ニートの就職体験談

飲食店開業に失敗し42歳で無職に…資格が活きて保険会社の一般事務に就職できるまで

投稿日:

現在、42歳男性。

あらゆる手段を用いた結果、無職から保険会社の一般事務(営業は少々)に就職することができました。

飲食店を開業するも限界を感じ、42歳で無職になってしまう

40歳手前で、支える妻や子はなく、ある程度の預貯金を蓄えることもできたため、思い切って自営業を始めました。

それまでは、会社の事務員として主に書類とにらめっこをしていた日々でしたが、前々から飲食業に興味があり、開業しました。

しかし、考えていたのと実際実行してするのとでは大きな違いがあり、2年そこそこで限界を感じて閉店しました。

大した資格もなく就職が決まらない貧乏無職生活

借金こそ作りませんでしたが、無一文のような状態。自営業のため失業保険も貰えず、収入がゼロという状態に陥りました。

早くどこかに就職しなければという気持ちは、誰よりも強かったと思うのですが、自分には就職するための武器がありませんでした。

大した資格も持っておらず、以前培った会社の事務と言っても、担当していたのは一般企業では特殊の部類に入るもの(債権回収)であり、そうそう就職口はありませんでした。

かといって、飲食経験を活かそうにも、こちらも家庭料理に毛が生えたようなものであり、雇う側が「欲しい」と言えるほどのスキルは持ち合わせていませんでした。

閉店してからは、自宅にこもるような日々が続きます。

ハローワークの求人サイトとクラウドワークスによる内職のような収入。

1人暮らしだったため(実家に戻ることも考えましたが、田舎すぎて就職口がないため断念)、節約できるところは節約して、再就職を狙っていました。

しかし、何社か応募してみるも、書類選考で落とされたり、面接で落とされたりと結果は着いてきませんでした。

再就職に向けて光明が差す

とある日に、ハローワークの求人を見ていると、求職者支援金というものを見つけました。「資格を勉強しながら給付金が貰える」という制度でしたので、さっそく申し込みました。

この資格の勉強をしている(学校に通学するような形式なので時間は余裕が持てる)のと同時進行で、国家試験の受験を狙いました。事務系の資格です。

それからは、昼は学校。学校が終われば図書館へ行き勉強(光熱費の節約)という毎日でした。土日祝日などは、家事などの用事が済めば図書館へ直行していました。

苦労の甲斐もあり、学校で習っていたPC系の資格、独学で勉強していた国家試験共に合格しました。

取得した資格を生かして再就職へ

学校も終業し、自信での就職活動が再開したわけですが、今度は前回と違い武器があります。

それも、1つは国家資格です。

学校に通っていた時に紹介された、地元の就職エージェントのようなものに登録していたのですが、その資格を取ったことを担当に伝えると、逆オファーが来るようになりました。

その中でも、待遇が良く、見学に伺ったときに雰囲気のよさそうな、現在の職場に就職させてもらいました。

現在の年収は、自営業を始める前の収入に匹敵するような給与を得ておりますし、働き方(残業や休日など)も、仕事が前ほど忙しくないという最高の状況になっています。

まとめ

無職になって再就職をする際に特に感じたことは、この40代を過ぎてからの就職となると、何かしらかの武器が必要ということを感じました。

40代ですので、コミュニケーション能力は並み以上で当たり前。そういう部分では他社との比較は行われません。

ではどこで差が付くかというと、今までの経験と蓄えてきた知識となります。

そして、それを書面上に書き表すためにも、資格というものが重要だと感じました。

面接でパソコンができるといっても、どこまでできるのかは、解りようがありません。

しかし、「MOSを持っています」や「日商PCの〇級を持っています」となれば、採用側もどの程度のレベルまでできるのかが見極めやすく、採用に一歩近づくのではないかと思います。

無職になり、自由な時間が多くなることを逆手に取り、高度な資格を取得し、単なる再就職ではなく、キャリアアップに繋げることができます。

-ニートの就職体験談
-,

執筆者:

           

あなたにおすすめの記事

関連記事

パワハラで無職になるも、野村克也監督の言葉に助けられ29歳無職から観光系企業に再就職できました

私は29歳のとき観光系企業の事務職に正社員として採用されました。 無職からの就活を進めていたときの話をします。 目次先輩のパワハラで精神的に滅入り28歳で無職になる半年間の無職生活。野村克也監督の言葉 …

震災で転職の話が白紙に。完全未経験の工場職に正社員として30歳で再就職できるまで

私は現在36歳男です。 私は29歳の時それまで勤めていた会社を自己都合で退職しました。 退職理由は残業が多く、残業代もまともに払われない事と、ボーナスが10万円以下という事が原因です。 当時、私は結婚 …

2年のニート生活を経て、30代でニートから脱出&正社員就職に成功した話

35歳転職限界説が言われていますが、もはやそれは過去のモデルにしかならないはずです。 今の実情では、労働人口の減少による業界、職種によれば引く手数多のところもあります。 私の経験から皆様にとって勇気づ …

36歳の男、大手外食チェーン店長から無職へ。その後デイサービスの正社員となるまでの葛藤、変化。

現在49歳の男です。無職になったのは36歳になったばかりの頃。 当時は景気のいい話題は何もなく、リストラや派遣切りなどが横行していました。勤めていた会社は大手の外食チェーンでした。 目次大手外食チェー …

新卒から1年で挫折した25歳無職が物流会社の正社員として就職できた話

私は27歳男性で、現在は物流会社の正社員をしております。 2年前、大学新卒で入社した会社を1年も耐え切れずに辞めてしまい、半年ほど無職でいました。 前職を辞めた経緯と、どのようにして今の会社に入ったか …

会議中に倒れ翌日に退職。26歳で無職、「死」も考えた私がバイトから始め貿易事務の正社員にまでなることができた話

26歳で無職だったわたしが、貿易事務の正社員になった話をします。 目次大学卒業、厳しい就活を経てやっと内定へ会議中に倒れてしまい、翌日に退職。そして無職へ一年の療養、まずはアルバイトからの再スタート素 …

大卒後に入社した会社を2年で退職。新聞広告がきっかけで26歳独身無職からアパレルブランドの正社員になれました!

私(女性)が26歳で無職からアルバイトを経て、販売職の正社員になった話をします。 目次大学卒業後、正社員で雇用されるも2年で退職最初は良かったがだんだんと疎外感を感じ始める無職生活新聞広告で見たアルバ …

6年の引きこもりニート生活から脱出!25歳の無職ニートが配達アルバイトから正社員として採用されるまで

私は今現在31歳で独身一人暮らしをしています。 両親がいて3人姉弟の真ん中です。中学までは特に問題なく育ったと思います。 高校に入ったぐらいから家族とコミュニケーションをとる事を嫌がっていましたが、特 …

美容商品営業を退職し30歳無職からシステムエンジニアとして就職できました

わたしは37歳、関西在住の男性です。 現在はシステムエンジニアとして働いています。 30歳で正社員となれましたが、それまでの経緯を記載させて頂きます。 目次大学を卒業後、美容商品を扱う営業に就職体調を …

人間関係が原因で退職後、33歳のニートが就職して介護職員になるまで

ニートから脱出して就職したいと考えている方は多いかもしれません。 私は人間関係が原因で退職後ニートを経て、33歳で介護職員として再就職しました。 私はニート脱出後、今ではバリバリ働いて人生を楽しく送っ …