ニートの就活のやり方

簡単な3ステップ!自分にあった仕事の見つけ方、選び方

投稿日:2017年10月1日 更新日:

高い志を持って入社したものの、やりたくない仕事ばかりを回された結果、ニートになってしまった人も多いでしょう。

そもそも、どんな仕事が自分に合っているのかわからずに就職活動を始めることもできないニートもいると思います。

ニートに限らず、今働いている人でも適職に就けずに悩んでいる人は数多くいます。

では、どうすれば自分にあった仕事を見つけることができるのでしょうか。

本記事では、3つのステップで自分に合った仕事を見つける方法をご紹介します。

1.自分の好きなことをリストアップする

いろんな仕事を体験して適職を探すのも一つの方法でありますが、それではあまりに時間がかかってしまいますし、体力的、精神的にもきついものがあります。

ある程度、方向性を固めた上で実際に働けば、効率的に適職を探せます。

まず行うべきことは、自分の好きなことをリストアップすることです。

自分にあった仕事が見つからないと考えている人の中で、自分の好みを正確に把握している人はそれほど多くありません。

ですので、いざ仕事を探そうとなっても選ぶ基準がないので、行き当たりばったりの就職にして、再び合わない仕事に従事することになってしまいます。

好きなことはどんなことでも構いません。

今までの仕事で好きだった作業ややりがいを感じたことはもちろんのこと、趣味や単なる好みでも良いです。

どんな小さなことでも良いので、どんどんリストアップしてみてください。

リストアップしたら、仕事になりそうなものをピックアップします。

そこから職業を連想してみましょう。

例えば、動物に関するものが多ければ、トリマーや飼育員、獣医師、ペットショップ店員などが浮かびます。

浮かんだ職業が適職に近いものです。

少しでも関連があれば、どんどん書き出していきましょう。

2.やりたくないことをリストアップ

今度は、やりたくないことをどんどんリストアップしていきます。

立ちっぱなしはきつい、コミュニケーションが多い仕事は嫌だ、数字の計算は避けたいといったことをリストアップしたら、今度はその理由を一つずつ考えていきます。

そうすることで、より具体的にやりたくないことが理解できるようになります。

それから、1.で連想した職業と、やりたくないことを照らし合わせます。

例えば、トリマーや飼育員、獣医師、ペットショップ店員を連想していたとして、立ちっぱなしの仕事は嫌だと感じているなら、ペットショップ店員は向いていないことになります。

このようにして、やりたい職業を絞っていきます。

3.仕事のメリット、デメリットを考えてみる

1でやりたい仕事を絞ることができたら、残った仕事について、それぞれメリットとデメリットを考えてみましょう。

給与などの待遇、勤務時間や残業といった労働環境、その職業へ就くための難易度、転勤の有無など様々な側面から、出来る限り多く挙げて下さい。

もちろん、実際にその職に就いたわけではないのでわからないことも多いかと思いますが、ネットでその職業について調べるなりして、出来る限り情報を集めましょう。

メリットとデメリットを挙げたら、仕事同士で見比べましょう。

給与は安いけど休みがとりやすい、就くには資格が必要だけど給与は高い、残業はほとんどないけど転勤が多い、などそれぞれの仕事に特徴が見えてくると思います。

あとは特徴を見比べて、どの仕事を目指すべきかを決めましょう。

ポイントとしては、デメリットに目をつぶってでも欲しいメリットを探すことです。

デメリットが全くない仕事は存在しませんので、デメリットを帳消しにするほどのメリットがあることが大切になります。

まとめ

3つのステップで適職を探す方法をご紹介しました。

適職を見つけたら、あとは行動に移すのみです。

その職に就けるよう、資格取得や就職活動を頑張りましょう。

-ニートの就活のやり方

執筆者:

関連記事

30代後半から就職活動を考えている人へのアドバイス5つ

歳を重ねれば重ねるほど「就職活動は難しくなっていく」と、聞き飽きるほど聞いてきたと思います。 しかし、実際に自分自身が聞きたいことって、「就職したいから具体的にどうしたら良いのかな」ということですよね …

アルバイト経験なしからの就活で注意する3つのこと

正社員での経験どころか、アルバイトの経験もないニートの方は数多くいます。 ずっと引きこもっていたニートはもちろんのこと、資格試験や公務員試験の勉強をしていたが結果合格する事ができずに諦めたニートもいる …

「ニートは就職できない」と言われる理由と対処法4つ

「ニートが就職できる訳がない」「ニートは就職しづらい」なんて、周りに言われた経験はないでしょうか。 もしくはそう言っている人を見た、そんな情報をどこかで見たという人もいると思います。 しかし、それは言 …

会社を退職してニート生活へ…転職はいつ始めればいい?求人サイトを使った転職活動

体調不良や人間関係で会社を退職して、しばらくゆっくりしようとニートになった人は数多くいるでしょう。 最初こそ開放感に浸って精神的に安定するのですが、だんだんとニートであることに不安を感じてきて、再就職 …

ニートにできる仕事はない?自信を持つための方法とおすすめの仕事

社会復帰を目指すニートでも、いざ仕事を探すとなると、自分にできる仕事がないと不安になって、結局ニートのまま過ごしている人が数多くいると思います。 しかし、本当にできる仕事がないのでしょうか。 世の中に …

20代ニートが社会復帰するために踏むべきステップ3つ

20代ニートというと、「ああ、最近若い奴でも無気力で働きたくないとか言い訳してるやついるんだよな」と普通の人は思うでしょう。   しかし、現役20代ニートにしてみるとこんなのは 「時代が俺に …

転職活動にブランクのある方必見!最低限おさえるべき就活マナーを紹介

お仕事をしていない期間が続き、いざ転職活動をしようと思い立ってみたはいいものの、どう行動すればよいのか、失礼に当たらないのかというのは案外分からなかったりしますよね。 この記事は転職活動にチャレンジし …

低学歴ニートは穴場企業を狙え!おすすめの就職活動の仕方、気をつけるべき話し方

就職活動と学歴は切っても切れない関係にあります。 大手企業であれば、やはり難関大学の学生を多く採用したいと考えるものです。 そのため、学歴フィルターがかけられて、低学歴では説明会すら予約できないといっ …

働きたいのに仕事がないニートが実践すべきこと3つ

ニートをしている誰もが仕事をしたくないわけではありません。 ニートから脱出したいと考えて仕事を探しているものの、なかなか自分にできる仕事が見つからない人も数多くいます。 ニートからの就職は困難が伴うも …

無料で利用できる!引きこもりやニートのための支援サービス8つをご紹介

長いことひきこもりやニートをしていると、社会とのつながりが断たれ、社会復帰が難しくなることがあります。 そういった人たちが社会に出たいと思った時には、コミュニケーションスキルが足りない、技術がない、自 …