ニートにおすすめの資格

ニートから中小企業診断士になるためには?業務内容や試験内容を紹介

投稿日:2017年3月21日 更新日:

中小企業診断士に興味を持っているニートの方も多いと思います。

国家資格ということもあり人気が高いですが、取得の難しい資格でもあります。

本記事では、中小企業診断士の業務内容や試験内容、資格取得後の仕事についてご紹介します。

中小企業診断士とは

中小企業診断士とは、中小企業の経営を診断し、適切なアドバイスをする専門家です。

企業の成長戦略を策定したり、その実行への道筋を作ることが主な業務です。

その他にも中小企業を行政や金融機関に紹介したり、行政が行う中小企業への施策を適切に活用するよう支援したりと、幅広い活動を行っています。

一般的なコンサルタント業務と変わらないように思えますが、公的な経営支援業務に関わることができる、コンサルタントとしての信用力が増す、中小企業診断士間でのコネクションを使うことができるなどのメリットがあります。

中小企業診断士になるには

中小企業診断士になるためには2つのルートがあります。

1つ目は、中小企業診断士第2次試験に合格し、一定期間実務に従事するか、実務補修を受講すること。

2つ目は、中小企業診断士第1次試験に合格し、中小企業大学校か、中小企業診断士養成課程の受講をすること。

中小企業診断士試験は一年に一度行われます。

年齢や学歴による受験資格の制限はありませんので、誰でも受験できます。

第1次試験では、経営学や財務会計、企業経営理論など、7つの科目を受験します。

科目合格性が導入されており、科目合格の期間は3年間となります。

試験の合格率は20%前後となっています。

20代職歴なしからでも就職したい方はジェイックがおすすめ!

↓今すぐ無料登録する

>> 高卒、大学中退者の就職支援にも強い!学歴ではなく人物重視の企業と面接ができる!就職ならジェイック!

第2次試験は第1次試験の合格者を対象に行われます。

事例に関する記述試験と面接での口述試験が行われます。

こちらも合格率は20%前後となっています。

第1次も第2次もそれぞれ合格率が20%ですので、最終的な合格率は4%ほどの狭き門となっています。

ただ、第1次試験合格後、大学校か養成課程の受講をする人が増えていますので、実質的には20%ほどの合格率となり、それほど難関ではありません。

試験勉強の時間はおおよそ1,000時間と言われています。

一日3時間でも一年間必要となりますので、しっかりとした準備を要します。

中小企業診断士の資格取得後につける仕事は?

中小企業診断士を取得すると、経営コンサルティングの知識をアピールすることができますので、様々な業界への就職が有利になります。

経営コンサルティングが不必要な業界は一つもありませんので、必ず良い評価を受けます。

特に40代までの中小企業診断士はそれほど転職市場に多くないので、就職しやすくなります。

独立開業をするという方法もありますが、やはり実務経験がないと難しいです。

強いコネクションが無い限りは、経験を積んでから独立するのが得策です。

なお独立開業した中小企業診断士の平均年収は700万円超となっています。

まとめ

中小企業診断士はいつの時代も無くてはならない職業です。

どの業界に就職するにも有利に働く資格ですので、ぜひ取得を検討してみてください。



職歴なしでもOK!20代の無職、フリーターが就職するならジェイックがおすすめ

20代で無職、フリーターのあなた、「もう自分はどこにも就職できない。どうしたらいいか分からない…」そう悩んでいませんか?

もしハローワークやその他一般的な転職エージェントなどで就活が上手くいかなかったあなたには、ジェイックをおすすめします。

ジェイックがおすすめな4つの理由

無職、フリーター、第二新卒、既卒などの若年層に特化

完全未経験から正社員に就職できる求人多数

・就職成功率80.3%、就職後の定着率94.3%

12000人以上の正社員支援実績

ジェイックは20代の無職、フリーター(高卒、大学中退者含む)の方が就職できることを目的にして作られたサービスなので、今まで普通の就職活動をしてきてチャンスがなかった人でも、逆転できる可能性があるのです。

ジェイックの利用はすべて無料なので、もし20代無職、フリーターを卒業したい!と思っている人は無料登録(30秒で完了)から始めてみてください。

↓無料登録はこちらから

>> 就職後も手厚いフォロー!就職後の定着率94.3%!就職ならジェイック!

-ニートにおすすめの資格

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Webエンジニアになるために必要、有利な資格はなに?

「社内システムのWeb化」など、自分が耳にしたことがある範囲内でも、既に様々なところで「Web化」が浸透してきていますよね。 Webエンジニアとは、Webに関しての幅広い知識やスキルを持ち合わせた人の …

ニートはWordの資格を持っていると有利?取得方法や活用できる仕事

会社で使用する書類を作る際、パソコンでの作成が主流となっているように、転職活動をするうえでPCスキルの有無、特にマイクロソフトオフィスに触れた事があるかどうかを面接の際に質問してくる企業は思っている以 …

ニートはTOEICで仕事の幅が広がる?TOEICで有利になる職種

「就職に有利」といわれて、TOEICを学生時代に受験したことがある人はいませんか? 英語が得意で、在学中に良いスコアを取ったという人もいるかもしれません。 私もこの記事を書きながら、「そういえば、私も …

ニートは専門学校に行けば就職が有利になる?資格の種類と自分に合った学校の探し方

ニートにとって、いきなり就職するのは少しハードルが高いかもしれません。 そこで、まずは専門学校に行って資格を取得しようと考える人も多いでしょう。 私もニートを脱出しようと、専門学校への入学を真剣に考え …

就職に有利な専門学校4つ!それぞれの特徴やおすすめポイントを紹介

就職活動を有利に進めるために専門学校へ入学する人が増えています。 近年では、専門学校でしっかりと知識を身に付けた人のほうが、即戦力として期待されてることがあるようです。 また資格取得を目指すにあたって …

CCNAを取得したニートはどこに就職できる?業務内容や待遇、年収

ニートの中には資格を取得して、就職活動を有利に進めようと考えている人も多いでしょう。 IT系に進もうと考えている人は、ITパスポートといった資格の取得を目指しているかと思います。 しかし、もっと専門的 …

ニートがガイドヘルパーになるための資格取得や待遇を紹介

ガイドヘルパーに興味を持っているニートの方も多いと思います。 今後、高齢者が増える中で、ますます需要が高まる仕事です。 本記事では、ガイドヘルパーの業務内容や資格取得の方法、待遇などをご説明します。 …

ニートが就職するのに簿記は活きる?何級を取るべき?

本稿では、簿記の資格に関しての情報を記載していきます。 また社会に出て簿記が使えるのはどの級からなのかという事を記載していきます。 沢山の人に読んでいただきたいと思っております。 目次簿記の種類に関し …

ニートは資格を取得してから就職するべき?資格取得のメリット6つ

資格取得してからニート生活を終わらせ、就職したいと考えている人もいるのではないでしょうか。 資格を取ってからでは遅いという趣旨の議題はここでは置いておきます。 ここでは、ニート期間に資格を取得すること …

ニートからでも行政書士になれる?資格取得後の選択肢

行政書士は、行政書士法に基づく国家資格であり、書類作成のプロフェッショナルです。 原則として行政書士試験に合格した人が、行政書士として業務を行うことができます。 この記事では、現在ニートの人がこの資格 …