ニートの就活のやり方

はじめの一歩!ニートの就活のやり方、手順

投稿日:2016年12月21日 更新日:

 

ニートの時期を過ごしてきて、いよいよ就職活動をしようという気持ちや体調、状況になったときに大切となる心構えや、おすすめの手順・方法を具体的にみていきます。

自分の強みを知ろう

あなたの得意なことや強みは?

 すぐにでも仕事探しを開始したいところですが、その前にまず、あなたの得意なことや、強みは何かを知っておきましょう。

20代職歴なしからでも就職したい方はジェイックがおすすめ!

↓今すぐ無料登録する(30秒で完了)

>> 高卒、大学中退者の就職支援にも強い!学歴ではなく人物重視の企業と面接ができる!就職ならジェイック!

 

就活では履歴書を書いて臨むことがほとんどです。

そこには自己PRや、志望動機を書く欄があります。

ニートである期間を正直に書いた場合でも、この自己PRや、希望する会社であなたならではのできることを書くことは、非常に大きな武器になります。

 

自分には何もアピールポイントがないように感じる場合でも、誰にも、強みがあるものです。

例えば、体力だけは自信がある、集中力では他の人には負けない、パソコンが大好き、などは、立派な強みです。

 

家族や友達に聞いてみよう

あなたの強みを、周囲の人に聞いてみるのはおすすめできる方法です。

あなたの中にある謙虚な部分は、仕事を開始してからじゅうぶん発揮するとして、就活では、いつでも積極的に、そしてプラス思考で臨んでください。

会社の採用担当の人が以前、こう言っていました。

「複数の人から、どの人を採るか採用を迷った場合に、最終的に採用するのは、明るい人物です」と。

 

就活を通じて、自分の持っているプラスの部分に気が付くことは、その後の人生でも、あなたを多くの場面で助けてくれます。

この機会に、ぜひ、自分のいいところを、一つでも多く、自覚しましょう。

 

ニートの就活支援を利用する

インターネットやハローワークで、就活支援情報を探る

国や各都道府県が主体となった、無職である若者が正社員になる、あるいは就業するまでの過程を後押ししてくれるプログラムが増えてきています。

これらの最新情報は、インターネットでも検索できます。

また、ハローワークに行くと、窓口で直接詳しい説明を聞くことができます。

 

20代無職からホワイト企業に就職したいならジェイックがおすすめ!

↓今すぐ無料登録する(30秒で完了)

>> 優良企業20社と書類選考ナシで面接ができる就職イベントを開催!就職ならジェイック!

どういったプログラムがあるのか

実際に企業の中で仕事の経験が積めるプログラムや、パソコンの専門的なスキルを習得できるというプログラムもあり、自分一人ではなかなか身に付けられなかった技術を身に付ける絶好の機会です。

 

こういった就活支援の多くは無料ですので、自分が割くことができる時間やエネルギーと相談しながら、条件が合えばぜひ、利用してみます。

 

このプログラムを最大限に活用して、履歴書に書けるPR項目を一つでも増やすことも、立派な就活の第一歩です。

 

就活中は明るい気持ちで過ごそう

信頼できる人に就活宣言する

さて、就活のはじめの一歩としてぜひ、しておきたいことは、友達や家族、知人の中で、あなたが信頼している人に、自分が就職活動をはじめる気持ちになったことを話しておくことです。

 

これは就活のスタート地点においてとても良い方法です。

 

あなたに求人の情報を教えてくれる可能性が増えるだけではなく、彼らは就活中に励ましてくれるはずです。

面接する人はまだあなたを知りませんが、あなたが信頼を寄せる人からの言葉は大きな助けになるはずです。

就活を明るい気持ちで続けるために、信頼できる人たちとのつながりを感じられる状況を、こういうときこそ自分から作り出しましょう。

 

就活中から時間と体調の自己管理を

就職活動が思いのほか長引く場合もあれば、求人の数は増えているという現実の中、早くに就活が実る場合もあります。

 

就活中は、気持ちが沈むことも予想できますが、この時期から自分の体調に責任を持ち、規則正しい生活を繰り返していることは、いざ、仕事が始まったときにあなたが実力を発揮するために大事なことです。

就活中は、毎日、気持ちを切り替え、明るく過ごすように心掛けるようにします。

 

さて、いよいよ求人情報を見る段階です。

会社探しをするわけですが、このとき、常に、どう履歴書を書くかをイメージしながら、求人情報をチェックする習慣をつけると良いでしょう。

ニートであった時期に決して引け目を感じることはありません。働きたいと感じている今の自分に誇りと自信をどうぞ強く持ってください。

 

就職活動が開始できるところまできたのですから、就職と言う名前の山にすでに登れているのです。

ここまで来ることができたのですから大丈夫です。お仕事の現場に、たどり着きましょう。


職歴なしでもOK!20代の無職、フリーターが就職するならジェイックがおすすめ

20代で無職、フリーターのあなた、「もう自分はどこにも就職できない。どうしたらいいか分からない…」そう悩んでいませんか?

