ニート向けの仕事一覧

IT係の仕事にはどんな種類がある?ニートでもできるIT業5選とその待遇、業務内容

投稿日:2017年8月8日 更新日:

ニートの中にはIT業界に興味を持っている人も多いでしょう。

学歴が関係ない業界で、実力次第で昇進できるので、一発逆転を狙うこともできます。

また、人手不足が常態化している業界なので、職歴なしのニートでも採用されやすいのも特徴です。

しかし、IT業界とはいうものの、具体的にはどういった仕事があるのでしょうか。

その待遇や業務内容はどうなっているのでしょうか。

本記事では、5つのIT関係の仕事、その待遇、業務内容についてご紹介します。

1. ウェブデザイナー

ウェブデザイナーは、インターネット上のウェブサイトをデザインします。

ウェブサイトをデザインするには、HTMLCSSといった基本的な知識はもちろんのこと、JavaScriptなどのプログラミング言語を駆使する必要があります。

一からウェブサイトを制作することもありますが、継続的に更新していくことも多いです。

そのため、一過性の付き合いではなく、客先と長く関係を保っていくことが大切になります。

ウェブデザイナーの年収は400万円台が多いです。

勤務時間は長くなりがちで、納期が近い時にはかなり残業が増えます。

収入を上げるには、そのままウェブデザイナーを続けるのではなく、ウェブディレクター等にステップアップするのが一般的です。

2. プログラマー

プログラマーはソフトウェアを開発することを仕事としています。

物流や金融のシステムなどの大きなものから、炊飯器や電子レンジなどの身近なものまで様々なソフトウェアを開発しています。

システムエンジニアが客先と相談してシステムの仕様書を作成し、その仕様書通りにプログラマーがプログラミングをしていくという流れが一般的です。

プログラマーの年収は400万円が平均です。

スキルが高ければ高いほど、年収は上がっていきます。

フリーランスのプログラマーでは、1000万円を超える人もいます。

残業は非常に多く、納期前には家に帰れない人も出るほどです。

3. セールスエンジニア

セールスエンジニアは、製品やサービスの技術的な知識を持ち合わせた営業のことです。

相手先に製品やサービスの導入を行うための最前線にいるので、コミュニケーション能力が問われる仕事です。

客先の要望を社内に伝えるのもセールスエンジニアなので、客先と社内エンジニアの間を取り持つ重要な役目です。

セールスエンジニアの平均年収は500万円になります。

普通のサラリーマンと同様に週休2日で、残業は技術職に比べれば少なくなります。

重要な仕事であるため、福利厚生等を充実させて、厚遇していることも少なくありません。

4. ウェブディレクター

ウェブディレクターは、ウェブサイトの制作を指揮する仕事です。

ウェブサイトを製作するためには、デザイナーやプログラマー、コーダー、ライターなどのスタッフが必要となります。

ウェブディレクターは各スタッフに指示して、客のニーズ通りのウェブサイトを製作します。

ウェブディレクターの平均年収は500万弱で、ウェブデザイナーに比べれば多少高くなります。

ウェブディレクターは不足しがちであることもあり、福利厚生などの待遇が厚くなっていることが多いです。

正社員はもちろんですが、フリーランスで活躍している人もいます。

5. システムエンジニア

システムエンジニアは、ソフトウェア開発において、開発プロジェクトチームの管理と、プログラムの仕様書を作成する仕事です。

客先と直接話し合って、ニーズをくみ取らなければなりませんので、コミュニケーション能力が問われる仕事です。

プログラマーを経験した後に、システムエンジニアに昇格するというルートが一般的です。

システムエンジニアの平均年収は600万円ほどです。

プログラマー同様、残業は多めですが、企業によっては管理職になるため、残業代が出ないこともあります。

とはいえ、人気の職種で、経験や実績を積めば、年収1000万も夢ではありません。

まとめ

IT関係の職種を5つご紹介しました。

一口にIT関係と言っても、その仕事内容は全く別物であることも珍しくありません。

自分がやりたい仕事はどういった仕事なのかを決めた上で、就職活動に臨みましょう。

-ニート向けの仕事一覧
-

執筆者:

           

あなたにおすすめの記事

関連記事

ニートからルート配送に就職できる?1日のスケジュール例やメリット・デメリットなど

現在、ニートの方で就職を考えているみなさん! ルート配送のお仕事はいかがですか? 決まったルートでお客様にお荷物をお届けするお仕事です。 決まった場所にしか配送しないので、道を覚えてしまえばラクラクで …

就職しやすい仕事の特徴3つと具体的な業界

ニートをしている人の多くは就職してニートから抜け出したいと考えています。 しかし、ニートとなると履歴書に空白期間があり、どの業界でもなかなか就職しにくいという現実があり、就職活動に二の足を踏んでいる人 …

特別なスキルは必要なし!誰でも就職できる仕事3選

働いた経験が全く無かったり、学歴や資格も持っていなかったりすると、ニートからの脱出は難しくなります。 年齢を重ねていれば、なおさら難しいですし、業種によっては男女で入りやすさが違ったりということもざら …

低学歴者に人気の就職先(仕事)ランキングトップ10

低学歴の方に人気の仕事(職種)、就職先をランキング形式でトップ10を紹介しています。それぞれ人気の理由やどんな人におすすめか?仕事の将来性などもコメントを添えているので、ぜひご自身の学歴と仕事探しに悩んでいる方は参考にしてみてください。

ニートはコールセンターのアルバイトがおすすめ?業務内容や待遇

    コールセンターは電話を通して人と話すので、コミュニケーションが苦手なことが多いニートには向いていない、と思っていませんか? 実は、コールセンターのバイトは、ニートにこそ合っているものと言えるの …

ニートが就職してプログラマーになる具体的な手順と方法、求人の特徴

ニートがプログラマーになるためには、HTML5やCSS・Javascript・PHPといったマークアップ言語やオブジェクト指向型プログラミング言語を学習する必要があります。 HTML5は比較的簡単で、 …

メンタルが弱くてもできる仕事はなに?向いてる仕事と向いてない仕事を紹介

メンタルとは、心とか精神力のこと。 メンタルが弱いと能力や実力があっても、なかなかそれを活かしきることができません。 特に仕事では色々な利害が絡み、人間関係も複雑なのでメンタルが弱いと仕事のパフォーマ …

ニートでも営業マンとして就職できる?営業職に向く人とは?


  ニートの時期を経ての就職で、営業職を目指したいと思っている人がいるかもしれません。 ここでは、営業職にどのような種類があるのか、どんなタイプが向いているのかを見ていきましょう。 目次営業職にはどん …

ニートにもおすすめ!正社員で簡単な仕事5選

近年は稀に見る売り手市場だと言われています。 求職者にとって仕事を選べる環境にある現在、正社員で仕事をするにしても、ブラック業界への就職は避けたいところです。 本ページでは、正社員で簡単な仕事をピック …

それほど難しくない!ニートから店長になりやすい仕事、業界3つ

ニートの中には、店長になりたいと考えている人もいることでしょう。 一国一城の主というのは憧れがありますし、ある程度本部からの指示はあるものの自分の裁量でお店の戦略を変えることもできます。 収入もそれな …