高卒ニートの就職

高卒の転職は厳しい?おすすめの職種や大手企業に入る方法

投稿日:2017年8月9日 更新日:

大卒のみ採用の会社、もしくは短大卒以上を採用している会社であれば、もちろん条件として高卒では不可能、となります。

しかしそうでない会社も、もちろん多く存在しています。

今までのキャリアを見てくれる会社はありますし、そこが評価のポイントとなる場合もあります。

経験者を優遇している会社であれば、同業種や同職種であった場合、むしろ転職しやすいともいえますね。

高卒の転職は資格あり・資格なしで変わる?

ここは、求人の条件により変わるといえるでしょう。

転職したいと考えている会社の求人が、優遇する資格を記載していれば、その資格を持っているぶん、有利に転職出来るといえます。

その職種で業務を行うにあたり、絶対的に知識として、または技術として必要となってくる資格があるならば、取得する必要も出てきます。

入社時点で、そういった必要な資格が存在しない場合であれば、資格よりも自分のキャリアが大切となります。

なので、こちらはケースバイケースといえるでしょう。

高卒の転職でおすすめ職種(事務、公務員を含める)

ここは、それぞれ適性や、今後の人生プランなど様々だと思うので、一概にこの職種がおすすめ、というのはないです。

それを前提として、参考までに、下記に2つの職種を例として紹介します。

事務職

事務職は、経験者を優遇している求人も多いです。

仕事内容は、一般事務や経理事務など、どこの会社のどこの部署に配属されるかによって違ってきます。

なので、求人やホームページなどを見て参考にしたり、面接の際に面接官が詳しい業務内容を説明することも多いので、それを真剣に聞くことをおすすめします。

一般事務であれば、「ワード・エクセル」を使いこなせると重宝される場合が多いです。

また、経理事務であれば「日商簿記2級」を持っていると、重宝される場合が多いです。

職場によって仕事内容に差異があるため、自分の得意分野と自分の苦手分野が分かっていたほうが、転職後も離職することなく、長続きしやすいと思います。

地方公務員

地域により差がありますが、28歳くらいまでであれば、試験を受けることが可能です。

受験日が違う場合は、併願可能なので、いくつか受けてみるのも良いかもしれません。

仕事内容は、多岐に渡ります。

民間職ではない形で役に立ちたいという人におすすめの職種です。

高卒の転職で成功するために大事な事

高卒云々は関係なくなってしまいますが、自分が働いてみて、どこかしらモチベーションが下がらない会社を選ぶことが大事でしょう。

特に、仕事内容や給与面は大事だと思います。

正社員として働き続けることが出来る会社かどうか、というのを吟味してみると、成功への道は自然と見えてきます。

高卒の転職で正社員になることは可能?

転職の際、正社員になることが可能な会社へ行くことをおすすめします。

学歴など、条件的に不可能な場合を除き、中途からの正社員登用をしている会社も多いです。

職種や会社によるので、一度リサーチしてみて、正社員への道がある会社や方法を選ぶのが吉でしょう。

例えば、大手企業の工場勤務の場合、派遣社員から正社員登用試験を受け、正社員になるなど、方法は職種により様々です。

高卒からの転職は給料どれくらいもらえる?

これは、当然会社によります。

月給制であったり、年齢給の制度を採用している会社もあったり、資格手当で昇給していく会社もあったりと様々です。

会社の昇給制度など、自分の生涯賃金として計算してみて、自分が安心できる給与の会社を、転職先に決めるのが良いでしょう。

高卒から転職で優良企業に行く方法

転職で優良企業へ行く方法は、様々な情報を仕入れ、自分で見極めることです。

自分一人では見極めることが出来ない場合は、行こうとしている職種に勤めている知り合いがいれば、聞いてみるというのも方法の1つだと思います。

また、転職エージェントに紹介してもらうという方法を取るのも良いでしょう。

転職のプロが紹介してくれるわけですから、一人で優良企業かどうか見極めることよりは大変な作業ではなくなると思います。

高卒からの転職で大手企業にいく方法

大手企業の中でも、大卒や短大卒のみ採用の会社ではないところへ転職することです。

まだ学びたいことがある人は、転職前に働きながら夜間大学へ行って、最終学歴を大卒にしてしまえば、大手企業へ行くことが出来る場所が、数としては増えますね。

その会社の採用方式を確認し、転職の段階を踏んでいくのが最善だと思います。

派遣からなら正社員になりやすい、転職エージェントの紹介のほうが正社員になりやすい、などなど、企業によって様々だと思うので、調べてから転職活動へ移すことが大切だと思います。

-高卒ニートの就職

執筆者:

関連記事

高卒から始めた仕事を辞めたい…と思ったときにやるべきこと6つ

高卒で就職したものの、何らかの事情で仕事を辞めたいと感じる方も多いのではないでしょうか。 仕事が合っていないと感じたり、職場の雰囲気が自分に合わないこともあるでしょう。もし仕事を辞めたいと感じている場 …

高卒ニートでも公務員試験を受けられる?大卒程度試験の試験内容とは?

高卒でニートをしている人の中には公務員になりたいと考えている人もいることでしょう。 しかし、公務員試験を受けることができるのかよくわからず、高卒や年齢がネックになると決めつけて、調べることもせず諦めて …

高卒からでも事務職に転職できる?有利に就職を進める方法

高卒の人が仕事をする職場は、店舗での接客であったり、工場での作業であったりと「現場」というイメージが強いと思います。 実際、現場での業務がほとんどでしょう。 現場で働く人の中には、デスクワークが中心の …

高卒は大卒に比べて就職、転職でどれくらい不利なのか?

現在働いている方には、高卒の方もいれば、大卒の方もいます。 世間の噂では大卒の方が就職や転職が有利だと言われていますが、果たして本当なのでしょうか。 実際、働いていて高卒の人も多く、しっかり働いている …

高卒から就職する場合に、合わない・避けるべき職場の特徴7つ

高卒で就職する場合、避けておいた方が良い職場の傾向があります。 長く働くためには、なるべく高卒に向いていない職場を避けて応募する方が最適です。 ここでは高卒に合わない職場の傾向や、高卒、大卒を問わずに …

男女問わず!高卒でもできるおすすめの仕事一覧

大学・短大・専門学校進学率が70%を超える現在、だんだんと進学するのが当たり前になっています。 高卒での正社員就職率は高い水準になっています。 しかし、卒業直後のタイミングを逃したり、就職先を辞めてし …

高卒からできる正社員の楽な仕事5選

2017年度の高卒の求人倍率は、1.75倍になりました(7月末時点)。 これは6年連続の上昇となります。 せっかく募集している会社が多くあるのだから、少しでも楽な仕事に就きたいですよね? この記事では …

学歴なんて関係ない!高卒におすすめの就職先10選

7割以上の人が高校卒業後に進学している現在ですが、高卒からの就職も依然として多くあります。 しかし、求人を見れば、大卒以上という条件がついたものが目立ち、高卒にとっては就職や転職は大変なものとなってお …

高卒には製造系と事務職どちらがおすすめ?それぞれメリットとデメリットを紹介

製造業と事務業では、どちらが高卒に向いているのでしょうか。 性別や性格によっても向き不向きはありますが、ここでは高卒でも就きやすい仕事として知られる製造業と事務業の特徴やそれぞれのメリット、デメリット …

高卒からの就職活動、面接で使える自己PRの例・書き方

高卒の場合学歴をPRできないため、どんなことを自己PRに使えばいいのか迷ってしまうことが多いと思います。 しかし高卒でも、自己PRの手段はいろいろあります。 ここでは高卒で自己PRが必要になった場合、 …