ニートにおすすめの資格

ニートがSPIを勉強するメリットとは?SPIの概要やメリットを解説します。

投稿日:2017年3月21日 更新日:

求人票などを見ていると、選考方法にSPIと書いているものがあります。

SPIとは何だろう、と気になったニートの方も多いでしょう。

大手企業を中心にSPIを入社試験に取り入れていますし、アルバイトでも受ける場合もあります。

職歴なし(34歳まで)からでも就職したい方はジェイックがおすすめ!

↓今すぐ無料登録する(30秒で完了)

>> 高卒、大学中退者の就職支援にも強い!学歴ではなく人物重視の企業と面接ができる!就職ならジェイック!

本記事では、SPIの概要や勉強するメリットについてご紹介します。

SPIとは

SPIとは、就職採用に用いられるテストです。

基礎的な性格と能力を測ることが目的で、主に新卒採用で用いられてきましたが、最近では中途採用やアルバイトでも使われることも増えました。

SPIは、計数、言語、性格の三分野で構成されています。

計数は、数学です。

例えば、「原価を計算しなさい」、「距離を求めなさい」といった、文章題が主になっています。

難しいことはありませんが、しばらく勉強から離れていると悩んでしまうでしょう。

言語は、国語です。

熟語の成り立ちや、空欄補充、語句の意味などを解答します。

その他にも長文読解もありますので、もたもたしていると時間が無くなってしまいます。

無職、フリーター(34歳まで)からホワイト企業に就職したいならジェイックがおすすめ!

↓今すぐ無料登録する(30秒で完了)

>> 優良企業20社と書類選考ナシで面接ができる就職イベントを開催!就職ならジェイック!

また、企業によっては国語に加えて、英語の試験を課すこともあります。

性格は、その名の通り、性格検査です。

課題の対処の仕方や人への接し方など、およそ200の質問に対して、当てはまるかどうかを答えていきます。

悩む質問もあると思いますが、正解はないのでどんどん答えましょう。

SPIは勉強した方がいいのか

SPI対策の勉強はした方が良いです。

勉強をすればするだけ成績は上がります。

計数、言語に関してはどんな問題が出るか傾向があります。

市販の対策本や、ウェブ上の対策ページなどで問題を確認して、解法がわからないものに関してはしっかりと勉強しましょう。

特に計数は公式がわからないと時間がかかってしまう問題が多いので、事前の勉強の効果は大きいです。

性格に関しては、ありのままが一番。と、言いたいところですが、企業が求める人物像に少しでも近づく回答するのが得策です。

本来の自分と違っても、意欲が高い、フットワークが軽い、忍耐力があるといった類の質問にはポジティブな回答を行いましょう。

SPIで問われている数学力や国語力は、どの会社でどんな仕事をしていようとも必須の能力です。

ですので、SPIの勉強をすることは、社会人としての基礎的な能力を養っていることと同義なのです。

SPIの勉強をして損はありません。

まとめ

SPIはそれほど難しくない問題が多いですが、意外と忘れてしまっていることも多く出題されます。

しっかりと対策することで、高得点を狙えますし、就職した後もその知識は役に立ちます。

軽くでもよいので、ぜひSPIの勉強をしてみてください。


職歴なしでもOK!34歳までの無職、フリーターが就職するならジェイックがおすすめ

無職、フリーターのあなた、「もう自分はどこにも就職できない。どうしたらいいか分からない…」そう悩んでいませんか?

もしハローワークやその他一般的な転職エージェントなどで就活が上手くいかなかったあなたには、ジェイックをおすすめします。


ジェイックの無料登録はこちら

>> 高卒、大学中退者の就職支援にも強い!学歴ではなく人物重視の企業と面接ができる!就職ならジェイック!

ジェイックがおすすめな4つの理由

無職、フリーター、第二新卒、既卒などの若年層に特化

完全未経験から正社員に就職できる求人多数

・就職成功率81.1%、就職後の定着率94.3%

12000人以上の正社員支援実績

ジェイックは無職、フリーター(高卒、大学中退者含む)の方が就職できることを目的にして作られたサービスなので、今まで普通の就職活動をしてきてチャンスがなかった人でも、逆転できる可能性があるのです。

ジェイックの利用はすべて無料なので、もし34歳までで無職、フリーターを卒業したい!と思っている人は無料登録(30秒で完了)から始めてみてください。

↓無料登録はこちらから

>> 就職後も手厚いフォロー!就職後の定着率94.3%!就職ならジェイック!

-ニートにおすすめの資格

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ニートからでも行政書士になれる?資格取得後の選択肢

行政書士は、行政書士法に基づく国家資格であり、書類作成のプロフェッショナルです。 原則として行政書士試験に合格した人が、行政書士として業務を行うことができます。 この記事では、現在ニートの人がこの資格 …

ニートが就職するために資格は必要?おすすめの資格

ニートから就職するために資格を取りたいという人も多いと思います。 私もニート時代にいくつか資格を取得しました。 それほど難易度が高くないもので、就職するときにあれば有利な資格、履歴書に書ける資格につい …

ニートが就職するのに簿記は活きる?何級を取るべき?

本稿では、簿記の資格に関しての情報を記載していきます。 また社会に出て簿記が使えるのはどの級からなのかという事を記載していきます。 沢山の人に読んでいただきたいと思っております。 職歴なし(34歳まで …

ニートがガイドヘルパーになるための資格取得や待遇を紹介

ガイドヘルパーに興味を持っているニートの方も多いと思います。 今後、高齢者が増える中で、ますます需要が高まる仕事です。 本記事では、ガイドヘルパーの業務内容や資格取得の方法、待遇などをご説明します。 …

ニートが施設管理士になる方法!資格がなくてもなれる?

皆さんは施設管理士というお仕事を知っていますか? この記事では、施設管理士がどういうお仕事なのか、そして働くために必要な資格を修得する方法など紹介していきながら、ニートの方が施設管理士として就職するま …

就職に有利な専門学校4つ!それぞれの特徴やおすすめポイントを紹介

就職活動を有利に進めるために専門学校へ入学する人が増えています。 近年では、専門学校でしっかりと知識を身に付けた人のほうが、即戦力として期待されてることがあるようです。 また資格取得を目指すにあたって …

まだこれから!20代ニートからの就職に有利な資格

20代ニートが就職するには、資格を持っていると有利です。 なぜなら、資格は「この分野に対して勉強してきました」と客観的に証明できるものだからです。 特に20代ニートで長期的に働きたいと考えている場合、 …

ニートから公務員試験を受ける方法!合格確率(倍率)、面接の内容は?

  今は無職でニートでも、これから勉強して公務員になりたいと思っている人も多いでしょう。 元ニートの私もその一人でした。 公務員は安定性が何よりの魅力です。 職歴なし(34歳まで)からでも就職したい方 …

TOEIC980点のハイスぺニートが就職できる職種、仕事は?

TOEICとは国際コミュニケーション英語能力テストの略で、世界共通の検定試験です。 この試験の特徴は合否制ではなく10〜990点の範囲で上下するスコアで評価される点にあります。 点数が高ければ高いほど …

ニートは資格を取得してから就職するべき?資格取得のメリット6つ

資格取得してからニート生活を終わらせ、就職したいと考えている人もいるのではないでしょうか。 資格を取ってからでは遅いという趣旨の議題はここでは置いておきます。 ここでは、ニート期間に資格を取得すること …