ニートの就職体験談

アラサー手前の29歳女がニートに!就職までの道のり

投稿日:2017年3月26日 更新日:

私は都内で働く30歳女性です。

会社を退職した時には29歳のアラサー手前でニートになりました。

この様な経緯には、前会社と私との目に見えない戦いがありました。

話すととても長くなってしまうので割愛しますが、最終的には業績不振で部署がなくなる、という形で終了しました。

選択肢として、会社側から今までやってきた業務とは全く別の仕事を任されるか、辞めるかの二択を出されましたが、「私は辞めるという選択肢しか考えていませんでした。

最終的にはその他の業務についていたスタッフも退職するはめになったとのこと。

後に職案でこの経緯を軽く説明したのですが、自分から退職願を提出してしまうと圧倒的に会社が有利となるということでした。

会社の業績不振を、結局は自分から退職願を出し、自己都合で退職という無惨な結果となってしまいました。

長く働いた会社でも退職金は無し、残業代も含まれた給与をだしていると言われていたので本当に無惨でした。

これは辞めてから得たものなので、会社を辞めたい、次のステップに進みたい、と考えている人がいたらぜひ言いたいのは、退職後優位に進める為の準備をするということです。

ニートになってからの就活は主にハローワーク

私の就職活動のメインは、職業案内所、通称ハローワークでした。

平日は職を求める人で沢山。

スーツ姿の中年サラリーマンも目にしたりすると、なんだか切ない気持ちになりました。

私はサービス業でも手に職をつけるような働き方をしていたので、実際には次の就職までには時間がかかりませんでした。

しかし、ニートというのはとても不安になります。

今まで決まった日にちに安定した給与が振り込まれることが、こんなにも自分のライフスタイルにおいて重要で、精神的にも安心するものだとはニートになるまで気付けませんでした。

雇用されるということに改めて守られていると感じた時でした。

他にも、国民年金、税金、保険など個人で支払うものが沢山あり、結構な金額になるのです。

だから、貯金もなし、家賃の支払いで精一杯だという人は半年程度は自由に暮らせるくらいの預金がある方が安心だと思います。

手取りが無い人は本当に生活が苦しく、就職活動にも焦りが出てしまいます。

現在働いている会社で勤めつつ同時に就活をするのが本来一番良いやり方だと思います。

インターネットも就活には活用すべき!

現在の就職活動ではインターネットのツールも多く活用すべきだと思います。

おすすめはリクナビNEXT。

>> リクナビNEXT

私もリクナビNEXTを利用し会社の概要、口コミなどのリサーチをしました。

本来、面接に行ったり働いてみないとわからないことの方が多いのですが、最低限の求人の給与、休日、業務内容、福利厚生など事前にリサーチしておくことをおすすめします。

多くの求人サイトは、無料で利用できるものがほとんどです。

それらを活用すれば、より効率的にニートからの転職活動も進められると思います。

皆さんも頑張ってください。

-ニートの就職体験談
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

           

あなたにおすすめの記事

関連記事

ブラック企業を辞めてから再就職できた体験談まとめ

世の中にはブラックだと気づかずに、ブラック企業に入社してしまうケースがたくさんあります。 これから就職や転職活動をする皆さんにはできるだけ、そのようなブラック企業は避けていただきたいという思いから、ブ …

14年勤めた会社の倒産。34歳無職から印刷会社の事務職に就職できた体験談

男性、36歳、ついた職業は印刷会社勤務です。 私は高校卒業後、大学に行く予定でしたが、父親が倒れて家計を支えるために、働くことを余儀なくされました。 父親が入院し、残された母、4人の兄弟を支えるために …

超ブラック消費者金融の外交員を27歳で退職し、運送系営業の管理職に再就職するまで

私は現在39歳男性で運送業の営業職(管理職)として仕事についております。 私が現在の職につくまでの間に一度転職を経験しております。 目次超ブラックだった消費者金融の取り立て係実家に戻りだらけつつ、トラ …

保育士から1年のニート期間を経て販売業に転職!その道のりとは?

『終身雇用』という、死ぬまで同じ会社に勤め上げる事こそ立派な社会人だという考えは時代と共に変化してきました。 現在では『自分のやりたい事を仕事にする』『合わなければ転職する』『スキルアップの為に転職す …

大企業の23歳新卒社員が鬱で退職してから士業事務所に再就職できるまで

第一志望の大学に進学し、学業もそれなりに収め、希望の仕事ではないにせよ上場している大企業に入社した私。 これまで大きな失敗をしたことがなかった私は、ここに来て初めての挫折を味わいました。 目次将来安泰 …

27歳で1年の引きこもり期間を経て整備士として再就職に成功した体験談

お金を稼ぐ事は、とても大変な事ですよね。職場によっては精神や肉体面にも多大な負担が掛かります。 辛い日々に耐え切れずに退職をしてしまったら、転職をするのが怖くなってしまう事となるでしょう。 次の仕事を …

27歳でニートになった30歳の女性がスーパーのパートに就職するまでの話

私はとにかく外に出たく無い気持ちがありました。 見た目にコンプレックスがあり、人目が気になってしまうのです。 働かずに自分の家にいる時が一番安心出来たのです。 目次短大卒業後、入社した会社が倒産、そし …

うつ病のため4年間の通院後、28歳職歴なし男性が介護業界に就職するまで

私は28歳男性の介護士です。 18歳を超えると無職やフリーターは、世間からの目も冷たくなります。 その境遇から上手く抜け出せない状況になっている方も多いです。 働きながらでは就職活動の時間が取れない、 …

デイサービスの仕事を辞めた私が9ヶ月のニート期間ののち介護現場に復職するまでの話

北海道出身の私は専門学校卒業後、単身上京し都内のデイサービスに就職しました。 元々私は自分の意思で東京に来た訳ではなかったので、3年勤務した後に試験を受ける事ができる介護福祉士資格取得を目標に頑張って …

パチスロとの出会い、父の死。34歳職歴なしだった私が派遣に就職できるまで

私は現在34歳の派遣作業員として、細々と日銭を稼いで生活しております。 肩書きは、ネジ塗装会社の機械オペレーターということになりますが、実際のところは半分以上ライン工みたいなものです。 正直、同年代で …