ニートの就活のやり方 未分類

バイトが怖いニートは何から始めるべき?今日からできる3つのアドバイス

投稿日:2017年6月19日 更新日:

ニートから脱出するために、まずはバイトを始めようと考えているニートは多いと思います。

しかし、バイトは人と関わることも多いので、恐怖を感じているニートも少なくありません。

本記事では、バイトが恐いニートは何から始めるべきか、についてご紹介していきます。

20代職歴なしからでも就職したい方はジェイックがおすすめ!

↓今すぐ無料登録する(30秒で完了)

>> 高卒、大学中退者の就職支援にも強い!学歴ではなく人物重視の企業と面接ができる!就職ならジェイック!

1. バイト体験談などを読んで具体的な仕事内容を知る

バイトが恐いニートは、バイトではどんな仕事をするのだろうか、自分にもできる仕事だろうかと心配に思っていることでしょう。

求人誌やネットのバイト求人を見ても、具体的にどんな仕事なのかは分からないので、不安に思って当然です。

しかし、ちゃんと仕事内容がわかれば、自分に向いているか判断できますので、不安も和らぐでしょう。

ネット上には、様々なバイト体験談が掲載されています。

求人票を見て興味を持ったバイトがあれば、その業界のバイト体験談を見てみましょう。

その際、仕事の内容だけを確認することにしましょう。

人間関係といった感情が絡む部分の体験談は個人によって感想が大きく異なりますので参考になりません。

具体的な仕事内容だけ読み取ることができれば十分です。

また、飲食店や小売店といった外からも仕事が見えるバイトに興味を持ったならば、実際に店舗に行って店員の動きを観察しましょう。

表に見える仕事が全てではありませんが、店員の仕事ぶりを見ることで実際に働くイメージが沸きやすくなります。

加えて、応募して面接をする段階では、店舗での仕事を見学したことは志望動機に成り得ます。

2. ニートからのバイト面接は落ちて当たり前だと考える

自分はニートだから応募してもどうせバイトには落ちてしまうだろうと悲観的に考えていませんか?

バイトに落ちると、人格を否定されているような気持ちになってしまいますよね。

そういうニートに知っておいて欲しいのは、バイトは落ちて当たり前ということです。

それはニートだからというわけではなく、高学歴でも同じことです。

もちろん、履歴書や面接の不備で落ちることもあります。

しかし、面接が上手くいったとしても、入れるシフトの頻度や曜日、男女比、年齢構成などで落ちてしまうことがよくあります。

自分のせいではなく、バイト先側の都合ということも多いのです。

20代無職からホワイト企業に就職したいならジェイックがおすすめ!

↓今すぐ無料登録する(30秒で完了)

>> 優良企業20社と書類選考ナシで面接ができる就職イベントを開催!就職ならジェイック!

ですので、落ちることを前提にバイトの応募をしましょう。

明らかに自分に不備があった場合は別として、落ちてしまっても運が無かったくらいに受け止めましょう。

3. 面接の対策をしっかりしよう

バイトの応募に不安を感じるニートの最大の壁は面接でしょう。

面接というのは自分を品定めされているように感じて、苦手に思う人がほとんどです。

どんな質問が来るのか、上手く受け答えできるだろうかと怯えてしまうことでしょう。

しかし、バイトの面接で聞かれる質問はそれほど多くありません。

それぞれの質問に対して、あらかじめどう答えるかを考えておけば、面接本番ではスムーズに答えることができます。

面接とは、その場で答えをひねり出すものではなく、事前に答えを考えておくものだと理解しておきましょう。

志望動機は簡単でOK

よく聞かれる質問の1つ目は志望動機です。

バイトの場合、堅苦しい答えは必要ありません。

家から近く通いやすいため、以前から利用しており興味を持ったので、このお店の商品が好きなので、といった簡単なもので十分です。

長所・短所は言い方を変える

2つ目は、自分の長所短所です。

長所はそのバイトで活かせるものを選ぶと良いです。

接客業であれば、明るい、我慢強い、工場であれば、集中力がある、手先が器用といったようなことが挙げられます。

短所は、長所の別の言い方で考えるとよいでしょう。

長所が気が利くであれば、短所はおせっかい。

集中力があるであれば、短所は周囲が見えなくなることがある、といったような形で話すと長所と短所が矛盾することがなく、理解されやすいです。

シフトは多ければ有利

3つ目は、シフトです。

店側からすると、週に何回入れるのか、どの時間帯に入れるのかということが一番知りたいことです。

ニートと言えども、家庭の事情や、資格勉強などで毎日働けるわけではないでしょう。

ちゃんと自分の都合を伝えることは大切ですが、多くのシフトに入る事ができることを示すと、バイトは合格しやすくなります。

まとめ

以上、バイトが恐いニートは何から始めるべきかについてご紹介しました。

ちゃんと準備すればバイトは怖いものではありません。

本記事を参考にして準備した上で、バイトにチャレンジしてみてください。


職歴なしでもOK!20代の無職、フリーターが就職するならジェイックがおすすめ

20代で無職、フリーターのあなた、「もう自分はどこにも就職できない。どうしたらいいか分からない…」そう悩んでいませんか?

