ニート向けの仕事一覧

仕事をすぐ辞めてしまう人でもできる仕事5選

投稿日:

現在、仕事を辞めることはもはや特別なことではありません。

一つの会社を定年まで勤め上げる昭和的な仕事スタイルはもう昔の話になりつつあります。

仕事を辞めてキャリアアップし、新しいステージを向かうなら、仕事を辞めることはネガティブには捉えられません。

しかし実際のところ、全員が全員そうではく、仕事を辞める理由は人それぞれです。

例えば、人間関係がうまくいかない、仕事が自分に合っていない、仕事がきつくて体も心ももたない、病気になった、家族の問題、等々

どうしようもない理由で辞めるのは仕方がありませんが、客観的に見て辞めるに足る正当な理由がある訳でもないのに、簡単にすぐ辞めてしまう場合は問題です。

同じ仕事をしていても続く人とすぐ辞めてしまう人は、いったい何が違うのでしょうか。

仕事が続く人の特徴

仕事が続く人は基本的に真面目な人が多いです。

その真面目さは持って生まれた性格や今までの生活の中で培われてきたもので、ある共通した特徴があります。

自分に合った仕事をしている

自分に合った仕事をしていれば、仕事自体が楽しいものになるので、まず「辞める」という考えが頭に浮かびません。

人と接して話すことが好きな活動的な人が営業の仕事をしていれば、その仕事は楽しいものになります。逆に人と会って話すことが苦手な人、競争的なことが嫌いな人が営業の仕事をすれば、仕事が大きな苦痛になります。

仕事が続く人は自分が好きなこと、得意なことを理解し、それを活かして仕事をしています。

社交的である

社交的な人は比較的、誰とでもすぐ仲良くなれるので職場に馴染みやすく、友達もたくさんできます。仕事で嫌なことがあっても、失敗しても、励ましあい、慰めあって乗り切ることができます。

また社交的な人は上司や先輩からも好かれやく、仕事面でも色々サポートを受けることができるので仕事に大きなストレスを感じません。

仕事は生活の手段と割り切っている

仕事に過剰な期待や夢を求め過ぎず、生活のため、お金のためと割り切って仕事をしています。

仕事に夢とかやり甲斐を求めすぎると、現実とのギャップに苦しみ、だんだん仕事に嫌気がさし欲求不満が溜まってきます。

仕事を生活の手段と割り切っている人は、仕事以外にも趣味や自分のライフワークがあり、それをするために仕事を続けていると考えるので精神のバランスが上手く保てます。

自分の能力を知っている

できるがどうかは別にして自分に起業できる能力はないと思っていたり、転職して新しい環境でやっていく自信がない人は簡単に今の仕事を辞めたりしません。

自分にはそのような能力はないと思っているので、今いる会社を辞めることが大きなリスクにつながると考えています。

家庭を持っている

養わなければならい家庭を持っている人は簡単に仕事を辞めません。

家庭を持つということは色々費用がかかるものです。

家やマンションのローンに家族の食費、子供がいれば学費や塾代など、とにかく何かとお金がかかります。

仕事で嫌なことがあった、人間関係がうまくいかないなどの理由で簡単に仕事を辞めてしまっては家族を路頭に迷わすことになってしまいます。

仕事が続かない人の特徴

その一方で、「えっ、そんな理由で?」と思えるような簡単な理由ですぐ仕事を辞めてしまう人もいます。

周囲から見たら、たいした理由もないのに簡単にすぐ辞めてしまう人は、基本的にメンタルが弱い場合が多く、色々な特徴があります。

過保護に育てられてきた

親が甘く、あまりに大切に育てられてきた人は困難や嫌なことに対するストレス耐性がありません。

自分の意見や思いはほとんど通るという環境で大きくなってきたので、仕事上で日常茶飯事のように起こる利害関係の対立や、嫌な人との付き合い、上司や先輩の叱責や叱咤激励などが大きなプレッシャーやストレスになります。