もしハローワークやその他一般的な転職エージェントなどで就活が上手くいかなかったあなたには、ジェイックをおすすめします。


ジェイックの無料登録はこちら

>> 高卒、大学中退者の就職支援にも強い!学歴ではなく人物重視の企業と面接ができる!就職ならジェイック!

ジェイックがおすすめな4つの理由

無職、フリーター、第二新卒、既卒などの若年層に特化

完全未経験から正社員に就職できる求人多数

・就職成功率80.3%、就職後の定着率94.3%

12000人以上の正社員支援実績

ジェイックは20代の無職、フリーター(高卒、大学中退者含む)の方が就職できることを目的にして作られたサービスなので、今まで普通の就職活動をしてきてチャンスがなかった人でも、逆転できる可能性があるのです。

ジェイックの利用はすべて無料なので、もし20代無職、フリーターを卒業したい!と思っている人は無料登録(30秒で完了)から始めてみてください。

↓無料登録はこちらから

>> 就職後も手厚いフォロー!就職後の定着率94.3%!就職ならジェイック!

-ニートの就活のやり方

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

簡単な3ステップ!自分にあった仕事の見つけ方、選び方

高い志を持って入社したものの、やりたくない仕事ばかりを回された結果、ニートになってしまった人も多いでしょう。 そもそも、どんな仕事が自分に合っているのかわからずに就職活動を始めることもできないニートも …

留学後の就職活動はどうする?おすすめの仕事、便利な資格は?その他アドバイス

学生時代などに留学をしたけれど、帰国後に自国での温度差に悩んでしまっているという人もいるのではないでしょうか。 もちろん、留学経験者ならあるあるですが、留学したことのない人の数と比較すると、あるある率 …

アルバイト経験なしからの就活で注意する3つのこと

正社員での経験どころか、アルバイトの経験もないニートの方は数多くいます。 ずっと引きこもっていたニートはもちろんのこと、資格試験や公務員試験の勉強をしていたが結果合格する事ができずに諦めたニートもいる …

働き方は人それぞれ!ニートを脱出する方法5つ

多くのニートはどうにか社会に復帰しようと考えていると思います。 しかし、長らくニートをやっていると、どうやって社会復帰すればよいかわからなくなっている人も少なくありません。 本記事では、ニートが脱出す …

社会人経験なしで就職する方へのアドバイス

社会人になる時には誰もが不安を感じるものです。 新卒の方はもちろんですが、しばらくニートを続けていて、ようやく就職にたどり着いた方はなおさら不安に思うことでしょう。 そこで本記事では、ニートが初めて就 …

公務員試験に落ちたらどうする?就活の進め方

公務員試験に落ちたら、早めに次の行動を起こしましょう。行動を起こすのが遅くなると、チャンスを見逃しやすいので注意が必要です。5年後、10年後に後悔することがないように、早めに気持ちを切り替えましょう。 …

ニートがバイトに受からない4つの原因と対処方法

アルバイトを始めて社会復帰しようと考えているニートは数多くいると思います。 その中には、実際にアルバイトへ何度か応募したものの全て落ちてしまい、落ち込んでしまっている人もいることでしょう。 本記事では …

ニートを脱出して正社員として採用されるために大切な3つの心得

多くのニートは、一刻も早くニートから脱出しなくては、と焦りを覚えているのではないでしょうか。 そういう気持ちはあるものの、何から始めればよいのかわからず、戸惑ってしまい、結局、何もできないままのニート …

仕事が見つからない20代の人への具体的な4つのアドバイス

仕事探しに難航しているという20代の人もいるでしょう。 就職というのは、社会的要素で重要な部分なので、不安が肩にのしかかっている状態の人も多いかと思います。 という訳で、仕事が見付からない20代の人に …

無料で利用できる!引きこもりやニートのための支援サービス8つをご紹介

長いことひきこもりやニートをしていると、社会とのつながりが断たれ、社会復帰が難しくなることがあります。 そういった人たちが社会に出たいと思った時には、コミュニケーションスキルが足りない、技術がない、自 …