ニートの就活のやり方

低学歴ニートは穴場企業を狙え!おすすめの就職活動の仕方、気をつけるべき話し方

投稿日:2017年5月12日 更新日:

就職活動と学歴は切っても切れない関係にあります。

大手企業であれば、やはり難関大学の学生を多く採用したいと考えるものです。

そのため、学歴フィルターがかけられて、低学歴では説明会すら予約できないといったことも珍しくありません。

そうした事情から、高学歴の人と同じように就職活動をしても、低学歴の人は内定をもらうことはできません

ですので、低学歴ニートには低学歴ニートなりの就職活動の方法をしていきましょう。

本記事では、低学歴ニートの人が就職活動をする際のおすすめの方法をご紹介します。

競争の少ない穴場企業を選ぶ

就職活動になると、CMをやっているような有名企業や、学生からの人気ランキングの上位企業から受けてしまいがちです。

しかし、ランキング上位の企業は高学歴を欲しがっており、低学歴ニートは門前払いということも多いので、エントリーシートを書いたり、説明会に出たりする時間が無駄になりがちです。

無駄な時間を過ごしているうちに、就職活動はどんどん長引いてしまい、最悪の場合、どこからも内定をもらえないでしょう。

そこで、低学歴の人は受ける企業をしっかりと選ぶ必要があります。

どうやって業界や企業を選べばよいのか、3つの方法を下記します。

1. 人気ランキングに載っていない企業

1つ目は、人気ランキングに載っていない企業です。

多くの人が人気ランキングを参考にしており、掲載された企業を受けます。

人気のある企業=良い企業と思っているからです。

実際は、人気のある企業は広告料を多く出せる企業であって、良い企業であるかは別問題です。

ランキングに掲載されていない企業でも、実力がある企業はたくさんありますので、企業のホームページを覗いたり、説明会に参加したりと企業研究をしっかり行いましょう。

2. BtoBのマイナー企業

2つ目は、1つ目に近いですが、BtoBのマイナー企業です。

BtoBの企業とは、企業間の取引が主となる企業のことです。

相手が企業なので、あまりCMをしないので、一般的にはマイナーです。

しかし、その業界での知名度は高く、非常に高いシェアを誇っていることも珍しくありません。

例の一部を挙げれば、部品メーカーや化学メーカーが当てはまります。

3. 大企業の子会社

3つ目は、大企業の子会社です。

多くの人が大企業を目指しますが、その子会社まで目を付けている人は非常に少ないです。

親会社よりは待遇は若干落ちますが、それでも高い水準の待遇であることが多いという穴場的な就職先です。

業界や企業の選び方をご紹介しました。

この3つの方法を最初から実践していけば、良い就職につながる可能性が高まります。

次の項目では、より可能性を高めるために、就職活動で注意すべき話し方について確認します。

低学歴ニートが気を付けるべき話し方

低学歴の学生の多くが、面接では饒舌です。

高学歴に負けまいと張り切ることが多く、どんどんと喋ってアピールしようとします。

そして、多くの場合空回りしてしまっており、面接での評価を下げるのです。

面接で大事なことは、聞かれたことに適切に答えることです。

自分の言いたいことをだらだらと喋ることはマイナス評価になります。

面接を上手くこなす話し方のポイントは2つあります。

1. 聞かれたことだけ答える

1つ目は、聞かれたことだけを答えることです。

しっかりと説明したいがゆえに、長く答えがちになってしまいます。

しかし、長ければ長いほど焦点がぼやけて、何を言いたいのかわからなくなります。

一つの質問に対して、1,2文で答えるようにすれば焦点がはっきりして、ちゃんと面接官に伝わるでしょう。

2. 結論から話す

2つ目のポイントは、結論から話すことです。

社会人になると当たり前なのですが、結論を先に話してからその理由を説明します。

面接官も当然、その話し方に慣れているので、時系列順に話をされるともどかしさを感じてしまいます。

高学歴の人は、受験勉強の論述で既にこの話し方に慣れていることが多いです。

ですので、差を付けられないように、結論から話すことを意識しましょう。

難しいことはありません。

「どうして~~なのですか?」と問われれば、「○○(結論)だからです。なぜなら~~」といったように、理由が複数あるなら、「○○(結論)だからです。理由はつあります。1つ目の理由は~~」といったように答えるだけです。

結論から話すことを意識して練習しましょう。

まとめ

以上、低学歴の人が就職活動をする際におすすめできる方法をご紹介しました。

企業選びは高学歴の人達が行かないところを狙い、面接では高学歴ばりの話し方で対応すれば、実りある就職活動になることでしょう。

ぜひ参考にしてみてください。

-ニートの就活のやり方

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

バイトが怖いニートは何から始めるべき?今日からできる3つのアドバイス

ニートから脱出するために、まずはバイトを始めようと考えているニートは多いと思います。 しかし、バイトは人と関わることも多いので、恐怖を感じているニートも少なくありません。 本記事では、バイトが恐いニー …

初めてハローワークに行くニートの人が知っておくべきこと

働く意欲が湧いてきたことを周りに告げたら、「ハローワークへ行ってみたら?」と言われた人もいるのではないでしょうか。 ハローワークへ行ってみようと考えているけれど、実際ハローワークってどんなところだろう …

ニートに正社員は無理?20代、30代別の就活戦略

ニートが社会復帰をするには、まずアルバイトから、と決めつけていませんか? ニートからいきなり正社員はハードルが高いと考えていたり、これからの人生は非正規雇用で生きるしかないと思い込んでいたり、過度に卑 …

公務員試験に落ちたらどうする?就活の進め方

公務員試験に落ちたら、早めに次の行動を起こしましょう。行動を起こすのが遅くなると、チャンスを見逃しやすいので注意が必要です。5年後、10年後に後悔することがないように、早めに気持ちを切り替えましょう。 …

アラサー無職からの就職活動で大事なポイント4つ

アラサー無職が今から就職活動してもはたして間に合うのだろうか。 いろいろと不安な気持ちが募ると思います。 実際20代に比べると、アラサーの就職活動は厳しい戦いになることは間違いないでしょう。 しかし、 …

本当に良い職場とは?良い職場の特徴とブラック企業の特徴やその見分け方をご紹介

厚生労働省が発表した「平成 29 年雇用動向調査結果の概況(平成30年8月)」によると、離職率は約15%で、定年や待遇面以外の離職理由で最も高かったのは「職場の人間関係が好ましくなかった」というもので …

【チャンスあり】アルバイトから正社員になるきっかけやパターン5つ!

企業のなかには、労働力を安定的に確保したいなどの狙いからアルバイトを正社員に登用する取り組みを積極的に行っているところがあります。 ただ、それらの企業においても、人によっては早い段階でアルバイトから正 …

ニートが話しやすい職場の3つの特徴と探し方

どんな仕事でも少なからずコミュニケーションを取らなくてはいけません。 しかし、多くのニートはコミュニケーションを取るのが苦手であり、コミュニケーションが就職によるニート脱出の障壁になっています。 です …

バックパッカーから就職はできる?面接でのアピールポイント、経験を活かせる仕事

仕事が辛くなると海外で自由に過ごしたいなんて気持ちが湧いてくることがあります。思い切って仕事を辞めて、バックパッカーとして気ままに過ごしたいなんて思うかもしれません。 ただ一度人生をドロップアウトして …

働きたいのに仕事がないニートが実践すべきこと3つ

ニートをしている誰もが仕事をしたくないわけではありません。 ニートから脱出したいと考えて仕事を探しているものの、なかなか自分にできる仕事が見つからない人も数多くいます。 ニートからの就職は困難が伴うも …