また当事者意識が希薄で仕事を辞めても親や誰かが助けてくれると思っています。

プライドが高すぎる

プライドは悪いものではありません。

人間を人間足らしめるには自尊心、誇りが必要ですが、これは本来他人に求めたり、期待するものではありません。

プライドが高すぎる人は、実力以上に自分を過信し、その評価を他人にも求めますが、実際自分が思っているほどの実力がある訳ではないので、周囲との認識にズレが生じます。

だから「ここでは正当に評価されていない」「ここは自分のような人間がいるところではない」と考え、早い段階で仕事を辞めてしまいます。

忍耐力が欠けている

仕事をすぐ辞める人は概ね忍耐力が欠けています。仕事を続けるには、少々嫌なことや辛いことがあっても我慢しなければならないことが数多くあります。

しかし、過保護に育てられてきたので、プライドが高くなり、忍耐力を獲得する機会がなかったので我慢ができません。

コミュニケーション能力が低い

人とうまくコミュニケーションをとり職場での人間関係を円滑にすることが苦手です。

人と話したり議論したりすることに億劫さを感じ、自分の殻に閉じこもってばかりいると、孤立してしまい職場の雰囲気も悪くなってしまいます。

そして結果的に仕事で困っても誰にも相談できす、誰も助けてくれず、ますます職場に自分の居場所がなくなっていきます。

自己中心的な考え方をする

仕事をすぐ辞める人は、自分が辞めることによって周囲にどんな影響がでるか深く考えません。

仕事を辞める時は「立つ鳥後を濁さず」ではないですが、取引先や社内に迷惑をかけないように、仕事の整理をして辞めるのが普通です。

しかし、自己中心的な人は自分の辞めたいという感情に気持ちが支配されてしまい、考えるよる先に「辞める」という行動に移してしまいます。

仕事をすぐ辞めてしまう人に合った働き方、雇用形態とは?

少し厳しい言い方になりますが、仕事をすぐ辞めてしまう人は、協調性がなく、コミュニケーション能力も低く、忍耐力がないので、会社という組織の枠の中で働くことが非常に難しくなります。

まず、このことを自覚することから始めなければなりません。そうでないと意味のない転職を繰り返し、無自覚のまま人生を無駄に送ってしまうことにもなりかねません。

しかし、決して能力がないという訳ではありません。

性格的な問題、育ってきた環境による考え方が仕事を続けることを難しくさせているだけなので、埋もれている自分の能力を発見し、それを磨く必要があります。

起業する

仕事をすぐ辞めてしまう人は組織の歯車として働くのに困難を感じるので、一番てっとり早い働き方は自分で何らかの事業を立ち上げ、経営者になることです。

ただし、経営者は誰からの指図も受けず仕事ができる反面、会社員として働くより数倍たいへんです。

資金繰りから、マーケット開拓、商品やサービスの開発や顧客のケアなど、事業を存続させるには組織の一員としての会社員とは比べ物にならないほどの忍耐力やコニュニケーション能力、サービス心が要求されます。

委託社員

企業から特定の業務を委託という形で請負い、雇用契約を結んで仕事をする働き方です。

企業とは対等の立場なので企業に指揮命令権はありません。自分の裁量で仕事を進めることができますが、請け負う業務にプロ意識とスキルが求められます。

業務不履行の場合、企業に損害賠償を求められることもあります。

契約社員、派遣社員

派遣先の正社員と同じような業務や、補助的な仕事を任されますが、雇用期間はあらかじめ決まっています。その期間だけ仕事をすればいいので、気楽といえば気楽です。

ただ、指揮命令権は派遣先企業にあるので、正社員なみの仕事量や、クォリティーを求められることもあります。報酬面や待遇面では正社員と格差があり、その面で不満が出てくるかもしれません。

仕事をすぐ辞めてしまう人におすすめの仕事5選

起業、委託社員、契約・派遣社員という雇用形態の枠の中で考えれば、一番現実的なのが契約・派遣社員です。委託社員も何か特別なスキルや能力、得意分野があれば選択肢に入れてもいいでしょう。

起業の場合は様々な種類があり、また起業できたとしても継続的に事業を展開していくには、「仕事をすぐやめてしまう人」にはかなりの困難が予想されるのでここでは省きます。

工場勤務

工員は時間制勤務ですので、その時間だけ工場にいて決まった作業をすれば結構報酬がもらえる意外と「おいしい仕事」です。

人目を気にすることなく、一人で流れ作業をこなす仕事ですので、退屈といえば退屈ですが、人と敢えて話す必要もなければコミュニケーション能力も問われないので人間関係にストレスを感じる人にはお勧めです。

やり方を一度覚えて慣れれば、後は何も考えず単純作業を繰り返すだけですので楽です。よほど大きな失敗をしない限り、上司や先輩の叱責もほとんどありません。

宅配便運転手

1日に何十件から多い時では100件以上も小口の集配を繰り返すドライバーです。

インターネット通販の隆盛により宅配便市場は大きく広がり、宅配便運転手は絶えず人手不足です。市場の拡大に伴いドライバーの仕事量も増えていますが、働いたら働いた分だけ稼げる仕事です。

荷物の積み降ろしや受け渡し時以外は一人の時間が多いので、人間関係が原因ですぐ仕事を辞めてしまう人には向いています。

ただ、かなりハードワークですので、肉体的なストレスに耐えれない人には向いていないでしょう。

採点、添削業務

学習塾や通信教育のテストの答案を採点したり、送られきた教材を赤ペンやパソコンなどで修正していく作業が中心になります。社会人や主婦の副業としても、近年人気が出てきています。

