ニートの就活のやり方

【成功事例あり】ハローワークで転職はできる?転職サイト・エージェントと比較!

投稿日:

ハローワークとは正式名称で公共職業安定所になります。

ハローワークを利用した事がない人も多くいると思います。

しかし、ハローワーク経由で転職をする場合にもたくさんのメリットはあります。

20代職歴なしからでも就職したい方はジェイックがおすすめ!

↓今すぐ無料登録する

>> 高卒、大学中退者の就職支援にも強い!学歴ではなく人物重視の企業と面接ができる!就職ならジェイック!

ただデメリットとして、民間企業の転職サイトやエージェントと違い、公共機関のため、土日祝などは一部しか開庁していないという事。また、夜間の時間帯も一部の地域(ローテーション)でしか開庁していないことなどがあげられます。

仕事をしながらの転職活動となってくると、ハローワークは使い勝手が悪いという声も一部であるのは事実です。

ハローワークの利用

ハローワーク(公共職業安定所)では様々な手続きを行うことができます。メインとして仕事を探す求人票を取り扱っていますが、失業給付金の給付や職業訓練、教育訓練給付制度などの様々な手続きをしてくれるのもハローワークの仕事です。

そんな中で、転職の相談ができるのかというと転職相談は可能です。ハローワークには職業相談コーナーというものがありますので、そちらで無料相談をすることができます。

ただし、平日の8時30分~17時15分というのが基本的な開庁時間になります。地域によって平日の夜、どの曜日に開庁している所はありますが、就業中で平日の朝から夕方までの勤務・土日祝日がお休みという仕事をしている場合、就業しながら利用するというのは難しい傾向にあります。

完全に退職をして、次の仕事がまだ決まっていないというときには利用することをお勧めします。というのも、離職票が発行されれば失業給付金の手続きをしておくことで、万が一6か月間仕事が決まらなかった場合に、失業給付金が支給されます。

また、就職手当金という制度もあり、ハローワーク経由で仕事が決まった場合にもらえる手当金制度です。これは、再就職手当というものになりますが、失業給付金の申請手続きを行っていて早期に再就職をすると就職のお祝い金として“再就職手当金”が支給されます。

いくつかの条件はありますが、失業保険受給手続き申請後7日の待期期間が終了し、失業給付金の支給日数が3分の1以上残っている事。

また、再就職後1年の継続が見込まれ、再就職先で雇用保険に加入する事、過去3年以内に再就職手当の受給がないこと・・等の条件がありますが、条件をクリアしていれば支給されます。

ハローワークと転職サイト・エージェントの比較

ハローワークと転職サイト・エージェントの違いとしてはやはり相談できる時間帯などが大幅に違うという点です。

転職サイト・エージェントの場合、企業が運営しているので、仕事をしている人が相談しやすい時間帯に相談ができます。

平日の夕方以降、土日祝日などに相談を受け付けてくれるところも多く、登録はWebで行うことが一般的です。

また、メールでの対応をしてくれるというのは大きなメリットです。仕事をしながら転職活動をしていると、直接応募した企業からの電話に出られなかったり、留守電を聞いても電話をするタイミングを逃したりという事があります。

ハローワークではメールでの対応はしていただけませんが、エージェントを利用の場合にはメール対応をしてくれるので勤務終了後に確認をして、翌日に返答が返ってくるというケースもありますので、働きながらの転職はエージェントを利用の方が活動はしやすいでしょう。

ハローワークのメリットとしては求人票に記載しなければいけない項目が明示されているため、決まったフォーマットに決まった形式で求人票が作成されます。

その情報と異なっている場合、企業側にハローワークから指導が入るので企業側も慎重に提出をします。そうしたことから、ブラック企業と呼ばれるような会社は比較的少ないと言えますが、あくまでも書面でありも字数制限もあるため実際に面接などに行って、会社の雰囲気などをつかむことは大切だと言えます。デメリットとしてはやはり開庁時間が短いという事が言えます。

同一求人があった場合、ハローワーク経由・エージェント経由ともに応募は可能ですがエージェント経由のほうが進捗状況などを確認しながら転職活動をすすめられるので、同じ求人であるならばエージェントを利用した方がよいでしょう。

もし時間があるのであれば、ハローワークとエージェントを併用した方が転職はスムーズにいくことが考えられます。

どちらにも、メリット・デメリットがありますので効率よく希望の会社を見つけるには、より多くの情報を得ることが必要です。

ハローワークで転職に成功した人の体験談

最後に、ハローワークを利用して転職に成功した人たちの体験談を紹介したいと思います。

>>2年のニート生活を経て、30代でニートから脱出&正社員就職に成功した話

>>20歳で結婚して正社員経験0だった私が29歳から歯科助手として正社員になることができるまでの奮闘


職歴なしでもOK!20代の無職、フリーターが就職するならジェイックがおすすめ

20代で無職、フリーターのあなた、「もう自分はどこにも就職できない。どうしたらいいか分からない…」そう悩んでいませんか?

