件、待遇など

ニートの中には、美容師にあこがれている人もいるのではないでしょうか。 ニートから抜け出すなら、ぜひ美容師として働きたいと考えてはいるものの、どうやったら美容師になることができるのか、そもそも美容師はど …

語学力が活きる!英語を使う仕事の種類5つを紹介

学生時代に、英検やTOEICを受けたという人もいるのではないでしょうか。 また、英語にかなりの興味関心があり、その分野の大学へ進学したり、留学をした経験のあるという人もいると思います。 しかし、いまい …

ニートからハウスクリーニングに就職するには?メリットとデメリット、求人の探し方

 ニートにオススメの仕事として、ハウスクリーニングがあります。 ハウスクリーニングはその名の通り、掃除を行う仕事です。 オフィスビルでよく掃除をしているイメージがありますが、年々その需要は増えてきてい …

誰でもできる仕事3つとそれぞれのメリット、デメリット

仕事というのはそれなりの知識やスキルを必要とします。 しかしこの世の中、みんながみんな必要なスキルを持っているとは限りません。 誰でもできる仕事はないものか、と探している人は少なくないでしょう。 職歴 …

それほど難しくない!ニートから店長になりやすい仕事、業界3つ

ニートの中には、店長になりたいと考えている人もいることでしょう。 一国一城の主というのは憧れがありますし、ある程度本部からの指示はあるものの自分の裁量でお店の戦略を変えることもできます。 収入もそれな …