未分類

大学中退フリーターが正社員に就職する方法!転職サイトはおすすめ?

投稿日:2017年5月22日 更新日:

大学進学率が5割を超える現在、大学生の数が増えるにしたがって、中退者数も増えています。

中退した人のその後は様々ですが、フリーターとして生活している人がかなりの数います。

不安定な雇用ですので、正社員になりたいと考えている大学中退フリーターがほとんどかと思いますが、どうやって正社員を目指せばよいのか困っている人もいるでしょう。

本記事では、大学中退フリーターが正社員に就職する方法をご紹介します。

大学中退フリーターは高卒扱い

まず覚えておきたいのは、大学中退という学歴はなく、企業からは高卒と同じ扱いをされることがほとんどです。

受験を経ている分、高卒よりも正社員として採用される可能性はいくらか高いのですが、大卒以上の求人には応募すらできませんので注意しましょう。

当然ながら、正社員になるためには、求人を探して応募しなければなりません。

しかし、大学中退フリーターであれば、アルバイト情報誌を見たことがある程度で、正社員の求人情報を見たことがないと思われます。

その状態で求人情報を探しても、どれが良いのか判別がつかず、まともに選ぶことができません。

ブラック企業の求人を掴んでしまうかもしれません。

そこで、サポートしてくれる人が必要になります。

35歳未満の若者であれば、地域若者サポートステーションなど公的支援を受けることができます。

キャリアコンサルタントによる相談、正社員になるための各種プログラムなどのサービスがありますので、心強い味方になることでしょう。

大学中退フリーターは転職サイトを使おう

公的支援を使うとそのままの流れで、公的機関であるハローワークで求人を探したくなるものです。

しかし、ハローワークに集まる求人は玉石混交であり、ブラック企業やカラ求人に当たる可能性も高いです。

求人を探すには、転職サイトの利用をおすすめします。

転職サイトには、ハローワークには掲載されていない非公開求人が多数あり、自分の希望する業界、職種を見つけやすいというメリットがあります。

また、転職サイトの求人は、ハローワークと違い、掲載にお金がかかりますので、カラ求人がほとんどありません。

ブラック企業に関しても、ないとは言いませんが、割合としては少なくなっています。

転職サイトに登録したら、未経験者OKの求人、あるいは今行っているアルバイトと同じ業界の求人を中心に応募しましょう。

残念ながら、大学中退フリーターには企業を選ぶ余裕はありませんので、内定のでやすい求人を攻めるのが得策です。

また、書類選考で落ちることも多いですので、就職活動は長期化することが予想されます。

就職活動にもお金はかかりますので、アルバイトは続けたままにしましょう。

大学中退フリーター女性は正社員になりにくい?

大学中退フリーターの女性の場合、男性よりも選択肢が狭まります。

世の中はいまだ女性はいずれ専業主婦になるもの、という考えが根強いです。

大学中退フリーターでは、中小企業もターゲットに入れる必要がありますが、中小企業では余裕を持った人材確保ができません。

そのため、産休や育児休暇の可能性のある女性の雇用を躊躇うことがあります。

ですので、そもそも女性の多い職場や、大手企業、大手企業の子会社といった育児休暇等が整備されていて、利用の実績のある企業を目指すのが良いでしょう。

大学中退でもOK!おすすめの転職サイトはリクナビNEXT

転職サイトは数多くありますので、どれに登録すればよいのか困ってしまうと思います。

本記事でおすすめするのは、リクナビNEXTです。

リクナビNEXT業界最大級の求人数を誇り、その求人のほとんどが非公開ですので、リクナビNEXTに登録しないと見れない求人が多数あります。

また、スカウト機能を利用できます。

予め希望の条件や経歴を登録しておけば、企業の方からオファーをくれるという機能です。

意識していなかった業界からのオファーが届くこともありますので、視野を広げることもできます。

もちろん登録は無料ですので、ぜひとも活用したい求人サイトです。

 

>>転職、求人情報ならリクルートの転職サイト
【リクナビNEXT】

まとめ

以上、大学中退フリーターが正社員に就職する方法をご紹介しました。

厳しい就職活動が予想されますが、根気強く続けていけば、正社員への道は開かれますので、本記事を参考に頑張ってください。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ニートが就職相談できる施設やサービス4選

  ここでは、私が知っているニートが就職相談できる施設やサービスなどを自身のエピソードを交えてご紹介していきます。 この記事を読んでおられるニートの皆様にとって少しでも参考になれば嬉しいです。 目次ハ …

コミュ力を高めたい!人見知りを克服できるアルバイト5選

内気な日本人は人見知りのイメージが強く思われますが、人見知りは万国共通です。 フレンドリーに思われる外国人にも人見知りの人はいます。 しかし、日本は他の国に比べ不安が強い人が多く、人見知りをしてしまう …

零細企業とは?メリット・デメリット、合っている人・合っていない人を紹介

日本は企業社会と言われ、日本全体の会社数は2019年現在で421万社。 この中で大企業の数は約1.2万社。残りの約419.8万社が零細企業や中小企業です。 つまり、日本全体で考えると実に99.7%が中 …

大卒ニートが就職するには何を始めるべきか

大学進学率が50%を超える現在、大卒のニートも珍しい事ではありません。 理由は人それぞれですが、大学在学中から引きこもりがちであった方や、就職活動に失敗してずるずるとニートになってしまった方が多いよう …

専門卒ニートが就職するための手順、アドバイス

専門学校を卒業してそのままニートになったり、就職したものの辞めてしまいニートになったり、就職に強い専門学校を卒業してもニートになる人は数多くいます。 学歴が高いわけでもなく、低いわけでもない専門卒の就 …

使わないと損!ニートが利用できる就職支援金の種類や制度

意外と知られていませんが、定職についていない埋もれた人財を発掘するために、ハローワークや厚労省などが主体となり就職支援目的で作成した助成金制度がいくつか存在します。 この記事では、そんな就職支援金を受 …

転職に失敗して無職になってしまった人へのアドバイス3つ

新卒が3年以内で離職する割合はおよそ3割。 つまり、少なくとも3割の人が転職を経験することとなります。 誰もがより良い待遇を求めて転職するのですが、実際に転職してみるとよりひどい労働環境であることがわ …

10年間ニートだった人が就職を成功させるための戦略3つ

ニート歴がずるずると延びて、いつの間にか10年経っていたというニートも数多くいることでしょう。 ニートを脱出するため、いよいよ就職活動を始めようと思った経緯は、親が退職したり、家から追い出されたり、ニ …

社内ニートから転職する方法、転職先を選ぶ時の注意点

就職はしているものの、十分な仕事を与えられずに社内ニートとして過ごしている人は数多くいます。 かつては窓際族と呼ばれており、定年間近の人が多いイメージでしたが、実際は若者でも社内ニートは数多くいます。 …

働きたいニート女子への4つのアドバイス

「訳があってニート生活を送っていたけれど、ここ最近働く意欲が湧いてきた」という女性も多いのではないでしょうか。 働きたいと思ったのには、自分の中に何かの目的意識が生まれたからだと思います。 働きたくな …