未分類

20代後半のニートは多い?就職するために残された3つの道

投稿日:2017年5月17日 更新日:

20代後半のニートともなると、ただでさえ厳しい世間の目がより厳しくなってきて肩身の狭い思いをしていることと思います。

また、引きこもっているニートも多く、社会とのつながりも乏しいので、強い孤独感を覚えているでしょう。

本記事では、20代後半のニートがどれだけいるのか?や、20代後半ニートから就職するための方法をご紹介したいと思います。

20代職歴なしからでも就職したい方はジェイックがおすすめ!

↓今すぐ無料登録する(30秒で完了)

>> 高卒、大学中退者の就職支援にも強い!学歴ではなく人物重視の企業と面接ができる!就職ならジェイック!

20代後半のニートは割合、どれだけいるのか?

内閣府が毎年発表している『こども・若者白書』(平成28年版)によれば、25歳から29歳までの人口は653になります。

『こども・若者白書』の中では、ニート(就業、学業、職業訓練のいずれもしていない人)の概念と同じものは使っておらず、その代り、若年無業者という似たような概念を使っています。

若年無業者は、15歳から34歳で求職活動をしていない人の中で、家事や通学をしていない人のことを言います。

職業訓練と求職活動という違いがあり、同じ概念とは言い切れませんが、ほぼ同一とみなしてもよいでしょう。

さて、20代後半の若年無業者(ニート)の数はどれほどなのでしょうか。

『こども・若者白書』では、2015年時点で17万人と推計しています。

ちなみに、若年無業者全体でいうと、56万人となります。

20代後半の仲での割合で言いますと、およそ2%となります。

50人に1人がニートということですので、クラスに1人いるかいないか程度の割合です。

20代後半のニートは非常に多いということがおわかり頂けたかと思います。

なお、30代前半及び後半のニート数は、17万人、19万人と同水準か増加しています。

この傾向は2006年以降続いていることから考えると、20代後半のニートは30代になってもニートのままの可能性が高いということです。

ニートからの脱却が急務であることがわかります。

20代後半のニートが就職するには?

20代後半になると、就職活動に若さという武器を使うことはもうできません。

大卒で既卒や第二新卒がもてはやされるのは卒業後3年以内であることも踏まえれば、それも当然でしょう。

そのため、がむしゃらに就職活動を行うだけでは、ニートからの脱却は難しいでしょう。

しっかりと戦略を立てる必要があります。

20代無職からホワイト企業に就職したいならジェイックがおすすめ!

↓今すぐ無料登録する(30秒で完了)

>> 優良企業20社と書類選考ナシで面接ができる就職イベントを開催!就職ならジェイック!

20代後半のニートが、ニートを抜け出すには3つの道があります。

公務員を目指すか、民間企業に就職するか、資格や職業訓練を行うか、の3つです。

公務員

まず、公務員ですが、20代後半は年齢制限が迫っています。

どの市町村でもおおよそ30歳が上限となっています。

また、勉強期間は半年から1年かかると言われていますので、その期間も踏まえて、間に合うかどうかを確認しましょう。

また、公務員は筆記試験よりも面接が難関ですので、面接に向けて想定問答集を作成する、家族や友人に練習を手伝ってもらうなど事前準備をしっかり行いましょう。

>> ニートが公務員試験を受ける方法!合格確率、面接の内容は?

民間企業への就職

次に、民間企業への就職です。

20代後半ニートだと、正社員で就職できる業界は人手不足の業界に限られます。

運送業界や飲食業界、介護業界などは人手不足が深刻であり、他の業界に比べれば書類選考が通りやすく、面接に行ける可能性が高くなっています。

他の業界で働きたいのであれば、正社員ではなく、派遣や契約、アルバイトなどでその業界に入り経験を積んだうえで、転職活動を行う必要があります。

とりあえずは非正規雇用での就職を目指すので、正社員での採用よりもハードルが低く、すぐにニートから脱却できる可能性があります。

>> ニート脱出には人手不足の業界を狙うのがおすすめ

資格、職業訓練

3つ目は、資格や職業訓練を行うことです。

すぐさま就職するのではなく、手に職をつけて有利に就職活動を進める方法です。

自宅で学習して資格取得を目指すのはもちろん、専門学校に通うことも考えられます。

ハローワークを通じての職業訓練に通うのも良いでしょう。

ただし、それ相応の時間がかかりますし、専門学校に通うならお金がかかります。

そうしたデメリットが受け入れられるのかを確認しましょう。

特に、20代後半ニートには金銭的な余裕がない方が多いですので、親から援助等が得られるのか、しっかりと検討しましょう。

>> ニートは専門学校に行けば就職が有利になる?資格の種類と自分に合った学校の探し方

まとめ

以上、20代後半ニートの人数と、就職するための3つの方法をご紹介しました。

20代後半でニートを抜け出さなくてはずるずるとニートを続けることになってしまいます。

ぜひ本記事を参考にして、ニートから抜け出してください。

>> 20代ニートからの就職体験談はこちら


職歴なしでもOK!20代の無職、フリーターが就職するならジェイックがおすすめ

20代で無職、フリーターのあなた、「もう自分はどこにも就職できない。どうしたらいいか分からない…」そう悩んでいませんか?

