ニート向けの仕事一覧

高卒女性に人気の仕事ランキング!平均年収や就活の流れも

投稿日:

高卒女子は社会におけるさまざまな職場で活躍しています。

当記事では高卒女子に人気の仕事ランキングおよび就職活動で押さえておきたいポイントなどについて説明しています。

高卒女性の就職の現実

男女雇用機会均等法が制定されてから、性別や学歴を問わずに人材を採用する企業も増えてきました。また、高卒の若くて伸びしろのある人材を積極的に雇用しようと考える企業も数多くあります。

しかし、現実社会においては大卒に比べると高卒は働ける場所が限られています。研究職など専門的な知識やスキルを要する仕事では大卒以上が応募条件であることも少なくありません。

高卒の中でも男性の場合、肉体労働はじめ体力を使う仕事において需要は少なくはありません。ただ、高卒女子の場合、体力の面などから、どうしも仕事が限られてくるのが現実だといえるでしょう。

高卒女性の平均年収

仕事をする上で気になることのひとつとして年収があります。高卒女子の平均年収は一体どれくらいなのでしょうか?

厚生労働省の「賃金構造基本統計調査」によると、高卒女性の平均年収は208万3000円でした。ちなみに、高卒男性の平均年収は208万1000円、大学・大学院卒女性の平均年収は288万7000円、大学・大学院男性の平均年収は399万7000円となっています。

女性同士で比べると、高卒女子は大卒・大学院卒女子と比べると80万円ほど年収が低いということになります。

高卒女性に人気の仕事ランキングトップ6

高卒女子は一体どのような仕事に就いているのでしょうか?ここではランキング形式で6つの職業を紹介します。

第1位「一般事務」

一般事務の仕事は企業で受付、ファイリング、経理といったデスクワークを中心に行う仕事です。オフィスのなかでの仕事ですし体力もいらないため、高卒女子にも絶大な人気があります。ただ、希望者も多く、狭き門と言えるでしょう。事務職に就くためには、パソコンスキルを身に付けていたり簿記などの資格を取得していたりをしておくと有利にはたらくことが多いようです。

第2位「アパレル店スタッフ」

ファッションや服が好きな高卒女子にとってアパレル業界は大人気です。アパレル店スタッフの主な仕事は接客とレジです。お客に服を販売し、レジ打ちや商品包装をする業務。

アパレル店ではその他、デザイナー、パタンナー、バイヤーなどの専門的な仕事を募集している場合もあります。生かせる特技があればそういったセクションを検討してもよいのではないでしょうか

第3位「公務員」

高卒女子に人気の仕事といえば、公務員もそのひとつでしょう。市役所や役場での受付業務を中心に、公務員の高卒女子はたくさん活躍しています。公務員として働くためには、高卒程度の公務員初級試験に合格することが必要になります。

公務員の場合、男女平等が原則なので、高卒女子にとって働きやすい職場であるともいえます。実力を正当に評価してくれますし、高卒女子が就く仕事のなかにおいても、公務員は軒並み賃金水準が高く、産休、育休など制度も整備されています。

第4位「ホテル・旅館スタッフ」

ホテルや旅館のスタッフは接客、食事の配膳、フロント対応などをする仕事です。ホテル・旅館業界では慢性的に人手不足であることもあって、高卒女子は引っ張りだこ。女性ならではのきめ細やかさも発揮できる仕事です。なお、日本ではインバウンド政策から、外国人観光客が増えているため、英語など外国語を話せる人材は何かと重宝されます。

第5位「営業職」

営業職といえば男性が得意としている仕事のように思われがち。ただ、業界によっては高卒女子が中心に活躍している現場もあります。例えば化粧品販売会社、生命保険会社など。それらの会社では女性ならではの感性や知識を大いに生かすことができます。

女性がたくさん活躍している会社は産休や育休なども取りやすく、女性が働きやすいよう現場が整えられているのも人気の要因です。

第6位「介護職」

デイケアサービスや病院などで介護職として働く仕事です。ある程度の体力が要る現場はありますが、女性ならではのきめ細やかさや手先の器用さなどを生かせる仕事。高卒女子もたくさん活躍しています。

超高齢化社会を迎える日本においては特に、介護職の需要は大きく求人がたくさん見つかるでしょう。介護職に就くためには、学校卒業するまでに介護に関する資格を取得しておくのがベスト。ただ、そうでなくても働きながら資格を取得できるような施設も多くあります。

高卒女性の就職活動の方法

高卒予定者が就職活動をする上では、いくつか押さえておきたいポイントがあります。そのひとつは、就職活動の期間が明確に決められているという点です。大卒予定者と比べて高卒予定者は、高校生活との兼ね合いもあるだけに、短期決戦となります。つまり、そのスケジュールをあらかじめ把握してしっかりと予定を立てておくことが必要であるということです。

大卒予定者が求人サイトや就職エージェントを活用して求人を探すのに対し、高卒予定者の場合、「学校斡旋」といって学校の推薦を受けて就職活動を進めるスタイルが一般的です。

高卒予定者の就職活動には「一人一社制」と呼ばれる独特のスタイルも特徴です。一人一社制とは、就職活動の応募解禁日から一定期間においては、一人の生徒が一度に応募できる企業は1社のみと決められている制度です。