もしハローワークやその他一般的な転職エージェントなどで就活が上手くいかなかったあなたには、ジェイックをおすすめします。


ジェイックの無料登録はこちら

>> 高卒、大学中退者の就職支援にも強い!学歴ではなく人物重視の企業と面接ができる!就職ならジェイック!

ジェイックがおすすめな4つの理由

無職、フリーター、第二新卒、既卒などの若年層に特化

完全未経験から正社員に就職できる求人多数

・就職成功率80.3%、就職後の定着率94.3%

12000人以上の正社員支援実績

ジェイックは20代の無職、フリーター(高卒、大学中退者含む)の方が就職できることを目的にして作られたサービスなので、今まで普通の就職活動をしてきてチャンスがなかった人でも、逆転できる可能性があるのです。

ジェイックの利用はすべて無料なので、もし20代無職、フリーターを卒業したい!と思っている人は無料登録(30秒で完了)から始めてみてください。

↓無料登録はこちらから

>> 就職後も手厚いフォロー!就職後の定着率94.3%!就職ならジェイック!

-ニートの就活のやり方, 未分類

執筆者:

関連記事

転職活動にブランクのある方必見!最低限おさえるべき就活マナーを紹介

お仕事をしていない期間が続き、いざ転職活動をしようと思い立ってみたはいいものの、どう行動すればよいのか、失礼に当たらないのかというのは案外分からなかったりしますよね。 この記事は転職活動にチャレンジし …

転職するときニート期間(空白期間)は不利になる?

転職するために会社を辞めてニート状態の人、もしくは会社を辞めてニート期間を経て、ようやく社会へ出ようと決心した人もいるのではないでしょうか。 その際、どうしても気になるのはニート期間のことでしょう。 …

簡単な3ステップ!自分にあった仕事の見つけ方、選び方

高い志を持って入社したものの、やりたくない仕事ばかりを回された結果、ニートになってしまった人も多いでしょう。 そもそも、どんな仕事が自分に合っているのかわからずに就職活動を始めることもできないニートも …

20代後半のニートは多い?就職するために残された3つの道

20代後半のニートともなると、ただでさえ厳しい世間の目がより厳しくなってきて肩身の狭い思いをしていることと思います。 また、引きこもっているニートも多く、社会とのつながりも乏しいので、強い孤独感を覚え …

大学中退ニートは仕事がない?就職やアルバイトの探し方、女性は専業主婦もあり

大学を中退してニートとして過ごされている方にぜひ読んでいただきたい記事です。 おそらく多くの方々は就職して働きたいと考えていると思います。 しかし、世間はそんな甘いものではないというような風潮があるた …

無料で利用できる!引きこもりやニートのための支援サービス8つをご紹介

長いことひきこもりやニートをしていると、社会とのつながりが断たれ、社会復帰が難しくなることがあります。 そういった人たちが社会に出たいと思った時には、コミュニケーションスキルが足りない、技術がない、自 …

「ニートは就職できない」と言われる理由と対処法4つ

「ニートが就職できる訳がない」「ニートは就職しづらい」なんて、周りに言われた経験はないでしょうか。 もしくはそう言っている人を見た、そんな情報をどこかで見たという人もいると思います。 しかし、それは言 …

ニートにできる仕事はない?自信を持つための方法とおすすめの仕事

社会復帰を目指すニートでも、いざ仕事を探すとなると、自分にできる仕事がないと不安になって、結局ニートのまま過ごしている人が数多くいると思います。 しかし、本当にできる仕事がないのでしょうか。 世の中に …

ニート女子におすすめのバイト、仕事は?結婚は間に合う?

ニートを脱出したい女性も多いはずです。 女性は「家事手伝い」や「花嫁修業中」と名乗れるという意見もありますが、女性も働いていないことで男性と同じように精神的に追い込まれるものです。 ニート経験があり女 …

元専業主婦・職歴なし女性が就職するために有効な3つの選択肢、おすすめの仕事

働いた経験がないまま結婚して専業主婦をしていた女性も多いことでしょう。 そうした女性が離婚などで働く必要が出てくると、どうやって就職すればよいものかと途方に暮れてしまう人もいます。 そういった女性は職 …