ニートの就職体験談

22歳の私が1年間のニート生活を経て介護職に就いた話

投稿日:2017年1月24日 更新日:

私は、大学卒業後、21歳の時に家電量販店に就職しました。

しかし、当時の家電量販店はインターネットの台頭により、売り上げが急激に落ち込んでいる時期でした。

1人ひとりに課せられる、厳しい売り上げノルマ

達成できない職員には、インカム越しに店長からの怒号が飛んできます。

私は、店頭販売だけではノルマを達成できなかったので、友人や家族に買ってもらうよう頼み込み、何とか切り抜けていました。

しかし、それも長くはもちませんでした。

売り上げが伸びない日々が続き、プレッシャーに耐え切れなくなった私は、入社1年で退職してしまいました。

実家に戻り、失業保険をもらいながら生活を始めることになったのです。

ノルマから解放されたし、少しだけ休憩して、次の就職先を見つけて働こう

私は気楽にそう考えていました。

まさかその休憩が1年間にも及ぶものになるとは、想像もしていなかったのです。

ニート生活の始まりとオンラインゲームとの出会い

ニート生活を始めてまもない頃、母親より、公務員の試験や介護の資格を取得してはどうかと提案されました。

「何か行動しなければ」という気持ちはあったので、言われるがまま公務員の予備校に申し込みました。

また、社会福祉士という介護関係の国家資格の受験資格を持っていたので、1年後に受験することにしました。

それらと同時期に、趣味の1つであったオンラインゲームを始めました。

以前は就寝前の暇つぶしとして遊んでいたゲームですが、時間に余裕ができたこともあり、次第に毎晩遅くまでゲームに興じるようになりました。

公務員の予備校に通うも・・・

公務員の予備校に通うことになり、授業が始まりました。

初めのうちは中学校の復習のような授業内容で、懐かしさもあり、積極的に勉学に励んでいました。

しかし、勉強が進むにつれて内容が難しくなり、ついていけなくなった私は、勉強に嫌気がさすようになりました。

「こんなことがやりたいんじゃない。もっとやりたいことが他にあるはずだ」

と自分に言い訳するようになり、結局通い始めてわずか1ヵ月で勉強意欲が底をついてしまいました。

体裁を取り繕うための勉強など、続くわけがなかったのです。

それから、予備校に通うふりをして家を出て、ゲームセンターやファミリーレストランで時間を潰すことが増えました。

ついにはそれも面倒くさくなり、「もう予備校に行くのは辞めた」と母親に伝えました。

ニート生活の絶頂期、ゲームと現実の世界が逆転

予備校を辞めてからは、趣味のオンラインゲームにのめり込みました。

オンラインゲームはプレイすればするほど活躍できます。

活躍して、人に褒められるゲームの世界は、私にとって一番居心地が良い場所でした。

午後4時に起きて、ゲームをして、午前4時に寝る。

そのような昼夜逆転の暮らしを半年ほど続けました。

その期間、家族とゲームで知り合ったネット上の友人以外と、まともな会話を交わした記憶がありません。

完全にゲームと現実の世界が逆転していたのです。

ニート生活に転機!?社会福祉国家試験を受けるも…

そのような自堕落な生活を続けていた私にも、転機が訪れました。

1年前より予定していた、社会福祉士国家試験を受験したのです。

結果は不合格。

それもそのはず、部屋の床には新品同様の参考書が転がっているのですから。

公務員の予備校も辞め、資格受験も失敗し、ニートを続ける口実もなくなりました。

この事実を認識してから、私は毎日迫りくる危機感と焦燥感に押しつぶされそうになりました。

母親からの「働いてほしい」という視線も、日が経つごとに強さを増していきます。

もうニートはやめよう。働くことでこれらの重圧から解放されたい

これが、私が働くことを決めた動機です。

何でもいいから働こう。ハローワークから始めた就職活動

「何でもいいから働こう」

そう決意した私はハローワークに行き、求人を探しました。

しかし、いざ求人情報を眺めてみると、希望職種は経験や資格が必要なものばかり。

とても採用される気がしません。

新卒で入った会社をたった1年で辞めて、その後1年間ニート。

こんな人材を雇ってくれる企業があるのだろうか。

私は採用試験を受ける前からすっかり自信をなくしてしまいました。

それでも、ニートから脱出しなければと自分に言い聞かせ、求職活動を続けました。

介護職との出会いと1日職場体験

ある日、ハローワーク内にある福祉分野の求人相談コーナーに足を運びました。

社会福祉士の受験資格を持っていることもあり、福祉関係の仕事には以前から興味を持っていたのです。

相談コーナーの職員にその旨を伝えると、一度介護施設で職場体験をしませんか?と提案されました。

介護の仕事は一部で「3K(きつい、汚い、危険)」と呼ばれていることは有名です。

正直に言うと、私も良いイメージを持っていませんでした。

しかし、今の私に選択権はありません。

認知症の高齢者が暮らす介護施設に、1日職場体験をすることを決意しました。

未経験ニートでも介護職の正社員として就職できた

1年ぶりの労働、そして、初めての介護の仕事は、予想を遥かに超える過酷さでした。

しかし、仕事中に、利用者や職員の方々から「ありがとう」と何度も声をかけてもらう度に、「こんな私でも誰かの役に立てる仕事があるのだ」と実感し、「この仕事なら続けられるかもしれない」と考えるようになりました。

