ニートの就活のやり方

30代後半から就職活動を考えている人へのアドバイス5つ

投稿日:2017年10月10日 更新日:

歳を重ねれば重ねるほど「就職活動は難しくなっていく」と、聞き飽きるほど聞いてきたと思います。

しかし、実際に自分自身が聞きたいことって、「就職したいから具体的にどうしたら良いのかな」ということですよね。

という訳で、こちらの記事では、30代後半から就職するにあたって、具体的な事柄に触れていきたいと思います。

20代職歴なしからでも就職したい方はジェイックがおすすめ!

↓今すぐ無料登録する(30秒で完了)

>> 高卒、大学中退者の就職支援にも強い!学歴ではなく人物重視の企業と面接ができる!就職ならジェイック!

1. フリーターより安定した収入を得られる

就職活動をする動機は、これから先の人生において、安定した収入を求めているからというのも大きな1つだと思います。

フリーターと正社員の生涯賃金の違いなど、もう調べ終わっている人も多いと思うので、メリットの1つとして軽く挙げておく程度にしておきます。

2.ネットでマイナスな情報を飲み込んでしまわないようにする

日本国憲法で定められているように、人の思想はとても自由です。

「30代後半からの就職は厳しい」

「今まで就職しないでフラフラしていてたくせに」

「むしろ何で就職していないのか疑問だ」

など、ネットサーフィンをしていると上のような悲しい言葉にぶち当たってしまうかもしれません。

しかも、就職先を考えている時期ですから『実際そうだしなぁ』とモヤモヤした気分になってしまう日もあるでしょう。

どの情報発信者にも、それぞれ考え方がありますが、その考え方が、今の自分にとってツラいものであれば「見なければ良い」のです。

20代無職からホワイト企業に就職したいならジェイックがおすすめ!

↓今すぐ無料登録する(30秒で完了)

>> 優良企業20社と書類選考ナシで面接ができる就職イベントを開催!就職ならジェイック!

通りすがりに「オッサン」「オバサン」と言われた、くらいに考えてしまいましょう。

あるいはその言葉を逆手に取って「この若造が、今に見てろよ」くらいに考えてみるのも良いですね。

自分にとって得のない情報は、噛み砕いて飲み込んでしまわないという方法が、この際には適しているといえます。

3. どんな職に就きたいのか

自分の社会生活の基盤となる企業を探しに出るわけですから、具体的にどのような職種に就きたいのかなどを吟味していく必要があります。

その際に必要となってくるのは「今までの経験」です。

自分がフリーター時代や以前正社員だった時代にどのような職種が楽しく、向いていたか、逆にどのような職種がツラく、続けづらかったかなど、思い出してみると良いでしょう。

これといってピンとくるものがなかった、という人は全くもって新しい業界へ飛び込んでみるのも良いと思います。

職探しについて、下記の項目からは、具体的に求人を探していく方法をスタイル別に2種類紹介していきます。

4. 自分で求人を探していくスタイル

具体的に職を探すとなれば、方法としては、ハローワークを利用したり、求人冊子を読んでみたり、新聞に一緒に入っている求人のチラシを見るなどです。

また、求人サイトも多種多様なものがありますので、条件や職種などで検索してみると良いでしょう。

5. 転職エージェントを利用するスタイル

転職エージェントを利用すると、自分で求人を選ぶことは出来ませんが、転職エージェントが企業との繋ぎ目の役割を担ってくれます。

転職エージェントといっても多種多様なので、まずは自分が良いと思う転職エージェントを見付けて、そこから利用に踏み込むことが大切だと思います。

まとめ

「家庭を持つことになった」「今後自立し、いっぱしの社会人として生きていきたく思った」など就職活動をすることになった背景は様々だと思います。

複雑な気持ちになるような日もあるとは思いますが、これから先の自分の人生の為に、もう一踏ん張りして就職活動を頑張って欲しいなと思い、情報を上記にまとめてみました。

この記事が、30代後半からの就職活動について悩んでいる人の参考になれば、嬉しいです。


職歴なしでもOK!20代の無職、フリーターが就職するならジェイックがおすすめ

20代で無職、フリーターのあなた、「もう自分はどこにも就職できない。どうしたらいいか分からない…」そう悩んでいませんか?

