ニートにおすすめの資格

ニートからフィナンシャルプランナーになるには?資格の取り方や気になる待遇を紹介

投稿日:2017年3月21日 更新日:

フィナンシャルプランナーはよく聞く言葉ですが、何をやっているか知らない人も多いと思います。

しかし、ニートでも簡単に取れる資格ですし、保険や証券、不動産など様々な業界の就職に役に立ちます。

本記事では、フィナンシャルプランナーの説明や資格の取り方、知識を活かせる仕事をご紹介します。

フィナンシャルプランナーとは

フィナンシャルプランナーとは、資金計画のスペシャリストです。

個人の収支や負債、家族構成、資産状況を基に、住宅や教育、老後などの将来のプランに沿った資金計画をアドバイスします。

フィナンシャルプランナーが対応する相談は様々です。

家計管理、教育資金、年金・社会保険、住宅資金、介護・医療費、相続など、お金が絡むことならどんなことでも相談に乗るというくらい幅広い分野に対応することができます。

もちろん、全ての相談を一人で応じるわけではなく、必要に応じて、弁護士や税理士、社会保険労務士、銀行、証券会社といった専門家達と協力して、満足度の高い資金計画を提示します。

フィナンシャルプランナーの資格を取るには

フィナンシャルプランナーとなるためには、FP技能士検定を受ける必要があります。

FP技能検定には3級から1級まであります。

1級、2級には受験資格があり、下位の級に合格しているか、一定年数の実務経験が必要となります。

3級は学歴、年齢、経験年数などに制限はなく、誰でも受験することができます。

3級は入門者レベルであり、資金計画やリスク管理などの基礎的な内容の理解が問われています。

2級になると、実務に欠かせないレベルの知識を問われます。

1級であれば、知識だけでなくスペシャリストとしての実務能力も必要となります。

試験は年に3回あります。

2,3級では、マークシート式と記述式の筆記試験が課されており、1級はそれに加えて口述試験があります。

合格基準は点数で決められており、試験の難易度によって合格率が変動します。

3級は50~70%、2級は35%前後、1級は10%前後となっています。

一般的に就職に有利とされるのは2級からです。

しかし、いきなり2級を受けることはできませんので、まず3級から取る必要があることを覚えておきましょう。

フィナンシャルプランナーがつける仕事とは

フィナンシャルプランナーの活躍の場は様々ですが、会計事務所や金融機関、不動産会社などが主となっています。

年収も様々で、200万~1,000万円まで幅があります。

ほとんどの人が企業内で働いているので、各企業の給与体系によって年収が決まります。

資格手当という形で、一般の社員とは違いを出している企業がほとんどです。

一方で、独立して事務所を持つフィナンシャルプランナーもいます。

相談料や顧問料で生計を立てますので、営業力とコネが必要になります。

頑張り次第では年収1,000万円越えも可能です。

まとめ

活躍の場が多いだけに、フィナンシャルプランナーは今後も必要とされる職業です。

難しい資格ではないので、気軽に受験してみてはいかがでしょうか。

 

>> 隙間時間まで勉強へ ファイナンシャルプランナー3級/2級講座【資格スクエア】

-ニートにおすすめの資格

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ニートが就職するのに簿記は活きる?何級を取るべき?

本稿では、簿記の資格に関しての情報を記載していきます。 また社会に出て簿記が使えるのはどの級からなのかという事を記載していきます。 沢山の人に読んでいただきたいと思っております。 目次簿記の種類に関し …

ニートはWordの資格を持っていると有利?取得方法や活用できる仕事

会社で使用する書類を作る際、パソコンでの作成が主流となっているように、転職活動をするうえでPCスキルの有無、特にマイクロソフトオフィスに触れた事があるかどうかを面接の際に質問してくる企業は思っている以 …

ニートが施設管理士になる方法!資格がなくてもなれる?

皆さんは施設管理士というお仕事を知っていますか? この記事では、施設管理士がどういうお仕事なのか、そして働くために必要な資格を修得する方法など紹介していきながら、ニートの方が施設管理士として就職するま …

仕事にもつながる!ニートにおすすめの勉強3つ

ニートから一歩踏み出す方法のひとつは、勉強に打ち込んで資格を取ることです。 私もニート中に簿記を勉強していました。 現実逃避と言われようが、人生に絶望していた私のかすかな希望が勉強でした。 そして社会 …

就職に有利な専門学校4つ!それぞれの特徴やおすすめポイントを紹介

就職活動を有利に進めるために専門学校へ入学する人が増えています。 近年では、専門学校でしっかりと知識を身に付けた人のほうが、即戦力として期待されてることがあるようです。 また資格取得を目指すにあたって …

TOEIC980点のハイスぺニートが就職できる職種、仕事は?

TOEICとは国際コミュニケーション英語能力テストの略で、世界共通の検定試験です。 この試験の特徴は合否制ではなく10〜990点の範囲で上下するスコアで評価される点にあります。 点数が高ければ高いほど …

持っていれば必ず就職できる資格はある?定番の資格5つ

ニートに限らず、資格を持っている人は就職に有利です。 なぜなら、資格は「その分野に関して、知識がある」ということを客観的に証明できるものだからです。 しかし、むやみやたらに資格を取るのはオススメしませ …

Webエンジニアになるために必要、有利な資格はなに?

「社内システムのWeb化」など、自分が耳にしたことがある範囲内でも、既に様々なところで「Web化」が浸透してきていますよね。 Webエンジニアとは、Webに関しての幅広い知識やスキルを持ち合わせた人の …

ニートはTOEICで仕事の幅が広がる?TOEICで有利になる職種

「就職に有利」といわれて、TOEICを学生時代に受験したことがある人はいませんか? 英語が得意で、在学中に良いスコアを取ったという人もいるかもしれません。 私もこの記事を書きながら、「そういえば、私も …

ニートからでも行政書士になれる?資格取得後の選択肢

行政書士は、行政書士法に基づく国家資格であり、書類作成のプロフェッショナルです。 原則として行政書士試験に合格した人が、行政書士として業務を行うことができます。 この記事では、現在ニートの人がこの資格 …