未分類

専業主婦(ニート)からパートを探す方法、おすすめのパート3つ、よくある面接の質問

投稿日:2017年6月26日 更新日:

 

専業主婦をしている人の中には、ほとんど職歴がなく、ニートと変わらない状況の人が少なからずいます。

そうした人がパートを始めようと思った時、何から始めたらよいのか、どんなパートを選べばよいのかわからず、戸惑ってしまうことでしょう。

本記事では、ほとんど職歴の無い主婦に向けて、仕事の探し方や面接での質問例や解答例についてご紹介します。

専業主婦がパートを探すには?

パートを探す際にまずやるべきことは、どんな仕事をやりたくて、どんな労働条件で働き、月にどれだけ稼ぎたいのかを決めることです。

世の中には数多くのパートの仕事があります。

あまりに多いので、自分が考えた条件にしたがって、候補を絞っていかなくてはいけません。ですので、自分の希望を具体的に考えていく必要があります。

もちろん、全ての希望が叶うとは限りません。

そこで、順位付けをしましょう。

給与が優先なのか、仕事が優先なのか、週に2日だけ働くことを優先するのか、といったことを決めて、どの点なら妥協できるのか考えておきましょう。

パートの希望条件を決めたら、早速パートを探しましょう。

探し方は大きく分けて3つあります。

店頭の張り紙、求人情報誌、求人サイト3つですが、どれを利用しても問題ありません。

働きたいお店が決まっているなら店頭の張り紙がよいですし、たくさんの求人を見て吟味したいのであれば求人情報誌や求人サイトを利用するとよいでしょう。

闇雲に求人を見ていくのは大変ですので、自分が決めた希望条件で絞って検索をしましょう。

主婦におすすめのパート3選

特に希望はないけど、少しでも家計の足しにしたいと考えている主婦もいるでしょう。

そうした方のためにおすすめのパートをご紹介します。

1. コンビニ・スーパーのスタッフ

まず、おすすめしたいのはコンビニ、スーパーのスタッフです。

レジや品出しが業務の中心になります。

重労働ではないですし、専門知識も必要ないですので時給は低めですが、同じような境遇の主婦の方が多く働いているので、働きやすい環境が出来上がっていることが多いです。

2. 受付事務

次に、クリニックやフィットネスの受付業務です。

電話応対やお客様の対応が主な業務で、コミュニケーション能力が重要なお仕事です。

こちらも重労働ではなく、専門知識も必要ないので時給は低めですが、肉体的負担がほとんどないので、体力に自信が無くても働けます。

3. 軽作業スタッフ

工場や作業場での軽作業スタッフもおすすめです。

場所によって業務は様々ですが、商品の梱包や仕分け、清掃や運搬などが業務となります。

簡単な作業なので覚えることはありませんが、身体を動かす仕事が主になりますので体力は使います。

その分時給はやや高めであることが多いです。

よくある面接での質問・回答例3つ

どのパートにするか決めたら、パート先に連絡して、面接の日程を調整します。

ほとんど職歴の無い主婦にとって、面接を受けるのは非常に不安を感じることでしょう。

そこで、面接でよく聞かれる質問とその回答例をご紹介します。

Q.どうしてパートを始めようと思いましたか?

A.主人の給与に不安を感じたためです。

子供の習い事や将来の学費の事もあるので、自分も働いて少しでも家計の足しにしようと考えました。

また、人と話すことが好きなので接客の仕事をやってみたいと思いました。

正直に答えれば良いのですが、前向きな理由も付け加えるとやる気をアピールできます。

Q.あなたの長所、短所を教えてください。

A.長所は、地道にコツコツと目標達成のために努力できることです。短所は集中し過ぎて周りが見えなくなることで、対策として集中し過ぎた時こそ周囲を見渡して状況を確認する様にしています。

長所と短所が矛盾しないように答えましょう。

また、短所は改善策も付け加えるとよいでしょう。

Q.どれくらいシフトに入ることができますか?

A.子供が学校に行っている間に働きたいと考えていますので、平日の10時~15時、週に34回程度を考えています。

正直に答えましょう。

できる限り多くのシフトに入れると、印象がよいです。

志望動機については、それほど重要視されません。

ですので、堅苦しい理由は必要ありません。

このお店の商品が好きだから、いつも利用していて感じの良いお店だと思ったので、といった理由でも問題ありません。

家から近くて通いやすいので、というのも立派な理由になります。

難しく考えすぎずに正直に答えると良いでしょう。

まとめ

職歴の無い主婦でもパートで働き始めることは可能です。

ぜひ本記事を参考にして、パートを始めてみてください。

-未分類

執筆者:

関連記事

大学中退フリーターが正社員に就職する方法!転職サイトはおすすめ?

大学進学率が5割を超える現在、大学生の数が増えるにしたがって、中退者数も増えています。 中退した人のその後は様々ですが、フリーターとして生活している人がかなりの数います。 不安定な雇用ですので、正社員 …

ニートの就職に学歴は必要?高学歴、低学歴のそれぞれのメリット・デメリット

社会に出れば学歴なんて関係ないと言われますが、実際、世の中はまだまだ学歴社会です。 そうなると、ニートからの就職において、学歴がどう影響するのか気になると思います。 学歴は高くても低くても、ニートの就 …

転職に失敗して無職になってしまった人へのアドバイス3つ

新卒が3年以内で離職する割合はおよそ3割。 つまり、少なくとも3割の人が転職を経験することとなります。 誰もがより良い待遇を求めて転職するのですが、実際に転職してみるとよりひどい労働環境であることがわ …

ニートが就職相談できる施設やサービス4選

  ここでは、私が知っているニートが就職相談できる施設やサービスなどを自身のエピソードを交えてご紹介していきます。 この記事を読んでおられるニートの皆様にとって少しでも参考になれば嬉しいです。 目次ハ …

10年間ニートだった人が就職を成功させるための戦略3つ

ニート歴がずるずると延びて、いつの間にか10年経っていたというニートも数多くいることでしょう。 ニートを脱出するため、いよいよ就職活動を始めようと思った経緯は、親が退職したり、家から追い出されたり、ニ …

零細企業とは?メリット・デメリット、合っている人・合っていない人を紹介

日本は企業社会と言われ、日本全体の会社数は2019年現在で421万社。 この中で大企業の数は約1.2万社。残りの約419.8万社が零細企業や中小企業です。 つまり、日本全体で考えると実に99.7%が中 …

自己分析が大事!ニートやフリーターの仕事の見つけ方

自分に合った仕事を見つけるのは簡単ではありません。 ブランクが長いニートや就活経験の少ないフリーターにとっては更に難易度が上がります。 学生と比べて自分を受け入れてくれる企業があるかという不安感は大き …

バイトが怖いニートは何から始めるべき?今日からできる3つのアドバイス

ニートから脱出するために、まずはバイトを始めようと考えているニートは多いと思います。 しかし、バイトは人と関わることも多いので、恐怖を感じているニートも少なくありません。 本記事では、バイトが恐いニー …

コミュ力を高めたい!人見知りを克服できるアルバイト5選

内気な日本人は人見知りのイメージが強く思われますが、人見知りは万国共通です。 フレンドリーに思われる外国人にも人見知りの人はいます。 しかし、日本は他の国に比べ不安が強い人が多く、人見知りをしてしまう …

働きたいニート女子への4つのアドバイス

「訳があってニート生活を送っていたけれど、ここ最近働く意欲が湧いてきた」という女性も多いのではないでしょうか。 働きたいと思ったのには、自分の中に何かの目的意識が生まれたからだと思います。 働きたくな …