高卒ニートの就職

高卒ニートでも公務員試験を受けられる?大卒程度試験の試験内容とは?

投稿日:2017年5月3日 更新日:

高卒でニートをしている人の中には公務員になりたいと考えている人もいることでしょう。

しかし、公務員試験を受けることができるのかよくわからず、高卒や年齢がネックになると決めつけて、調べることもせず諦めてしまってはいないでしょうか?

本記事では、高卒ニートでも公務員試験を受けることができるのかということについて見ていきたいと思います。

20代職歴なしからでも就職したい方はジェイックがおすすめ!

↓今すぐ無料登録する(30秒で完了)

>> 高卒、大学中退者の就職支援にも強い!学歴ではなく人物重視の企業と面接ができる!就職ならジェイック!

高卒向けに公務員試験の概要を解説

公務員は、国家公務員と地方公務員の2種類あり、それぞれ採用試験が違います。

どちらとも、総合職や一般職、各種専門職などとさらに試験が分かれています。

その試験は誰でも受けることができるわけではなく、院卒、大卒、高卒、社会人経験者といったように受験資格も分かれています。

ここからは高卒に絞ってご説明します。

高卒が受けられる国家公務員では、主に事務処理を行う一般職、刑務官や税務職員といった専門職、裁判所職員や衆参議員事務局職員といった特別職の三種類があります。

地方公務員では、行政や学校の事務を担当する事務系、電気や機械、土木などの専門知識を生かす技術系、警察官、消防官があります。

次に試験の概要をご紹介します。

国家公務員の場合は、まずペーパーテストの一次試験があり、合格者のみ面接や性格検査の二次試験を受験し、トータルの得点で試験合格が決まります。

合格後、官庁訪問をし、省庁での面接をクリアして、ようやく公務員になることができます。

地方公務員の場合は、各自治体によって試験の内容は違いますが、オーソドックスなもので言えば、ペーパーテストの一次試験、面接の二次試験で合否を決することが多いです。

ほとんど国家公務員試験と同じですが、面接をより重視している自治体が多いです。

高卒でも公務員試験を受けられる?

高卒での公務員試験の概要はご理解いただけたかと思います。

では、高卒のニートでも公務員試験を受けられるのかについてご紹介します。

問題は年齢です。

国家公務員でも地方公務員でも年齢制限があります。

20代無職からホワイト企業に就職したいならジェイックがおすすめ!

↓今すぐ無料登録する(30秒で完了)

>> 優良企業20社と書類選考ナシで面接ができる就職イベントを開催!就職ならジェイック!

まず、国家公務員についてですが、刑務官のように28歳まで受験できるものもありますが、ほとんどは高校卒業後25年以内で制限されています。

つまり、ほとんどは2023歳あたりで受験ができなくなってしまいます。

地方公務員ですが、高卒程度試験であれば、20歳程度で制限されています。

こうしてみると、長期間ニートであった人は受験できないと思われるでしょう。

しかし、抜け道があります。

大卒程度試験を受験するのであれば、年齢制限が一気に30歳程度まで上がります。

大卒程度試験は20歳以上であれば受験できます。

ただし、大卒程度試験は高卒程度試験に比べて、教養試験だけではなく専門科目の勉強もしなければなりませんので、ハードルは高くなります。

高卒ニートが大卒程度試験を突破するには?

大卒程度試験の勉強時間は1,000時間から1,500時間かかると言われており、期間で言えば半年から1年程度となります。

ただし、これは大卒の人の勉強時間ですから、高卒のニートではもっと時間がかかると考えてよいでしょう。

ですので、期間を長めに設定しておく必要があります。

科目数も非常に多く、教養試験では、現代文や英文、判断推理に数的推理、法律、政治、物理、化学など幅広い分野から出題されます。

さらに、専門科目では、政治学や行政学、ミクロ・マクロ経済学や民放などから出題されます。

とにかく科目が多いですし、範囲も広いです。

こうした場合は満遍なく勉強する必要があるのですが、理解に時間のかかる主要科目から一通り勉強しましょう。

主要科目は教養試験では数的処理、専門試験では憲法、民放、行政法、経済原論となります。

優先順位を意識しましょう。

勉強の期間を長めに設定する、主要科目を優先的に勉強することが大卒程度試験を突破するコツになります。

まとめ

高卒のニートでも公務員試験を受けることはできます。

しかし、大卒程度試験を受けなくてはいけないので険しい道のりになります。

勉強期間をしっかりと取り、優先順位をちゃんと設定すれば、決して不可能な試験ではありませんので、公務員になりたい方はぜひチャレンジしましょう。

>>ニートが公務員試験を受ける方法!合格確率、面接の内容は?


