ニート向けの仕事一覧

ニートが清掃会社に就職する方法、仕事の種類、メリット・デメリットを紹介

投稿日:2017年3月21日 更新日:

現在ニートで就職を考えている皆さん、清掃員の仕事に興味はありませんか?

接客が苦手な人や掃除が好きな人にとって、清掃員の仕事はうってつけの仕事かもしれません。

この記事では、清掃員の仕事の種類やメリット、デメリットを説明した上で、ニートの人が清掃会社に就職する方法をお伝えしたいと思います。

清掃員の仕事内容

清掃会社に所属する清掃員は、企業や個人などの依頼主から指定された場所に訪問し、契約内容に沿って清掃を行います。

清掃会社が展開している事業によって清掃場所や業務内容が異なります。

下記は一例です。

ハウスクリーニング

住宅内の清掃を行います。

リビングやキッチン、浴室、トイレなどの清掃業務が一般的です。

ビル清掃

オフィス内の床や窓、トイレの清掃を行います。

また、ビルの外側の窓拭きや壁の清掃、清掃だけではなくビルメンテナンスまで行う会社もあります。

病院、介護施設

病院の居室や手術室、トイレなどの清掃を行います。

公共施設や商業施設

ホテルや学校、パチンコ屋などの施設にて清掃を行います。

ホテルでは客室のシーツ交換や浴室の清掃などの業務もあります。

その他

JRなどの鉄道車両や旅客機などの清掃を行う会社や、事故現場の清掃を請け負う会社もあります。

清掃員の仕事内容の一例を紹介しました。

想像よりも幅広い業務内容に驚かれた人もいるのではないでしょうか。

清掃会社で働くデメリット

まずは清掃業ならではのデメリットから紹介したいと思います。

スピードと正確性が求められる

清掃員に求められることは、決められた時間に、決められた箇所を正確に清掃することです。

拭き残しや磨き残しがあると、会社が依頼主からクレームを受けます。

ハードな肉体労働

家の掃除と違い、ビルや施設は思いのほか広いです。

そのため、スタッフ1人が受け持つ仕事量も多く、体力的にきつい仕事です。

無理な態勢を続けて腰や肩を痛める人もいますので、体のケアを意識することが重要です。

繁忙期がある

年末は大掃除やワックス、エアコン清掃などの依頼が立て込みます。

アルバイトならともかく、社員として働く場合はほとんど休みが取れないこともあるそうです。

汚物処理がある

汚物の処理を行うことがあります。

作業の内容によっては臭いが染みつくこともあります。

特に夏場は生ゴミの匂いも充満しますので、大変な作業になるでしょう。

また、病院では注射針などの医療廃棄物の処理を行うこともあるので、血液感染などに対しても注意が必要です。

害虫に遭遇する

ゴミがある場所には害虫が沸くことがあるのは、皆さんもご存じの通りだと思います。

慣れてしまえば平気という人もいますが、生理的に無理な人は、働く時期や場所をよく考えた方が良いかもしれません。

清掃会社で働くメリット

続いて、実際に清掃員として清掃会社で働くメリットを紹介します。

求人ニーズが高い

肉体労働で離職率も高い傾向にあるため、求人数も多いです。

共働き家庭の増加や少子高齢化社会の影響もあり、需要が高まっている地域もあるそうです。

常に一定の募集があるので、じっくり希望に合う会社を選ぶことができます。

キャリアアップが望める

清掃業には、清掃に関する国家資格があります。

実務経験を重ねながら資格を取得することで、ステップアップを図ることができます。

仕事内容はシンプル

掃除を一度もしたことがないという人はいないと思います。

その延長線にある仕事であると考えると、そこまで難しい仕事ではありません。

しかし、清掃道具の機会などは見慣れないものが多いため、操作方法の理解が必要になります。

会話が苦手な人でも働ける

清掃員主な業務は清掃であり、接客する必要はありません。

人と会話をすることが苦手な人でも働きやすい環境です。

業務内容によってはスタッフ同士でペアやチームを組んで行うこともあるので、職員間のコミュニケーションは必要になります。

仕事の時間を選べる

利用客がいる時間帯に十分な清掃ができない場合は、夜間に清掃を行うことがあります。

旅客機清掃などがそれにあたるでしょう。

夜間に働きたい場合はこのような仕事を探すと良いと思います。

人混みに紛れなくてよいというメリットもあります。

【バイト・正社員】清掃会社に就職するには?未経験でも大丈夫?