完全に自分のペースで働く「在宅型」と塾や予備校に出勤して働く「通勤型」がありますが、どちらもテストや教材を相手に一人で黙々とこなしていける仕事です。

頭は使いますが、余計な精神的ストレスや肉体的ストレスはかかりません。

新聞配達員

子供や学生のアルバイトのようなイメージがありますが、住むアパートも用意され、給料やボーナスも出る仕事です。販売店で正社員の募集をしている所で働けばいいでしょう。

業務内容は朝刊と夕刊の降り込みチラシ入れと配達業務がメインになります。

朝がとても早く、また休みがとりにくいという難点はありますが、配達以外の時間は比較的自由です。肉体的には少しきいかもしれませんが、人と会って話す必要もないので人間関係に気を煩わせる必要はありません。

インターネット業務

自分のWEBサイトを持って物販をしたり、サービスを顧客に提供したり、ウェブライター等、インターネットを媒体にして自分でビジネスを構築する起業的な仕事です。

アマゾンや楽天などの例でも分かるように、物販やサービス提供は今やインターネットが主流です。

インターネットを使えば誰でも気軽に自分なりのビジネスを作って展開できます。

人間関係に煩わされる可能性はかなり低いです。

ただ、敷居が低い分、ここでビジネスを作って継続していくには、雇われてきた時とはまた違った厳しさがあります。

自分を理解した上で仕事選びを

仕事は「売る人」と「買う人」、「使う人」と「使われるモノ・サービス」があって成立しています。

モノを買うのもサービスを使うのも結局は人間ですから、仕事をする以上は人間関係から逃れることはできません。

ヒトは十人十色で考え方や性格も人それぞれなので、職場や環境も自分とは絶対合わないところがどうしても出てきます。

仕事を意味もなくすぐ辞めてしまう人は「自分と合わない部分」に対するストレス耐性が不足しているということなので、まずそれを自覚して下さい。

そして自分の性格を理解した上で自分が耐えれるストレスの質とレベルを見極めて仕事を選び、少しづつ自分が弱いストレスに慣れていく必要があるのではないでしょうか。

-ニート向けの仕事一覧

執筆者:

関連記事

ニートはファミリーマートでバイト、就職できる?業務内容や待遇条件

ニートの中には、コンビニでのバイトや正社員での就職に興味を持っている人もいるのではないでしょうか。 働いている姿を見れば、それほど難しくはなさそうですし、働いている人も若い人ばかりでなく、年配の方もい …

ニートが就職してプログラマーになる具体的な手順と方法、求人の特徴

ニートがプログラマーになるためには、HTML5やCSS・Javascript・PHPといったマークアップ言語やオブジェクト指向型プログラミング言語を学習する必要があります。 HTML5は比較的簡単で、 …

ニートが採用されやすいIT系企業の特徴、見分け方

ニートが採用されやすいIT系企業の特徴や見分け方のご説明をします。 ニートが採用されやすいIT企業の特徴は俗にいう「ブラック企業」が大半となってきてしまいます。 ブラック企業というのは人件費を安く圧縮 …

ニートに引越し業はおすすめ?業務内容や向いている人を紹介

引越し業に興味を持っているニートの方もいらっしゃると思います。 実際に私もニートを抜け出した時、バイトではありますが引越し業を行っていました。 本記事では引越し業の業務内容や待遇、向いている人について …

営業職はパソコンができないときつい?必要なパソコンスキル

営業職を希望しているけれど、パソコンをうまく使いこなすことができない。使えることには使えるけれど、スムーズに操作できない。 こういった悩みを抱えている人は、少なくないようです。 それでは営業職はどんな …

警備員はニートにおすすめ?業務内容、給料、警備員に就職するまでの道のり

社会問題にもなっているニート。 しかし就労支援団体なども増え始め、前に進み始る人も以前に比べて増えたように思います。 ニートから正社員になる道のりはそう簡単ではありません。 しかし世の中にはいろいろな …

毎日働けない人におすすめ!誰でもできる在宅ワークから始めてみよう!

毎日働けないと悩んでいるフリーターやニートなどの人は近年増加していると言われます。 加えて、就職しようにも学歴や経歴がネックとなってしまうケースも多いでしょう。 しかし、この様な立場の人が全く社会貢献 …

ニートにおすすめの夜バイト3選、メリット・デメリット

ニートの人がいきなり働くのは、緊張しますよね。 そんな中でオススメなのが、夜バイトです。 最近は24時間体制の仕事が増え、夜バイトの種類も多くなっています。  しかし夜バイトってどんなものなのか、あま …

ニートが就職しやすいweb系の仕事とは?有利な資格、年収や待遇

ニートの中にはweb系の仕事に興味を持っている人も多いかと思います。 web系の仕事は実力主義なので学歴は関係ありませんので、ニートにも多くのチャンスが与えられる仕事と言えるでしょう。 本記事では、ニ …

ニートはバイト経験なしでも就職できる?経験を問わない仕事とは

  ニートでこれまでアルバイトの経験がない場合に、就職できるのだろうかと心配になるのは自然な気持ちです。 全く職業経験がない場合に、職場で働くことができるのか、幾つかの事例を見ながら探っていきましょう …