もしハローワークやその他一般的な転職エージェントなどで就活が上手くいかなかったあなたには、ジェイックをおすすめします。


ジェイックの無料登録はこちら

>> 高卒、大学中退者の就職支援にも強い!学歴ではなく人物重視の企業と面接ができる!就職ならジェイック!

ジェイックがおすすめな4つの理由

無職、フリーター、第二新卒、既卒などの若年層に特化

完全未経験から正社員に就職できる求人多数

・就職成功率80.3%、就職後の定着率94.3%

12000人以上の正社員支援実績

ジェイックは20代の無職、フリーター(高卒、大学中退者含む)の方が就職できることを目的にして作られたサービスなので、今まで普通の就職活動をしてきてチャンスがなかった人でも、逆転できる可能性があるのです。

ジェイックの利用はすべて無料なので、もし20代無職、フリーターを卒業したい!と思っている人は無料登録(30秒で完了)から始めてみてください。

↓無料登録はこちらから

>> 就職後も手厚いフォロー!就職後の定着率94.3%!就職ならジェイック!

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

転職に失敗して無職になってしまった人へのアドバイス3つ

新卒が3年以内で離職する割合はおよそ3割。 つまり、少なくとも3割の人が転職を経験することとなります。 誰もがより良い待遇を求めて転職するのですが、実際に転職してみるとよりひどい労働環境であることがわ …

大卒ニートが就職するには何を始めるべきか

大学進学率が50%を超える現在、大卒のニートも珍しい事ではありません。 理由は人それぞれですが、大学在学中から引きこもりがちであった方や、就職活動に失敗してずるずるとニートになってしまった方が多いよう …

使わないと損!ニートが利用できる就職支援金の種類や制度

意外と知られていませんが、定職についていない埋もれた人財を発掘するために、ハローワークや厚労省などが主体となり就職支援目的で作成した助成金制度がいくつか存在します。 この記事では、そんな就職支援金を受 …

10年間ニートだった人が就職を成功させるための戦略3つ

ニート歴がずるずると延びて、いつの間にか10年経っていたというニートも数多くいることでしょう。 ニートを脱出するため、いよいよ就職活動を始めようと思った経緯は、親が退職したり、家から追い出されたり、ニ …

職歴無しから正社員として就職するコツとは?おすすめの業種2つ

職歴がない状態からの就職活動はなかなか大変です。 社会人になってからは学歴よりも職歴が問われますし、職歴がないと基本的なビジネスマナーも知らないと判断されて敬遠されがちです。 また、年齢が高くなればな …

大学中退フリーターが正社員に就職する方法!転職サイトはおすすめ?

大学進学率が5割を超える現在、大学生の数が増えるにしたがって、中退者数も増えています。 中退した人のその後は様々ですが、フリーターとして生活している人がかなりの数います。 不安定な雇用ですので、正社員 …

大学中退ニートは就職できる?残された2つの道

大学進学率が50%を超える現在、大学生の数が増えたために、大学中退者も増加していく傾向があります。 大学を辞めてからアルバイトもせず、そのままニートになってしまう人も数多くいます。 そこで、本記事では …

ニートはバイトから始めるべき?それとも正社員?

ニートが社会復帰するときにつきまとう悩みがあります。 それは 「自分は社会経験が皆無だからバイトから始めた方がいいのかな」 「バイトより正社員になりたいけど、自分を正社員で雇ってくれるところなんてまず …

ニートの就職に学歴は必要?高学歴、低学歴のそれぞれのメリット・デメリット

社会に出れば学歴なんて関係ないと言われますが、実際、世の中はまだまだ学歴社会です。 そうなると、ニートからの就職において、学歴がどう影響するのか気になると思います。 学歴は高くても低くても、ニートの就 …

自己分析が大事!ニートやフリーターの仕事の見つけ方

自分に合った仕事を見つけるのは簡単ではありません。 ブランクが長いニートや就活経験の少ないフリーターにとっては更に難易度が上がります。 学生と比べて自分を受け入れてくれる企業があるかという不安感は大き …