その後、介護の求人を探し、介護施設の採用試験を1社受けました。

介護業界は売り手市場であることも影響してか、未経験、ニート歴ありの私でも、「頑張り次第だよ」とすぐに正社員として採用してもらうことができました。

まとめ

近年では人材不足のニュースなどが相まって、介護職に対するネガティブな意見が多くみられます。

しかし、介護の仕事の良し悪しは自分で体験してみなければわかりません。

少しでも介護の仕事に興味がある人は、ハローワークが企画する職業訓練や職場体験などに参加して、介護の世界を覗いてみることをお勧めします。

もしかしたら、ニート脱出の糸口となるかもしれません。

 

無資格・未経験からのキャリアアップなら⇒⇒介護専門求人サイトかいご畑

-ニートの就職体験談
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

           

あなたにおすすめの記事

関連記事

31歳でニートから脱出し工場に就職した私の体験談

私は、現在48歳男性です。 ここでは私が31歳の時に新卒で入社した会社を辞めて、後に工場で働き出すまでの経緯をお話したいと思います。 目次新卒で入社した広告代理店が携帯電話販売に大幅転換!?妻と二人暮 …

大腸炎で入院&退職後ニートへ。41歳無職から正社員として就職できるまでの道

41歳男、営業職で再起を目指す話です。 私は某私立大学を卒業し、新卒社員として半導体商社に入社しました。そこで12年間営業職として全国を飛び回りながら、いろいろな顧客へ半導体を販売しておりました。 商 …

元カノの結婚で就職を決意!27歳無職から地域密着型の学習塾に正社員として就職できるまで

私が27歳で塾の教室運営職に正社員として就職できた話をします。大学を卒業した後、最初2年だけ教材出版の会社で営業として働いたのですが、すぐに嫌になってやめてしまいました。 辞めた後は海外をフラフラした …

会議中に倒れ翌日に退職。26歳で無職、「死」も考えた私がバイトから始め貿易事務の正社員にまでなることができた話

26歳で無職だったわたしが、貿易事務の正社員になった話をします。 目次大学卒業、厳しい就活を経てやっと内定へ会議中に倒れてしまい、翌日に退職。そして無職へ一年の療養、まずはアルバイトからの再スタート素 …

アラサー手前の29歳女がニートに!就職までの道のり

私は都内で働く30歳女性です。 会社を退職した時には29歳のアラサー手前でニートになりました。 この様な経緯には、前会社と私との目に見えない戦いがありました。 話すととても長くなってしまうので割愛しま …

アピール書類の一文が決め手に!26歳無職が航空宇宙向け精密部品工場の正社員として再就職できた話

現在の私は31歳既婚(男性)で、正社員として工場に勤務しています。 今回は私が26歳無職から、航空宇宙向け精密部品工場の検査課に正社員として就くことができた話をしたいと思います。 目次18歳で高校卒業 …

女盛り26歳無職から大手転職サイトを活用して、バリバリの営業へ就職した話

普通の高校を卒業し、普通に短期大学を卒業し、とくに専門知識があるわけでもなく特技があるわけでもない女です・・・。 そんな私が26歳で営業職に正社員として就職できたお話をします。 目次残業と給料の不満! …

一度は心が折れた私が、27歳で無職からソフトウェア制作会社に再就職できるまで

私は現在35歳の男性です。 現在の仕事はソフトウェアの制作業で、職種はエンジニアとして働いています。 私は24歳から26歳までの空白の期間、つまり無職の状態から その後27歳で再就職することになった、 …

34歳介護福祉士がメンタルの病気で退職し精神科にかかるも、再就職できた体験談

私は39歳の男性です。 今の仕事は介護福祉士と介護支援専門員をしています。 ここでは私が介護福祉士をしていてメンタルの病気になり無職になってしまい、それからメンタルが回復して介護の仕事に再就職できた体 …

36歳の男、大手外食チェーン店長から無職へ。その後デイサービスの正社員となるまでの葛藤、変化。

現在49歳の男です。無職になったのは36歳になったばかりの頃。 当時は景気のいい話題は何もなく、リストラや派遣切りなどが横行していました。勤めていた会社は大手の外食チェーンでした。 目次大手外食チェー …