清掃会社の求人は未経験可の正社員募集も多く、会社や仕事に対する熱意があれば正社員として採用してもらうことは難しくないでしょう。

未経験でいきなり正社員として働くことが不安な人は、まずは単発、短期間のアルバイトなどで様々な現場を経験し、自分が続けられそうな職場を探してみましょう。

しかし、アルバイトでは昇給やキャリアアップは見込めません。

「これからも清掃業に携わりたい」と決意が固まったら、正社員登用制度など利用して正社員を目指しましょう。

また、正社員としてキャリアアップしていくには、実務経験を重ね、資格の取得を目指すことが重要です。

昇給や仕事の幅も広がる可能性があります。

充実した研修制度や社員の資格取得を促進している会社を選ぶと良いでしょう。

清掃員のキャリアアップ例

ハウスクリーニング技能士

ビルクリーニング技能士

建築物環境衛生管理技術者

まとめ

清掃業は一見誰にでもできる仕事にみえますが、ハードな肉体労働です。

正社員として働く場合、コミュニケーション能力も問われます。

しかし、経験と資格取得によりキャリアアップを図ることができる、魅力的な職種です。

-ニート向けの仕事一覧

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ニートから大手企業に就職するためのステップ、狙い目の業界、求人の探し方

ニートの中には、大手企業への憧れを持っている人も少なくありません。 給与水準は高めですし、福利厚生が整っていますし、何といっても安定感があります。 しかし、ニートに限らず、大手企業への就職は大変人気で …

精神的に楽な職種ランキング【正社員】

就職活動する上で基準となることの1つとして、「精神的に楽かどうか」という人も多いですよね。 そこで、精神的に楽な職種はどんな仕事なのかを、お伝えしていきます。 目次1. 工場2. 事務職3. コンビニ …

ニートがニトリでアルバイトをするのはあり?業務内容や待遇を紹介

「家具のニトリ」はみなさん、ご存知でしょう。 実はニトリは、頻繁にアルバイトの募集を行っています。 周囲のお店よりも時給が高めですので、気になっているニートの方もいらっしゃるでしょう。 本記事では、ニ …

ニートからタクシードライバーに就職する方法。必要な免許の種類、待遇や年収を紹介!

ニートの中にはタクシードライバーに興味を持っている人もいるのではないでしょうか。 運転さえできれば、最低限のコミュニケーションでも大丈夫ですし、基本的には一人で仕事できるので気楽だと考える人が多いです …

肉体労働は高収入?デスクワークから肉体労働に転職するメリット・デメリット

デスクワークをしている人の中には、デスクワークに飽きてしまった人もいるのではないでしょうか。 身体を動かしている方が性に合っている、肉体労働の方が収入が多いのではないか、じめじめとした人間関係が嫌だな …

コンビニだけじゃない!ニートにもおすすめの深夜バイト5選

ニートの中には昼夜逆転してしまっていたり、昼間は人目があるので出歩きたくないと考えている人が多いと思われます。 そこで、深夜にできるバイトでニート脱出してみようかと考えている人も多いのではないでしょう …

仕事はしたい、でも怖い!ニートにおすすめの仕事と探し方

ニートであった時期を経て就職活動を始めた人にとって、初めのうちは組織の中で働くことのハードルが高く感じられるかもしれません。 心では仕事をしたい、働きたい、と思っていても中々どんな仕事が自分にできるの …

ニートにおすすめの派遣会社や仕事は?派遣会社を選ぶ時に見るべきポイント

ニートから就職活動を初めて、仕事を開始する際、派遣の会社を利用するメリットはどこにあるのでしょうか。 ここでは、派遣会社の種類や、どのような派遣会社を選べば良いのかを見ていきましょう。 目次派遣会社の …

大雑把な性格のニートに向いている仕事5選

ニートから脱出しようと思っているものの、大雑把な性格なのでまともに仕事ができないのではないかと不安に思っている人もいるでしょう。 たしかに大雑把な性格だと細かい作業には向いていないのですが、逆に、大雑 …

ニートでもカフェ店員はつとまる?大手カフェチェーンの採用条件を比較!

ニートの方にも喫茶店やカフェでのお仕事をしてみたい方もいらっしゃると思います。 この記事では、喫茶店でのお仕事や駅前によく見かけるカフェチェーン単位で比較した採用条件など紹介していきたいと思います。 …