フリーターの就職活動

フリーター脱出する方法と失敗しがちな理由3つ

投稿日:2019年2月15日 更新日:

フリーターをしている人の中には、そろそろフリーターから脱出したいと考えている人も多いでしょう。

しかし、どうやってフリーターから脱出すればいいのかわからず、結局フリーターのままでいる人も少なくありません。

そこで本記事では、フリーターから脱出する方法をご紹介します。

20代職歴なしからでも就職したい方はジェイックがおすすめ!

↓今すぐ無料登録する

>> 高卒、大学中退者の就職支援にも強い!学歴ではなく人物重視の企業と面接ができる!就職ならジェイック!

フリーターを脱出する方法

フリーターを脱出する方法として最初に思い浮かぶのは、正社員になることだと思います。

年齢によって難易度に差はあるものの、現実的で最も可能性がある方法と言えるでしょう。

長くフリーターを続けていると、今更正社員になるのは難しいと尻込みしてしまう人もいますが、業界や職種を選べばそれほど難しいハードルではありませんので、どんどんチャレンジするのがよいでしょう。

資格を取得した上での就職という方法もあります。

学歴にもよりますが、フリーターでも多くの資格を取得することができます。就職に役立つ資格ほど難関資格であることが多いので、学習時間は長くかかりますが、その分、取得できれば容易に就職できます。

起業するという手もあります。

フリーターであっても起業できる技術やアイディアを持っていることは当然あります。資金力に不安があることが多いですが、一念発起してビジネスを始めることも選択肢の一つとして考えましょう。

フリーターを脱出するのにおすすめの資格

フリーターでも簡単に取れる資格を中心に、就職に役立つ資格を紹介します。

まず、普通自動車免許です。

外回りが中心の営業職には必須の資格です。地方での就職であれば、事務職でも必要とされることが多いです。自動車学校の学費は馬鹿になりませんが、確実に使える資格です。

日商簿記を取得するのも良いでしょう。

企業の会計業務に役立つ資格ですが、決算書を読めるようになったり経営内容の把握にも役立ちます。ただし、面接でアピールできるのは2級以上となります。

介護職員初任者研修を取得すると、介護業界にはかなり入りやすくなります。学歴や年齢を問いませんし、通信講座や夜間開校など様々な取得方法がありますので、フリーターにもおすすめの資格です。

宅地建物取引主任者は、不動産業界への就職を考えるなら取っておきたい資格です。こちらも学歴や年齢の制限がありません。

国家資格ですので合格率は15%前後とそれなりの難易度がありますが、取得できれば効果は抜群です。

高卒がフリーターを脱出するには?

高卒がフリーターを脱出する際には、応募要件に注意しましょう。

正社員にしても公務員にしても、大卒が応募要件になっていることがあります。そもそも応募できないのに検討していても時間の無駄なので気を付けましょう。

応募要件以外は、高卒だからといって不利になることはあまりありません。フリーターでの経験を武器に就職活動を進めて行けば良いでしょう。

就職活動の開始は早ければ早いほど良いです。一般的に、若い方が新しい環境に対応しやすく、余計な知識がないので仕事の進め方の教育がしやすいので、企業からは若いだけでも評価されることが多いです。

やりたいことが見つからずフリーターのままでいたい人もいるかもしれませんが、正社員になってからもやりたいことは探せます。むしろ、正社員を経験していた方が後の転職で有利になります。ですので、まず正社員になることを考えましょう。

30代がフリーターを脱出する方法

30代のフリーターの就職活動はなかなか厳しいのが現状です。若いとは言えませんし、正社員との経験も乏しいので、若年フリーターや正社員からの転職組と比べるとどうしても見劣りしてしまいます。

そうした欠点を補うために、資格を取得しておくと良いでしょう。上述したような資格を取得すれば就職活動を有利に進めることができます。

また、就職しやすい業界を中心に就職活動を進めましょう。

介護や飲食、運送といった人手不足の業界であれば、30代フリーターでも就職しやすいです。

そうした業界に興味がないかもしれませんが、一度正社員としての経験をしておけば、次の就職で有利になりますので割り切って就職するのも良いでしょう。

フリーター脱出に失敗しがちな理由

フリーターを脱出する時のありがちな失敗をご紹介します。

1つ目はハローワークの利用です。

就職というとハローワークが思い浮かびますが、無料で求人を掲載できるため質がよくありません。優良な企業であるほど有料で転職サイトに掲載して人材を集めます。ですので、求人情報サイトに登録しましょう。

