ニートにおすすめの就職サイト

ニートはリクナビに登録できる?ニートでも使えるリクナビNEXTとリクナビダイレクト

投稿日:2017年3月21日 更新日:

 

皆さん、リクナビというサイトはご存知でしょうか。

大学生の中では定番ともいえる新卒者向けの就職サイトです。

新卒者向けという文字の通り、リクナビはその年度の新卒者しか利用できないサービスです。

しかし、リクナビを運営しているリクルートグループは、転職者や未経験者の就職を支援するサービスも運営しているのです。

その代表的なサービスが、 「リクナビNEXT」 と 「リクナビダイレクト」 です。

この記事では、この2つのサービスを利用して、現在ニートの人が仕事を探す方法を紹介します。

転職者、中途採用向け!リクナビNEXT

リクナビNEXTは社会人のための転職者向けのサイトです。

利用対象者は就職、転職を希望する既卒者や社会人です。

会員登録は無料で、まずはサイト内でレジュメを作成します。

レジュメに入力する情報

・プロフィール

・学歴、語学、資格

・経験職務チェック

・職務経歴

・自己PR

・キャリアプラン

・希望条件

・レジュメ公開ブロック

レジュメを作成したら、求人を探す作業に入りましょう。

リクナビNEXTでは、2種類の求人の方法があります。

1. 自分で求人を探す

希望する条件を指定し、求人を探すことができます。

膨大な数の求人があるので、実務経験や資格を求められる仕事も目につきます。

未経験の職種を探す場合は、検索条件を設定する際に採用条件を指定することができるので、ブランクOK」、「職種未経験歓迎」、「社会人未経験歓迎」などをチェックし、自分に合った求人を絞りましょう。

2. 企業からのオファーを待つ

レジュメを充実させると、企業側からオファーメールが来ることがあります。

オファーメールの種類は3種類あります。

どの種類のオファーメールが届くかによって、企業がどの程度自分に興味を持ってくれているのかを知ることができます。

1. オープンオファー

求人や説明会の案内

2. 興味通知オファー

企業から興味を持たれている。

企業が、こちらが興味あるかどうかを知りたがっている。

3. プライベートオファー

企業から非常に興味を持たれている。

面接や面談にて。

このように、レジュメを充実させていれば、それを見た企業からオファーが来る確率が上がります。

それは、単純に学歴や職歴かもしれませんし、学生時代にひょんなことから取得した資格かもしれません。

とにかく、持っている経験や働きたいという思いなど、自分の全てをレジュメに書き込みましょう。

 

無料登録はこちら

>>リクナビNEXT

リクナビダイレクト(既卒版)

続いて、もう1つのサービス、リクナビダイレクト(既卒版)を紹介します。

リクナビダイレクト(既卒版)は、自分の経歴を登録し、登録者と企業マッチさせるサービスを行っています。

「ダイレクト」という名の通り、お互いの希望が合えばすぐに面接や面談に進むことができます。

利用対象者は、2013年4月~2016年3月に卒業した既卒者です。(2017年1月現在)

また、就業経験のある人でも、上記期間内に卒業した場合は、サービスを利用することができます。

会員登録は無料です。

プロフィール設定では、リクナビNEXTのような細かいレジュメを作成する代わりに、自分の強みや働きたい環境を選択する項目があります。

これらの項目を入力することで、企業とのマッチング精度を高めることができる仕組みになっています。

プロフィール設定が終わると、サイトが自動的に企業とマッチングしてくれるので、後はサイトや週2回送られてくるメールで企業を確認し、興味のある企業があれば、採用に向けて行動します。

 

無料登録はこちら

>> リクナビダイレクト(既卒)

まとめ

職歴がないニートの人でも、リクナビNEXTやリクナビダイレクト(既卒版)を利用すれば様々な求人を探すことができます。

リクナビNEXTにしかない求人もあれば、リクナビダイレクト(既卒版)にしかない求人も存在します。

2つのサイトを併用して、自分に合った仕事探しをしてみてはいかがでしょうか。

-ニートにおすすめの就職サイト

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

意外と知られていない!ニートもマイナビ転職で仕事を探せるって知ってた?

ニートでは転職サイトが使えないと悲観しているあなたに朗報です! 実はリクナビNEXT同様に、マイナビ転職にも未経験でも応募することが出来る、現状ニートでも応募の土俵に上がれる求人は沢山あるのです。 今 …

何がやりたいか分からないニートは適性診断で自分に合った仕事が見つかる!

ニートを抜け出そうとしている人や、転職活動中の人の中には、どんな仕事をやったらいいかわからずに悩んでいる人も多いのではないでしょうか。 自分一人で考えても、なかなか自分の長所と仕事を結びつけることがで …

ニートにおすすめの就職エージェント・ハタラクティブの魅力とデメリットを紹介

 現在リクナビNEXTやマイナビなど様々な転職サイトがありますが、「ハタラクティブ」というサイトはご存知ですか? ハタラクティブは既卒者やフリーター、ニートなどの就職の支援をしている就職支援サービスで …

IT・ものづくりに興味があるニートは就職サイトDODAがおすすめ

ニートが就職しようと考えると、まずはハローワークが浮かぶのではないでしょうか。 もちろん、ハローワークには多くの求人が集まっているのですが、カラ求人が数多くあったり、条件の悪い求人も多かったり、問題が …

ジェイックはニートでも登録できる?おすすめポイントと登録方法の紹介

就職活動をしなくてはいけないと思いつつも、何からやっていいかわからないし、面接を受けたところで、どうせ落ちるに決まっていると最初からあきらめてしまっているニートはかなり多いのではないでしょうか。 その …

リクナビダイレクト(既卒版)はニートの就活にお勧め?主な使い方とリクナビNEXTとの併用

リクナビというサイトについて、ご存じですか? 全国の大学生が就職活動で利用する、新卒者向けの就職ポータルサイトです。 圧倒的な求人数を誇るリクナビですが、卒業の時期を過ぎると翌年の新卒者向けサイトへと …

地方からの就活は大変?有利に進めるためには就活サイトを利用しよう!

地方からの就活をするのは、金銭面も体力面でも負担が大きくなってしまいます。 しかし、効率的に就活ができたら、負担も少なくなるでしょう。 これから、地方からの就活で大変な面と対処方法についてご説明します …

求人サイト・はたらいくでニートは就職できるのか?主な特徴2つ

ニートをしている人の中には、就職サイトに登録したものの、希望の仕事がなかなか見つからなくて、求人を見てるばかりで応募できないという人もいるのではないでしょうか。 そういった場合はじっとして希望の求人を …

ニート歓迎!ニートが今すぐIT特化就職サイト、ワークポートを使うべき理由3つ

ニートが就職するときに使うことができるのは、ハローワークだけではありません。 近年は労働人口が減少していることから転職サイトもニートやフリーターの登録も受け入れており、一般の転職者と同様のサービスを受 …

職歴なしでも若者向け!Re就活の評判、強みと登録方法

ニートの多くは将来に不安を感じており、就職しなくてはと考えています。 しかし、どうやって就職活動を始めればよいのかわからず、とりあえずハローワークに行ったものの、自分に合った求人が全然見つからずに諦め …