ニートにおすすめの資格

ニートがガイドヘルパーになるための資格取得や待遇を紹介

投稿日:2017年3月21日 更新日:

ガイドヘルパーに興味を持っているニートの方も多いと思います。

今後、高齢者が増える中で、ますます需要が高まる仕事です。

本記事では、ガイドヘルパーの業務内容や資格取得の方法、待遇などをご説明します。

職歴なし(34歳まで)からでも就職したい方はジェイックがおすすめ!

↓今すぐ無料登録する(30秒で完了)

>> 高卒、大学中退者の就職支援にも強い!学歴ではなく人物重視の企業と面接ができる!就職ならジェイック!

ガイドヘルパーとは

ガイドヘルパーとは、「移動支援従事者」とも呼ばれています。

具体的な仕事は、視覚障害や知的障害、全身性障害などで1人での外出が難しい方に付き添って、介助を行うことです。

外出での介助という業務ですので、障害者や高齢者の社会復帰を促すという側面が強いです。

ホームヘルパーに似ていますが、ホームヘルパーは訪問介護員なので、障害者や高齢者の家に訪問し屋内で介助します。

ガイドヘルパーには三種類あります。

・視覚障害者移動介護従業者

・全身性障害者移動介護従業者

・知的障害者移動介護従業者

それぞれの名前にある障害を持つ方の介助をすることができます。

無職、フリーター(34歳まで)からホワイト企業に就職したいならジェイックがおすすめ!

↓今すぐ無料登録する(30秒で完了)

>> 優良企業20社と書類選考ナシで面接ができる就職イベントを開催!就職ならジェイック!

ガイドヘルパーになるためには

ガイドヘルパーになるには、研修を受けなければいけません。

ガイドヘルパーが三種類あるように、研修もそれに応じて三種類あります。

どの研修も20時間弱の受講時間となっています。

受講資格は都道府県によって異なっていますので、一概に言うことはできません。

誰でも受講できるところもあれば、介護職員初任者研修(旧ホームヘルパー2級)が必須のところもあります。

なお、介護職員初任者研修(旧ホームヘルパー2級)を持っていれば、知的障害者移動介護従業者を自動的に取得したことになりますし、研修の一部が免除となります。

ガイドヘルパーの求人や待遇は?

ガイドヘルパーは、介護施設や訪問介護事業所が主な就職先となります。

正職員となると、多くはホームヘルパーや介護福祉士の資格を持っています。

ガイドヘルパーの仕事は、元々持っている資格へのプラスアルファとして考えられているのです。

ですので、ガイドヘルパーの専門となると、アルバイトとなるのが一般的です。

ガイドヘルパー専門での時給は地域によって大きく違いますが、800~1,500円ほどです。

夜勤の場合には、手当がつくのでもう少し上がります。

まとめ

ガイドヘルパーは、基本的には単独で役に立つ資格ではなく、今までの介護の仕事の幅を広げるものです。

しかも、都道府県によっては、ニートでは資格が取れない場合すらあります。

ですので、まずは介護職員初任者研修(旧ホームヘルパー2級)などの取得を目指すのが先決だと思います。


職歴なしでもOK!34歳までの無職、フリーターが就職するならジェイックがおすすめ

無職、フリーターのあなた、「もう自分はどこにも就職できない。どうしたらいいか分からない…」そう悩んでいませんか?

もしハローワークやその他一般的な転職エージェントなどで就活が上手くいかなかったあなたには、ジェイックをおすすめします。


ジェイックの無料登録はこちら

>> 高卒、大学中退者の就職支援にも強い!学歴ではなく人物重視の企業と面接ができる!就職ならジェイック!

ジェイックがおすすめな4つの理由

無職、フリーター、第二新卒、既卒などの若年層に特化

完全未経験から正社員に就職できる求人多数

・就職成功率81.1%、就職後の定着率94.3%

12000人以上の正社員支援実績

ジェイックは無職、フリーター(高卒、大学中退者含む)の方が就職できることを目的にして作られたサービスなので、今まで普通の就職活動をしてきてチャンスがなかった人でも、逆転できる可能性があるのです。

ジェイックの利用はすべて無料なので、もし34歳までで無職、フリーターを卒業したい!と思っている人は無料登録(30秒で完了)から始めてみてください。

↓無料登録はこちらから

>> 就職後も手厚いフォロー!就職後の定着率94.3%!就職ならジェイック!

-ニートにおすすめの資格

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ニートでも国家公務員になれる?試験の難易度、メリット・デメリットは?

ニートをしている人の中には国家公務員に興味を持っている人もいることでしょう。 しかし、実際に国家公務員になるにはどうすればよいのか、をちゃんと知っている人は少ないかもしれません。 そこで、本記事では、 …

ニートから中小企業診断士になるためには?業務内容や試験内容を紹介

中小企業診断士に興味を持っているニートの方も多いと思います。 国家資格ということもあり人気が高いですが、取得の難しい資格でもあります。 本記事では、中小企業診断士の業務内容や試験内容、資格取得後の仕事 …

ニートが施設管理士になる方法!資格がなくてもなれる?

皆さんは施設管理士というお仕事を知っていますか? この記事では、施設管理士がどういうお仕事なのか、そして働くために必要な資格を修得する方法など紹介していきながら、ニートの方が施設管理士として就職するま …

就職に有利な専門学校4つ!それぞれの特徴やおすすめポイントを紹介

就職活動を有利に進めるために専門学校へ入学する人が増えています。 近年では、専門学校でしっかりと知識を身に付けた人のほうが、即戦力として期待されてることがあるようです。 また資格取得を目指すにあたって …

ニートからフィナンシャルプランナーになるには?資格の取り方や気になる待遇を紹介

フィナンシャルプランナーはよく聞く言葉ですが、何をやっているか知らない人も多いと思います。 しかし、ニートでも簡単に取れる資格ですし、保険や証券、不動産など様々な業界の就職に役に立ちます。 本記事では …

仕事にもつながる!ニートにおすすめの勉強3つ

ニートから一歩踏み出す方法のひとつは、勉強に打ち込んで資格を取ることです。 私もニート中に簿記を勉強していました。 現実逃避と言われようが、人生に絶望していた私のかすかな希望が勉強でした。 職歴なし( …

TOEIC980点のハイスぺニートが就職できる職種、仕事は?

TOEICとは国際コミュニケーション英語能力テストの略で、世界共通の検定試験です。 この試験の特徴は合否制ではなく10〜990点の範囲で上下するスコアで評価される点にあります。 点数が高ければ高いほど …

ニートがSPIを勉強するメリットとは?SPIの概要やメリットを解説します。

求人票などを見ていると、選考方法にSPIと書いているものがあります。 SPIとは何だろう、と気になったニートの方も多いでしょう。 大手企業を中心にSPIを入社試験に取り入れていますし、アルバイトでも受 …

ニートが就職するのに簿記は活きる?何級を取るべき?

本稿では、簿記の資格に関しての情報を記載していきます。 また社会に出て簿記が使えるのはどの級からなのかという事を記載していきます。 沢山の人に読んでいただきたいと思っております。 職歴なし(34歳まで …

ニートは専門学校に行けば就職が有利になる?資格の種類と自分に合った学校の探し方

ニートにとって、いきなり就職するのは少しハードルが高いかもしれません。 そこで、まずは専門学校に行って資格を取得しようと考える人も多いでしょう。 私もニートを脱出しようと、専門学校への入学を真剣に考え …