2つ目は、志望する業界や職種を絞り過ぎることです。

求人情報サイトには多くの求人が掲載されており、ある程度業界や職種を絞らないと確認しきれないのは確かですが、あまりに絞り過ぎるとあっという間に手持ちのコマが亡くなってしまいます。フリーターに限らず、就職活動は内定する確率が低いので、たくさんの応募先を用意しておく必要があります。

3つ目は、フリーターでの経験を無視しないことです。

フリーターの中には、自分が行ってきた仕事に対して卑屈な態度を取る人がいます。アルバイトといえども立派な仕事です。その仕事の中で得た経験や考え方は魅力的なアピールポイントになり得ますので、しっかりとアピールしましょう。

まとめ

フリーターからの脱出するにしても、ある程度方向性や方法を知っておかないと無駄な時間を過ごしてしまいます。

ぜひ本記事を参考にして、フリーターからの脱出を目指してください。


職歴なしでもOK!20代の無職、フリーターが就職するならジェイックがおすすめ

20代で無職、フリーターのあなた、「もう自分はどこにも就職できない。どうしたらいいか分からない…」そう悩んでいませんか?

もしハローワークやその他一般的な転職エージェントなどで就活が上手くいかなかったあなたには、ジェイックをおすすめします。


ジェイックの無料登録はこちら

>> 高卒、大学中退者の就職支援にも強い!学歴ではなく人物重視の企業と面接ができる!就職ならジェイック!

ジェイックがおすすめな4つの理由

無職、フリーター、第二新卒、既卒などの若年層に特化

完全未経験から正社員に就職できる求人多数

・就職成功率80.3%、就職後の定着率94.3%

12000人以上の正社員支援実績

ジェイックは20代の無職、フリーター(高卒、大学中退者含む)の方が就職できることを目的にして作られたサービスなので、今まで普通の就職活動をしてきてチャンスがなかった人でも、逆転できる可能性があるのです。

ジェイックの利用はすべて無料なので、もし20代無職、フリーターを卒業したい!と思っている人は無料登録(30秒で完了)から始めてみてください。

↓無料登録はこちらから

>> 就職後も手厚いフォロー!就職後の定着率94.3%!就職ならジェイック!

-フリーターの就職活動

執筆者:

関連記事

フリーターから転職!正社員への転職面接のコツ

フリーターから正社員へと転職するのはなかなか大変です。正社員から正社員への転職でも思う通りに行かないことも多いですし、正社員としての経験が少ないフリーターはどうしても良い評価を受けることができません。 …

大卒フリーターの割合、正社員で就職するためには?公務員もあり

大学卒業後に、フリーターで働いているという人はどの位いるのでしょうか。また、フリーターから転職するにはどうすればよいのかという方法を見ていきましょう。 目次大学卒業後フリーターになる割合フリーターから …

まずは基本!フリーターの就職活動のやり方

フリーターから正社員への就職活動に挑む人も多いでしょう。 学生時代に正社員に就職活動を行った人は進め方がわかるでしょうが、ずっとフリーターを続けてきた人は何から始めればよいか皆目見当もつかないかもしれ …

フリーターから正社員になるための履歴書、面接対策!

フリーターをしている人には様々な理由があるかと思いますが、いつかは正社員にならなくてはと考えている人達も多いでしょう。正社員になるには若い方が有利なのですが、なかなか就職活動に動き出さないで、ずるずる …

高卒フリーターから就職!正社員、公務員になる方法

高卒でフリーターをしていると、将来、正社員や公務員になれるのかわからず不安に思うこともあるでしょう。就職活動をどうやって行えばいいかもわからず、就職に向けて動き出せない人もいるかもしれません。 本記事 …

フリーターから正社員になりたい!生涯賃金や待遇の違い、面接・志望動機・履歴書の書き方

「フリーターでいるより正社員になったほうが良い」と良く耳にしますよね。 良く知らないけれど、そのほうが何か良いのかな、と思っている人もいるのではないでしょうか。 という訳で、フリーターと正社員の具体的 …