一定期間中は複数の企業にエントリーすることはできず、入社試験を受けて内定が得られなかった場合、次の企業にエントリーすることができるようになります。なお、都道府県などが指定した一定期間を過ぎると複数の企業に応募することが可能になります。

なお、高卒予定者の場合、ある企業から内定が出た場合、原則としてその企業に就職しなければならないという暗黙の決まりごともあります。

高卒女性の就職活動の流れとスケジュール【4~9月】

高卒予定者の就職活動は、大卒予定者の就職活動と違って、基本的には学校推薦という形式をとります。1年のスケジュールを把握して、計画的に就職活動を進めることがポイントです。

ここでは高卒予定者が高校3年生のときにどのように就職活動を進めればよいのかについて、1年の流れについてまとめてみます。

4~5月

高卒予定者にとって4~5月は就職活動を進める前の準備期間という位置づけになります。この期間に、どの業界でどのような仕事をしたいのかしっかりと見定めておくことが重要です。向いている仕事については自己分析をして適職をしっかり見定めておくようにしましょう。

6月

高卒予定者が学校推薦で就職活動をする場合、まずはハローワーク(職業安定所)に登録を行います。6月1日からハローワークでは高卒予定者の登録申請の受け付けがはじまります。6月の中旬まで、遅くとも6月20日ぐらいまでには登録を行うようにしましょう。

7月~8月

7月1日に各企業から高卒予定者向けの求人票が公開されます。7月から8月にかけて、各企業は学校への求人申込および学校訪問を行います。並行して、職場見学のために学生の受け入れも行われます。

9月

9月5日以降、各企業では応募受付がスタートします。そして9月16日に選考がスタート。入社試験を経て、内定者には採用内定通知が届きます。

まとめ

以上、高卒女子の人気の職業ランキングおよび就職活動において押さえておきたいポイントについて述べました。高卒女子が就職活動に成功するためには、まずは高卒予定者ならではの独特の就職活動の流れを把握し、しっかり準備をしておくことが大切です。

学生生活においては、就きたい仕事に活かせる資格やスキルを身につけておくことで希望する職に採用される確率が高まるでしょう。

-ニート向けの仕事一覧

執筆者:

関連記事

既卒からシステムエンジニアは目指しやすい!どんな求人が狙い目?

IT業界では未経験者を積極的に採用しており、既卒でも狙いやすい業界と言えるでしょう。しかし、しっかりその仕組みを理解していないと就活に失敗したと感じてしまう可能性があります。  そこで、既卒がシステム …

仕事はしたい、でも怖い!ニートにおすすめの仕事と探し方

ニートであった時期を経て就職活動を始めた人にとって、初めのうちは組織の中で働くことのハードルが高く感じられるかもしれません。 心では仕事をしたい、働きたい、と思っていても中々どんな仕事が自分にできるの …

ニートの初バイトは何がおすすめ?おすすめの単発バイト3つ

長期間無職でいた人が、いざ働くとなると不安が多いですよね。 そんなニートの方にオススメなのは、期間限定のバイトです。 理由としてはまず気負わなくて良いからです。 最初から長期間のアルバイトに取り組むと …

IT係の仕事にはどんな種類がある?ニートでもできるIT業5選とその待遇、業務内容

ニートの中にはIT業界に興味を持っている人も多いでしょう。 学歴が関係ない業界で、実力次第で昇進できるので、一発逆転を狙うこともできます。 また、人手不足が常態化している業界なので、職歴なしのニートで …

メンタルが弱くてもできる仕事はなに?向いてる仕事と向いてない仕事を紹介

メンタルとは、心とか精神力のこと。 メンタルが弱いと能力や実力があっても、なかなかそれを活かしきることができません。 特に仕事では色々な利害が絡み、人間関係も複雑なのでメンタルが弱いと仕事のパフォーマ …

ニートには中小企業の就職がおすすめ?メリットやデメリット

ニートに限らず、誰もが「良い職場で働きたい」と思いますよね。 公務員や大企業であれば、安定しているので皆そこに就職したいと考えます。 しかしそれらに就職できるのは、ごく一部の人です。 なので、ニートの …

ストレスの少ない仕事に転職するためにやるべき4つのこと

自分のやりたい仕事でなかったり、煩わしい人間関係にウンザリしたりと、仕事をすれば何かしらストレスはかかるものです。 「ストレスの少ない仕事をしたい」というのは、誰しもが思うことですよね。 しかし、何が …

ニートにおすすめの派遣会社や仕事は?派遣会社を選ぶ時に見るべきポイント

ニートから就職活動を初めて、仕事を開始する際、派遣の会社を利用するメリットはどこにあるのでしょうか。 ここでは、派遣会社の種類や、どのような派遣会社を選べば良いのかを見ていきましょう。 目次派遣会社の …

就職しやすい仕事の特徴3つと具体的な業界

ニートをしている人の多くは就職してニートから抜け出したいと考えています。 しかし、ニートとなると履歴書に空白期間があり、どの業界でもなかなか就職しにくいという現実があり、就職活動に二の足を踏んでいる人 …

価値観はそれぞれ!仕事自体が楽しい職種3つ

仕事に対する価値観は、人それぞれ違うので、千差万別といえます。 好きな仕事に就いて楽しく仕事をやっている人もいますし、楽しくはないけれど働かないと食べていけないし、くらいに思っている人だっています。 …