ニートの就職体験談

大学の事務職を48歳で退職し、一年後晴れて警備事務の正社員として再就職

投稿日:2017年10月16日 更新日:

福島県に住む49歳、女性です。

事務の仕事を長く続けておりました。

仕事にやりがいを持っておりましたが、家庭の事情により急遽退職せざるを得なくなりました。

1年間無職でしたが、その後無事、再就職することができました。 これは再就職に至るまでのお話です。

父親の体調不良で今の仕事を辞めざるを得なくなり、泣く泣く退職へ

当時、地元の大学にて事務の仕事をしておりました。

担当は教員免許状更新講習にかかる事務全般です。

数年間続けていた仕事内容で、やりがいもある仕事でした。

学校の先生や幼稚園の先生は、数年に一回必ずこの講習を受けないと、継続して教壇に立って教えることができない(教員として勤務することができない)ため、決められて時間数の講習を受けることが必須となりますが、私はその講習全般を担当しておりました。

毎日やりがいがある仕事で、集中して夏休みのシーズンに行われるので、この期間は毎日目が回るような忙しさですがやりがいもありました。

しかし、私の実父の具合が悪くなり、母も付き添いや看病で疲れ果て体調を崩してしまったことから、退職という一大決心をしまして退職の約2週間前に退職届を上司に提出しました。

当時、上司はこの講習の担当責任者になったばかりのため、不安だったのでしょう。

退職する時期をもう少し遅らせてもらえないか等の相談を受けました。

後ろ髪をひかれる思いでしたが、しかし大切な家族に関わることなので、退職届提出から2週間後、退職の運びとなりました。

それからは、父の入院先へ毎日病院に通ったり、退院後はリハビリのため通院するため、私が車を運転し母と父を乗せ、病院へ通う日々が数か月続きました。

無職となり、数か月経ったころから、徐々に父は少しずつ回復の兆しを見せ、ついには完治しました。

この間、父の世話をしている間は毎日が必死でしたし、再就職のことは考える余裕もありませんでしたが、快方に向かうあたりからそろそろ私も再就職を考えねばと思うようになりました。

なぜなら自分自身の生活のこと、また中学生の子供と二人暮らしの生活のため仕事をし収入を得ないとこの先、生活が成り立たないからと思ったからです。

自主退職のため失業保険も3か月間はもらえず。

就活は主にハローワークと求人サイト

再就職の活動をはじめようとした時、まず思いついたのが地元のハローワークや、インターネットでの求人チェックでした。

第一の希望は正社員でしたが、もしすぐに見つからない場合は派遣という形態も視野にいれ、何件か派遣も登録する中で、ハローワークの仕事情報を インターネットで検索したり、ハローワークに足を運び閲覧するという日々が約2カ月ほど続きました。

この間は精神的に焦る気持ちや、この先仕事が見つからなかったらどうしようという不安で毎日過ごしました。

ハローワークの紹介担当者との関わり

ハローワークの窓口には数名の紹介担当者がいて、応募したい企業の情報が見つかった時、その紹介担当者よりその企業へ電話をしてもらい、応募書類送付~ 選考という流れでした。

