高卒ニートの就職

高卒の初任給の平均はいくら?高卒で大企業と大卒で中小企業どっちが良い?

投稿日:2017年8月9日 更新日:

 

大学へ進学せず、最終学歴が高卒のまま社会へ出る人も多いですよね。

商業高校や工業高校などで専門スキルを身に付け、就職を視野に入れて高校へ行った人も少なくないと思います。

職歴なし(34歳まで)からでも就職したい方はジェイックがおすすめ!

↓今すぐ無料登録する(30秒で完了)

>> 高卒、大学中退者の就職支援にも強い!学歴ではなく人物重視の企業と面接ができる!就職ならジェイック!

という訳で、ここでは高卒の初任給の平均、または最高額、その他の項目などについて書いていきます。

高卒の平均初任給

地域や職種など、勤めている会社により、もちろん給与には差が生じます。

地域により、最低賃金などの設定も違うので、これは当然ともいえますね。

高卒の平均初任給は平均16万前後です。

また、社会保険などを差し引いた手取り額は13~14万ほどとなります。

高卒の最高初任給

気になるのは高卒の最高初任給で、どのくらい貰えるのだろうか、という点だと思います。

もちろん、初任給が「こんなに貰えるの?」というくらい、高い会社も存在します。

しかし、1つ覚えておいてほしいことがあります。

目先の利益や金額だけ追って、後悔してほしくないからです。

求人に表示されている初任給金額は、基本給として表示されているでしょうか。

そうでない場合は、残業代などが含まれた表示である可能性があります。

つまり、その分、朝から晩まで残業ありきで働く形態の企業や業種ということでしょう。

また、昇進に応じて、給与が上がっていく会社であるかどうかというのも、そこで考えるべきポイントです。

初任給がとても良いからといって、働きやすい環境であるかどうか、生涯賃金でどう推移していくものなのか、その辺りを見極めることのほうが大切と言えるでしょう。

ずっと働き続けることが苦にならない、残業が大好き、そういう細かなことは気にしない、というタイプの人にとっては、ここは問題にならないかもしれませんね。

無職、フリーター(34歳まで)からホワイト企業に就職したいならジェイックがおすすめ!

↓今すぐ無料登録する(30秒で完了)

>> 優良企業20社と書類選考ナシで面接ができる就職イベントを開催!就職ならジェイック!

気になる、という人はチェックしてみたほうが良いと思います。

大卒と高卒の給与の違い

やはり、高卒の初任給というテーマのこの記事を読んでいる人にとって、大卒と高卒はどうして給与が違うのだろうというのも気になるテーマだと思います。

こちらは、多くの人が議論しているテーマでもありますよね。

一番しっくりくるかなと思った論点で、ここに関して記述していこうと思います。

もしも大卒の人が、高卒の人と同等の給与を貰うことになった場合、やる気や意欲が損なわれてしまうのではないでしょうか。

また、その知識や意欲などを好む企業などは大卒から採用している企業すらあるので、そこに大卒者のニーズもあるわけです。

そして、大学へ行くということは、高卒から働く人より、4年は遅れて正社員生活を送ることとなります。

同じ会社に勤めだした大卒の人との給与がもし違っても、自分は4年多く給与を貰っていることを忘れなければ、大して気にならない額だと思います。

また、大学と一口に言っても、公立や私立など、掛かる費用は様々です。

親に借金したり奨学金を借りたりと、自己負担して学習分野を広げたのですから、その分の恩恵として、初任給の段階で数万違ってくるのは、当然ともいえます。

高卒で大企業勤めと、大卒で中小企業勤め

こちらも、多くの人が議論していて、よく見るテーマですよね。

「大企業」や「中小企業」と一口に言っても、給与形態や、昇進制度、資格手当、勤務時間など様々です。

これらひっくるめて、高卒という最終学歴でも、昇進していける会社に勤めることが出来れば、そちらのほうが給与面の向上が望めます。

大卒でも、ある程度まで昇進してしまえば、もうそれ以上は給与が上がらない会社に勤めたとしたら、そちらは給与面での向上という点では難しくなってきます。

ですので、自分が望む給与まで登り詰めることが出来る会社へ就職することが大事だといえるでしょう。

まとめ

高卒の初任給は、大体平均16万前後です。

それよりも、今後の昇進や資格手当などで、給与が上がっていく会社なのか、というところが大切だと思います。

そこそこ困らない程度で良いという人もいるでしょうし、ここは一概には言えないところでもありますね。

やりがいのある仕事を、好き好きで給与面を気にしない働き方というのも良いと思います。

大卒と高卒系統の趣旨の記述もしてみました。

この記事が、高卒の初任給などに興味がある人の、参考になれば、嬉しいです。


職歴なしでもOK!34歳までの無職、フリーターが就職するならジェイックがおすすめ

無職、フリーターのあなた、「もう自分はどこにも就職できない。どうしたらいいか分からない…」そう悩んでいませんか?