職歴なしでもOK!20代の無職、フリーターが就職するならジェイックがおすすめ

20代で無職、フリーターのあなた、「もう自分はどこにも就職できない。どうしたらいいか分からない…」そう悩んでいませんか?

もしハローワークやその他一般的な転職エージェントなどで就活が上手くいかなかったあなたには、ジェイックをおすすめします。


ジェイックの無料登録はこちら

>> 高卒、大学中退者の就職支援にも強い!学歴ではなく人物重視の企業と面接ができる!就職ならジェイック!

ジェイックがおすすめな4つの理由

無職、フリーター、第二新卒、既卒などの若年層に特化

完全未経験から正社員に就職できる求人多数

・就職成功率80.3%、就職後の定着率94.3%

12000人以上の正社員支援実績

ジェイックは20代の無職、フリーター(高卒、大学中退者含む)の方が就職できることを目的にして作られたサービスなので、今まで普通の就職活動をしてきてチャンスがなかった人でも、逆転できる可能性があるのです。

ジェイックの利用はすべて無料なので、もし20代無職、フリーターを卒業したい!と思っている人は無料登録(30秒で完了)から始めてみてください。

↓無料登録はこちらから

>> 就職後も手厚いフォロー!就職後の定着率94.3%!就職ならジェイック!

-高卒ニートの就職
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

           

あなたにおすすめの記事

関連記事

男女問わず!高卒でもできるおすすめの仕事一覧

大学・短大・専門学校進学率が70%を超える現在、だんだんと進学するのが当たり前になっています。 高卒での正社員就職率は高い水準になっています。 しかし、卒業直後のタイミングを逃したり、就職先を辞めてし …

高卒女性におすすめ!人気の仕事ランキングトップ10

就職活動の際に学歴が求められることがあるため、高卒の女性は就職が難しいと思われがちです。けれども、職種によっては学歴に関係なく、能力次第で大きく稼ぐことができます。 特に高校卒業後すぐに就職する場合は …

サポートが厚い!高卒から正社員への就職に強い求人サイト3つ

就職サイトにはいろいろなタイプがあり、ハイレベルな企業から高卒でも採用されやすい職業を扱うサイトまで種類が豊富です。 高卒で就職を考える場合は、なるべく高卒向けの求人情報を扱うサイトを使うことが大切で …

高卒には製造系と事務職どちらがおすすめ?それぞれメリットとデメリットを紹介

製造業と事務業では、どちらが高卒に向いているのでしょうか。 性別や性格によっても向き不向きはありますが、ここでは高卒でも就きやすい仕事として知られる製造業と事務業の特徴やそれぞれのメリット、デメリット …

高卒で大手企業への転職は厳しい?好条件で入る方法と待遇が良い業界

CMがよく流れている、あるいはニュースでよく見るような大手企業に憧れを持っている人も多いでしょう。 実際、その憧れから大手企業への転職を考えている人もいると思います。 大手企業に転職を考えた時、自分の …

高卒の初任給の平均はいくら?高卒で大企業と大卒で中小企業どっちが良い?

  大学へ進学せず、最終学歴が高卒のまま社会へ出る人も多いですよね。 商業高校や工業高校などで専門スキルを身に付け、就職を視野に入れて高校へ行った人も少なくないと思います。 20代職歴なしか …

高卒で異業種に転職できる?オススメの準備と仕事の探し方

高卒で一旦就職した後、異業種への転職はできるのでしょうか。難しいイメージもありますが、下準備や業種によってはそれほどハードルは高くありません。 まずは高卒で異業種に転職したい場合のポイントや、転職前に …

学歴なんて関係ない!高卒におすすめの就職先10選

7割以上の人が高校卒業後に進学している現在ですが、高卒からの就職も依然として多くあります。 しかし、求人を見れば、大卒以上という条件がついたものが目立ち、高卒にとっては就職や転職は大変なものとなってお …

ハローワーク以外でできる高卒からの就職活動の方法7つ

高校生が就職活動をするなら、ハローワークで仕事を探そうと思う方も多いのではないでしょうか。無料で利用でき、年齢に合った条件で仕事を探すことができます。 しかしハローワーク以外で高卒者が仕事を探そうと考 …

高卒からでも高収入を目指せる資格3つ!難易度、有利になる職場、年収は?

最初から高校を卒業したら働きに出ると決めていたなど、大学へ行く選択肢がなかった人もいるでしょう。 しかし、いざ社会へ出てみたら、最終学歴が大卒の人のほうが給料が良かった、なんてこともありますよね。 と …