様々な紹介担当者がおりました。

親身に相談にのってくれる方、事務的な対応の方。

その中で今も思い出深く心に残っているのが、ある1人の担当者でした。

なかなか書類選考が通らず焦る私に「あなたは応募書類が通って、いざ面接になれば必ず内定もらえますよ。」の一言でした。

その一言がどんな理由で発せられた言葉なのか、その時なぜかを問いませんでしたが、その一言で明るい気持ちになりましたし、 実際表情にも表れたと思います。

自信を持つきっかけとなりました。

書類が通り、明るい気持ちでいざ面接へ

面接の前日は緊張のためかあまり眠れず、当日を迎えました。

面接に向かう先は警備事務で、職種は一般事務です。

私は今まで何度も転職の経験があるため、そのことがずっとネックになっておりました。

転職歴が多い→仕事が続かないという印象を持たれると思ったからです。

しかし、ハローワークの方が私に言ってくれた一言を思い出し、消極的な気持ちを払拭し、積極的に明るい対応で面接に臨もう!とやる気がみなぎりました。

結果、採用面接に受かり、数日後から晴れて正社員として勤務することとなりました。

大事なのは自分を信じること

無職からの就活に最重要なのは、やはりやる気だと思います。

何度失敗しても、必ず自分は大丈夫と思い自分を信じることが最重要だと思います。

中年という年齢からでも再就職はできる

再就職にあたり、年齢は関係ないと思います。

私は1年間の無職ののち、49歳で再就職(正社員)することができました。

先ほども書きましたが、やる気が大事。

そのための努力ももちろん大事です。

ぜひ自分を信じ、頑張ってください!

-ニートの就職体験談
-, ,

執筆者:

           

あなたにおすすめの記事

関連記事

大企業の23歳新卒社員が鬱で退職してから士業事務所に再就職できるまで

第一志望の大学に進学し、学業もそれなりに収め、希望の仕事ではないにせよ上場している大企業に入社した私。 これまで大きな失敗をしたことがなかった私は、ここに来て初めての挫折を味わいました。 目次将来安泰 …

5年間の無職&介護生活を経て、29歳無職からまったく未経験の技術職で社会復帰

現在わたしは30代後半女性です。無職から正社員になった当時29歳でした。 いくつか履歴書を送った結果、まったくの未経験の技術職の正社員になることが出来ました。 今回は、無職の状態から抜け出した体験を書 …

危機感で福祉系の仕事を退職。37歳で管理栄養士として再就職できるまで

現在37歳女性、会社の社員食堂で管理栄養士として勤務しています。 目次危機感に苛まれ36歳で福祉法人を退職ノープラン、されど、やりたいことはあるぼちぼち就職活動…諦めかけたその時、ハローワークで1件の …

23歳で大学院を退学をし2年の無職を経て正社員で広報に就職できました

私は27歳の男性で、現在は一部上場企業で事務、広報の仕事に携わっております。 私は大学院を中退し、2年間の無職を経て今の会社に勤めております。 大学院中退後、無職期間を経て、どのように就職することがで …

23歳で体調を崩して3年ニートの後、未経験歓迎の工場に正社員として就職するまで

経歴 18~23 フリーター 復職から5年前のできごと 23~25歳までの無職 26歳から正社員 目次フリーターをしつつ役者を目指すも、23歳で体調を崩して無職に何も生産しない日々に罪悪感を抱いた無職 …

新卒を辞めてから17年ぶりの正社員。39歳無職から事務の正社員に就職できるまで

新卒で入った会社を8カ月で辞めて無職になって以来、17年程アルバイトと派遣をかけもちして生活していました。 収入は正社員並みでしたが、元々自分に自信が無いため、正社員でなければまともじゃないという考え …

一生下っ端で終わるのは嫌だった。31歳、世の中の冷たさを感じたニート生活からの逆転就職

私は年齢31歳の男性で、無職から就いた職種は小売業です。 私のニート生活から就職できるまでのお話を通して、自分が思っている以上に世の中の厳しさを感じたことをお伝えいたします。 目次トヨタの期間従業員で …

親友の結婚式にニートじゃ恥ずかしい。26歳無職だった私が経理職の正社員に就職した話

私は現在30代既婚の主婦です。 26歳の時にニートから経理職の正社員として就職したお話をしようと思います。 当時はまさか自分が無職ニートになるなんて考えてもいませんでした。 また無職というと楽をしてい …

26歳でニートになった私がハローワークを活用して販売業の正社員として就職した話

 私は現在30歳ですが、26歳の時に前職を辞めてしまい、無職になってしまいました。 その後自宅でゴロゴロしていたのですが、このままではまずいと思い、職を探しました。それまでの経緯を書いていこうと思いま …

世界的不況の時代に40歳無職の男が芝生管理会社の正社員に就職できた手法

人生において仕事が占める重要度が一番大きいと考えるのは、誰しも同じだと思います。 この世界的不況の中、しかも40代となってしまった私が味わった辛い就職戦線、そして、そこからどう抜け出したか、年齢は違っ …