ニート向けの仕事一覧

ニートが飲食店でバイトする方法!業務内容、待遇、労働条件

投稿日:2017年6月23日 更新日:

ニートの中には、飲食店のバイトを始めてニートから抜け出したいと考えている人もいることでしょう。

飲食店のバイトは人出が不足しがちなので、ニートでも比較的受かりやすい職種です。

本記事では、飲食店でバイトしたいと考えるニートに向けて、飲食店での業務内容や、待遇や労働条件などをご紹介します。

飲食店の業務内容

飲食店と一口に言っても、その範囲は非常に広いです。

ファーストフードチェーン店、居酒屋、カフェ、食堂、レストラン、ビアガーデン、料亭など様々な職場があります。

大企業が運営しているものもあれば、個人のお店の場合もあります。

どれがニートに向いているということはありませんが、飲食店でのバイトの経験がないのであれば、ファーストフードや居酒屋のチェーン店でのバイトをおすすめします。

マニュアルがしっかりとしているので、業務内容を覚えやすいというメリットがあります。

飲食店の仕事内容は大きく分けて2つあります。

1. ホール

1つ目は、ホールです。

ホールは接客が中心となります。

客を席に案内したり、注文を取ったり、料理やお酒を運んだりすることが中心となっています。

コミュニケーションが重要な仕事にはなりますが、チェーン店の場合、特別な対応をする必要はないので、一度接客方法を覚えてしまえば、誰にでもできる仕事です。

ただし、居酒屋の場合は、酔った客の介抱といったことも仕事の一部となりますので、他の飲食店に比べてやや大変と言えるでしょう。

2. キッチン

2つ目は、キッチンです。

調理場に入って、調理や仕込み、皿洗いなどが主な仕事となります。

アルバイトを始めたばかりであれば、皿洗いから始まります。

そこから徐々に前菜調理、焼き調理、揚げ調理と徐々に調理の幅を拡げていくことが一般的です。

全く料理経験のない人は不安に感じているかもしれませんが、難しい料理をアルバイトに任せることはありません。

また、チェーン店ではほとんどが冷凍食品やレトルト食品での調理となりますので、料理の技術よりも調理手順を覚えることが中心になります。

個人経営の飲食店では、人出が足りないことが多く、ホールとキッチンの両方を任せられることもあります。

求人情報や面接での質問で確認しておくとよいでしょう。

飲食店のバイトの待遇、労働条件

飲食店のバイトは最低賃金とほとんど変わらないことが多く、他の業種よりも高いことはあまりありません。

深夜営業をしているファミレスや居酒屋などでは、午後10時以降から朝方にかけては、時給が25%アップするので、できるだけ稼ぎたいのであれば深夜を中心にシフトに入るのがよいでしょう。

また、交通費は全額または一部支給であることが多いです。

求人情報を見る際は、時給とともに交通費についても確認しておきましょう。

勤務時間は4時間から8時間、勤務日数は週23日程度というのが一般的です。

場所や業種にもよりますが、飲食店は週末に混雑することが多いので、週末にシフトを組まれることが多くなるでしょう。

飲食店のバイトでは食事補助、いわゆるまかないがあることが多いです。

食費が浮きますので、時給以上のメリットがあります。

また、会社によっては社員への登用制度も用意されていることもあります。

制服が貸与されることが多いので服装については特に問題ありませんが、髪の色や爪などは華美なものは避けなければなりません。

基本的には清潔感のある見た目が要求されますが、居酒屋だとかなり見た目の制限が緩くなっています。

ニートが最も気になるのは一緒に働く同僚かと思いますが、飲食店のバイトでは20代の学生やフリーターが主になっています。

とはいえ、30代のバイトもいないわけではありませんし、元ニートが働いていることもよくあります。

正直言って、人間関係については、バイトを始めてみなくてはわかりません。

まずはバイトを始めてみて、人間関係がきつい職場であれば、すぐに辞めて次を探した方がよいでしょう。

まとめ

以上、ニートに向けて飲食店のバイトの業務内容や待遇をご紹介しました。

飲食店のバイトであれば人出不足ですので、ニートでも採用されやすいです。

今後正社員になるにも飲食店でのバイト経験はプラスに働きますので、ぜひチャレンジしてみましょう。

-ニート向けの仕事一覧

執筆者:

関連記事

ニートが採用されやすいIT系企業の特徴、見分け方

ニートが採用されやすいIT系企業の特徴や見分け方のご説明をします。 ニートが採用されやすいIT企業の特徴は俗にいう「ブラック企業」が大半となってきてしまいます。 ブラック企業というのは人件費を安く圧縮 …

ニートからトラック運転手に就職する方法・待遇は?必要な資格はある?

ニート生活からそろそろ抜け出そうと思い、求人サイトを見ていて、「トラック運転手」の募集が気になった人もいるのではないでしょうか。 運転が好きだったり、以前からトラック運転手の職に興味があったりする人だ …

ニートが大工として就職する方法、待遇や年収は?

ニートの中には大工になりたいと考えている人もいることでしょう。 手に職を持っているので安定感がありますし、大きな物件を作り上げるという達成感を味わうことができます。 しかし、ニートは大工になるにはどう …

ニートには中小企業の就職がおすすめ?メリットやデメリット

ニートに限らず、誰もが「良い職場で働きたい」と思いますよね。 公務員や大企業であれば、安定しているので皆そこに就職したいと考えます。 しかしそれらに就職できるのは、ごく一部の人です。 なので、ニートの …

コミュ力向上!接客業の種類を主な3つの仕事を例に紹介

求人の中で最も多く目にするのが、「接客業」ですよね。 しかしニートの中には、「人と接するのは苦手だ」と敬遠しがちです。 確かに、接客業は様々な人と関わる職種です。 では、接客業の種類はどのようなものが …

これならニート脱出できる!楽で楽しい仕事5選

仕事というと、きつくてつらいのが当たり前と思っている人が多いのではないでしょうか。 たしかにほとんどの仕事はその通りなのですが、探してみれば楽で楽しい仕事も意外と見つかるものです。 ニートをしている人 …

ニートにとっての住み込みバイトのメリット、就職、活用方法

住み込みバイトの特徴として、会社が寮等の住まいを用意してくれるということがあります。 例を挙げると、リゾート施設を経営している会社の場合、交通機関が不便な場所にあることが多いです。 その為、繁忙期の人 …

未経験歓迎の求人はニートからでも受ける事ができる?ニートでも採用される業界3つ

求人を見ていると、未経験歓迎といった文言をよく目にします。 専門的な知識が必要そうな仕事でも、そういった文言は珍しくありません。 そうした求人は本当に未経験の人材を採用してくれるか、職歴の無いニートで …

警備員はかなり深刻な人手不足?給料や仕事内容を紹介

慢性的な人手不足となっている仕事として代表的なものに警備員があります。 仕事内容から体力仕事というイメージがどうしても消えない警備員の仕事は、敬遠してしまう人も多くいます。 本ページでは、警備員が現在 …

疲れない仕事はある?肉体、精神、人間関係で疲れない仕事を5つずつ紹介

仕事をするなかで、さまざまなストレスから疲れを感じる人が増えています。人によって肉体的な疲れであることもあれば、精神的な疲れであることもあります。 当記事ではこれから「疲れない仕事」を探そうとしている …