もしハローワークやその他一般的な転職エージェントなどで就活が上手くいかなかったあなたには、ジェイックをおすすめします。


ジェイックの無料登録はこちら

>> 高卒、大学中退者の就職支援にも強い!学歴ではなく人物重視の企業と面接ができる!就職ならジェイック!

ジェイックがおすすめな4つの理由

無職、フリーター、第二新卒、既卒などの若年層に特化

完全未経験から正社員に就職できる求人多数

・就職成功率80.3%、就職後の定着率94.3%

12000人以上の正社員支援実績

ジェイックは20代の無職、フリーター(高卒、大学中退者含む)の方が就職できることを目的にして作られたサービスなので、今まで普通の就職活動をしてきてチャンスがなかった人でも、逆転できる可能性があるのです。

ジェイックの利用はすべて無料なので、もし20代無職、フリーターを卒業したい!と思っている人は無料登録(30秒で完了)から始めてみてください。

↓無料登録はこちらから

>> 就職後も手厚いフォロー!就職後の定着率94.3%!就職ならジェイック!

-ニートの就活のやり方
-

執筆者:

           

あなたにおすすめの記事

関連記事

20代ニートの主な退職理由と具体的な3つの背景

人によって好みや価値観も千差万別ですよね。 それと同様、ニートの人が、何故ニート生活を送っているのかという理由は千差万別なわけです。 なので多少人により異なってくる箇所はあるとは思いますが、ここでは2 …

公務員試験に落ちたらどうする?就活の進め方

公務員試験に落ちたら、早めに次の行動を起こしましょう。行動を起こすのが遅くなると、チャンスを見逃しやすいので注意が必要です。5年後、10年後に後悔することがないように、早めに気持ちを切り替えましょう。 …

働き方は人それぞれ!ニートを脱出する方法5つ

多くのニートはどうにか社会に復帰しようと考えていると思います。 しかし、長らくニートをやっていると、どうやって社会復帰すればよいかわからなくなっている人も少なくありません。 本記事では、ニートが脱出す …

離職率の高い企業を見分ける方法!離職率の計算方法、よくある退職理由

就職活動や転職活動において入社をなるべく避けておきたい会社の特徴のひとつとして、離職率の高い会社が挙げられます。なぜなら、離職率の高い会社は、社員が次々辞めるだけの何らかの決定的な原因があることが多い …

このままじゃヤバい!就活に失敗してニートになった人の選択肢3つ

就職活動に失敗してしまうと、人格を否定されたような気持になって意気消沈してしまい、ニートになってしまうことは珍しいことではありません。 しかし、そのままずるずるとニートを続けてしまっては、どんどんと就 …

大学中退ニートは仕事がない?就職やアルバイトの探し方、女性は専業主婦もあり

大学を中退してニートとして過ごされている方にぜひ読んでいただきたい記事です。 おそらく多くの方々は就職して働きたいと考えていると思います。 しかし、世間はそんな甘いものではないというような風潮があるた …

ニートから契約社員になる待遇上のメリット、デメリット

ニートの中には、正社員で働く自信はないけど、アルバイトよりは安定性が欲しいということで契約社員での社会復帰を目指している方もいるでしょう。 そもそも契約社員とはどういう待遇なのでしょうか? 本記事では …

転職活動時でのIT系ブラック企業の見分け方

ブラック企業とは、主に、労働基準法を守っていない会社のことをいいます。 せっかく転職するのであれば、無給労働やパワハラが横行しているような会社には、入社したくないですよね。 しかし、求人には時期的な縁 …

20代ニートが社会復帰するために踏むべきステップ3つ

20代ニートというと、「ああ、最近若い奴でも無気力で働きたくないとか言い訳してるやついるんだよな」と普通の人は思うでしょう。   しかし、現役20代ニートにしてみるとこんなのは 20代職歴な …

30代ニート職歴なしが就職をするために必要な3つのこと

30代職歴なしのニートが就職するのは非常に大変です。 履歴書を送っても門前払いとなることも多いですし、公務員などではそもそも年齢制限で引っかかって応募すらできないこともあります。 しかし、決して就職が …