もしハローワークやその他一般的な転職エージェントなどで就活が上手くいかなかったあなたには、ジェイックをおすすめします。


ジェイックの無料登録はこちら

>> 高卒、大学中退者の就職支援にも強い!学歴ではなく人物重視の企業と面接ができる!就職ならジェイック!

ジェイックがおすすめな4つの理由

無職、フリーター、第二新卒、既卒などの若年層に特化

完全未経験から正社員に就職できる求人多数

・就職成功率80.3%、就職後の定着率94.3%

12000人以上の正社員支援実績

ジェイックは20代の無職、フリーター(高卒、大学中退者含む)の方が就職できることを目的にして作られたサービスなので、今まで普通の就職活動をしてきてチャンスがなかった人でも、逆転できる可能性があるのです。

ジェイックの利用はすべて無料なので、もし20代無職、フリーターを卒業したい!と思っている人は無料登録(30秒で完了)から始めてみてください。

↓無料登録はこちらから

>> 就職後も手厚いフォロー!就職後の定着率94.3%!就職ならジェイック!

-ニートの就活のやり方

執筆者:

関連記事

低学歴ニートは穴場企業を狙え!おすすめの就職活動の仕方、気をつけるべき話し方

就職活動と学歴は切っても切れない関係にあります。 大手企業であれば、やはり難関大学の学生を多く採用したいと考えるものです。 そのため、学歴フィルターがかけられて、低学歴では説明会すら予約できないといっ …

低学歴からでも大企業に就職できる!具体的な方法3つ

世の中には様々な考え方の人がいて、学歴に関しては大きく分けると二通りの考え方の人に分かれます。 学歴至上主義の人と、学歴は重要視せずにその人の人柄や取り柄を見る人です。 とはいっても、転職について語る …

働き方は人それぞれ!ニートを脱出する方法5つ

多くのニートはどうにか社会に復帰しようと考えていると思います。 しかし、長らくニートをやっていると、どうやって社会復帰すればよいかわからなくなっている人も少なくありません。 本記事では、ニートが脱出す …

ニートに正社員は無理?20代、30代別の就活戦略

ニートが社会復帰をするには、まずアルバイトから、と決めつけていませんか? ニートからいきなり正社員はハードルが高いと考えていたり、これからの人生は非正規雇用で生きるしかないと思い込んでいたり、過度に卑 …

必ず知っておきたいニート向けの仕事の探し方2つ

しばらくニート生活をしてきたけれど、最近働く意欲が出てきたという人もいると思います。 しかし、「仕事ってどうやって探していたっけ」もしくは「以前よりもっと良い探し方があるなら知りたい」という人も多いで …

人生逆転!ニートからいきなり正社員になるために重要な3つのこと

多くのニートは社会復帰を考えていると思います。 まずはアルバイトから始める、専門学校に通って手に職をつける、派遣社員で慣れてから正社員を目指す、など様々な道があるでしょう。 そういった考えの根底には、 …

ニートの復帰は無理?バイトと正社員はどっちからがいい?おすすめの仕事

ニート生活を経てからの社会復帰、となると「まずはアルバイトから肩慣らししたほうが良いのかな」など、様々な不安や疑問が頭をよぎると思います。 ニート生活で趣味として武道や格闘技をやっていたなど、何か力の …

会社を退職してニート生活へ…転職はいつ始めればいい?求人サイトを使った転職活動

体調不良や人間関係で会社を退職して、しばらくゆっくりしようとニートになった人は数多くいるでしょう。 最初こそ開放感に浸って精神的に安定するのですが、だんだんとニートであることに不安を感じてきて、再就職 …

公務員試験に落ちたらどうする?就活の進め方

公務員試験に落ちたら、早めに次の行動を起こしましょう。行動を起こすのが遅くなると、チャンスを見逃しやすいので注意が必要です。5年後、10年後に後悔することがないように、早めに気持ちを切り替えましょう。 …

働きたいのに仕事がないニートが実践すべきこと3つ

ニートをしている誰もが仕事をしたくないわけではありません。 ニートから脱出したいと考えて仕事を探しているものの、なかなか自分にできる仕事が見つからない人も数多くいます。 ニートからの就職は困難が伴うも …