もしハローワークやその他一般的な転職エージェントなどで就活が上手くいかなかったあなたには、ジェイックをおすすめします。


ジェイックの無料登録はこちら

>> 高卒、大学中退者の就職支援にも強い!学歴ではなく人物重視の企業と面接ができる!就職ならジェイック!

ジェイックがおすすめな4つの理由

無職、フリーター、第二新卒、既卒などの若年層に特化

完全未経験から正社員に就職できる求人多数

・就職成功率81.1%、就職後の定着率94.3%

12000人以上の正社員支援実績

ジェイックは無職、フリーター(高卒、大学中退者含む)の方が就職できることを目的にして作られたサービスなので、今まで普通の就職活動をしてきてチャンスがなかった人でも、逆転できる可能性があるのです。

ジェイックの利用はすべて無料なので、もし34歳までで無職、フリーターを卒業したい!と思っている人は無料登録(30秒で完了)から始めてみてください。

↓無料登録はこちらから

>> 就職後も手厚いフォロー!就職後の定着率94.3%!就職ならジェイック!

-高卒ニートの就職

執筆者:

関連記事

採用確率UP!高卒から就けるおすすめの仕事一覧

高卒で就職を考えた場合、どのような職業が向いているのでしょうか。高卒で就ける仕事はある程度限られてきます。 あまり考えずに応募した場合、高卒で雇ってもらうことが難しい職業ばかり応募してしまうことにもな …

高卒からの就職活動、面接で使える自己PRの例・書き方

高卒の場合学歴をPRできないため、どんなことを自己PRに使えばいいのか迷ってしまうことが多いと思います。 しかし高卒でも、自己PRの手段はいろいろあります。 ここでは高卒で自己PRが必要になった場合、 …

高卒女性におすすめ!人気の仕事ランキングトップ10

就職活動の際に学歴が求められることがあるため、高卒の女性は就職が難しいと思われがちです。けれども、職種によっては学歴に関係なく、能力次第で大きく稼ぐことができます。 特に高校卒業後すぐに就職する場合は …

高卒からできる正社員の楽な仕事5選

2017年度の高卒の求人倍率は、1.75倍になりました(7月末時点)。 これは6年連続の上昇となります。 せっかく募集している会社が多くあるのだから、少しでも楽な仕事に就きたいですよね? 職歴なし(3 …

高卒におすすめの転職サイト・リクナビNEXTとは?便利な機能やコラムの紹介

現代では、たくさんの人が転職を考えています。 転職の理由は人それぞれですが、いざ転職に向けて動き出そうとしたとき、何から始めてよいかわからない人も多いのではないでしょうか。 特に高卒の方は一から就職先 …

高卒ニートでも公務員試験を受けられる?大卒程度試験の試験内容とは?

高卒でニートをしている人の中には公務員になりたいと考えている人もいることでしょう。 しかし、公務員試験を受けることができるのかよくわからず、高卒や年齢がネックになると決めつけて、調べることもせず諦めて …

高卒からでも高収入を目指せる資格3つ!難易度、有利になる職場、年収は?

最初から高校を卒業したら働きに出ると決めていたなど、大学へ行く選択肢がなかった人もいるでしょう。 しかし、いざ社会へ出てみたら、最終学歴が大卒の人のほうが給料が良かった、なんてこともありますよね。 と …

資格なしの高卒が転職するのは厳しい?問題ある場合とない場合、役に立つ資格

ブラック企業に勤めていて、もう身体が持たない、待遇が悪いのでもっと給与が高い会社に行きたい、今の会社に不満はないがもっと高度な仕事をしてみたいなど、様々な理由で転職したいと考えている人は数多くいること …

選択肢はいろいろ!高卒に人気の就職先ランキングトップ20

商業高校、工業高校、農業高校、普通高校など、高校と言っても色々です。 就職に際しては高校の教師が求人元へ行き、求人を貰ってきます。 地域や年度により、求人のばらつきもあるので、下記ランキングには予想も …

高校中退ニートになってしまう主な2つの理由と就職方法

高校を中退してニートとして過ごしているみなさん! 就職したいと考えている方は多いはずです。 しかし、高校を中退しているからといった所を見られてなかなか就職できないと思われている方も多いと思います。 職 …