ニートの就活のやり方

アルバイト経験なしからの就活で注意する3つのこと

投稿日:2017年4月30日 更新日:

正社員での経験どころか、アルバイトの経験もないニートの方は数多くいます。

ずっと引きこもっていたニートはもちろんのこと、資格試験や公務員試験の勉強をしていたが結果合格する事ができずに諦めたニートもいることでしょう。

多くの人は就職前にアルバイトをして社会経験を積んでいるために、バイトの経験もないニートは、まずはアルバイトから始めるのか、それともいきなり正社員でもよいのかと不安になっていると思います。

20代職歴なしからでも就職したい方はジェイックがおすすめ!

↓今すぐ無料登録する(30秒で完了)

>> 高卒、大学中退者の就職支援にも強い!学歴ではなく人物重視の企業と面接ができる!就職ならジェイック!

本記事では、アルバイト経験なしからの就職活動で注意することを、求人選び、履歴書、面接に分けてご紹介します。

求人について

まずはハローワークや転職サイトで求人を見てみましょう。

多くの求人には、「経験者優遇」「社会人経験年以上」といった記載があります。

こうした求人は、実際に働いたことがある経験を求めています。

アルバイトの経験もないニートは門前払いされてしまいますので、応募するだけ無駄になることが多いです。

どうしてもその会社に行きたいという気持ちがあるなら応募してもよいですが、避けた方が無難です。

未経験可」といった記載がある求人を探しましょう。

その他、そもそも経験を必要とされない仕事を探すという手もあります。

工場でのライン作業や清掃員、倉庫での荷物運搬などは経験がなくともできる仕事ですので、アルバイトや正社員の経験がないことがデメリットにはなりません。

体力のいる作業が多いので大変かと思いますが、正社員での経験を積むために足掛かりとするという手もあります。

どちらにせよ、求人は数多く手に入れることに越したことはありません。

社会人の経験がある人でさえ、転職活動は一苦労で、数多くの企業に応募しては落ちてを繰り返しています。

アルバイトの経験もないニートであればより大変となることは一目瞭然です。

一発必中というわけにはいきませんので、下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる戦法でどんどん応募していく方がよいので、手ごまとなる求人はたくさん手に入れましょう。

履歴書について

求人に応募するためには、履歴書を送付する必要があります。

アルバイトの経験もないと、履歴書がスカスカになってしまいますので不安に思う人がほとんどでしょう。

20代無職からホワイト企業に就職したいならジェイックがおすすめ!

↓今すぐ無料登録する(30秒で完了)

>> 優良企業20社と書類選考ナシで面接ができる就職イベントを開催!就職ならジェイック!

しかし、そこで見栄えをよくしようと嘘を書いてしまうと、後々の面接で突っ込まれて、嘘がバレるのがオチです。

まず、履歴書には嘘を書かないことが大切です。

履歴書の学歴・職歴の欄に空白が多くなってしまうのはもう仕方がありません。

空白のままにしておきましょう。

その代り、志望動機や自己アピール欄をしっかりと書きましょう。

志望動機は、ちゃんと調べて書きましょう。

たくさんの企業に応募することになるので、考えるのが面倒になって、どこでも使えるような志望動機を使い回しがちです。

それだと相手の目に留まりません。

応募する企業のホームページなどを確認して、その企業ならではの志望動機をなんとか考え出しましょう。

自己PRについては、アルバイトもしたことがないと仕事に関したものをアピールすることができません。

そこで、ちゃんと働けるだけの体力があることをアピールしましょう。

具体的にはランニングをしている、筋トレをしているといったことです。

やってなければ今からやりましょう。

今からでもやっていれば嘘にはなりません。

面接について

面接については、聞かれたことを元気よく答えることができれば問題ありませんので、過度に緊張することなく、リラックスして面接を受けましょう。

まともに答えるためには、ある程度聞かれる内容、その答えを考えておく必要があります。

面接官は履歴書を元に質問をしてきますので、自分の履歴書を見返してどんな質問が来るか予想しましょう。

アルバイト経験のないニートがよく聞かれるのは、空白期間についてです。

「自分に合う仕事を探していた」「趣味に時間を割いていた」「家族の介護をしていた」など様々な理由が考えられます。

ここで想定問答を止めるのではなく、なぜ「自分に合う仕事を探していた」のか、といったように突き詰めて考えていくと、本番の面接でもスムーズに答えることができます。

まとめ

以上、アルバイト経験のないニートが就職活動で気を付けることをご紹介しました。

求人、履歴書、面接での気を付けるべきポイントをしっかりと押さえて、ニートから脱出しましょう。


職歴なしでもOK!20代の無職、フリーターが就職するならジェイックがおすすめ

20代で無職、フリーターのあなた、「もう自分はどこにも就職できない。どうしたらいいか分からない…」そう悩んでいませんか?

もしハローワークやその他一般的な転職エージェントなどで就活が上手くいかなかったあなたには、ジェイックをおすすめします。


ジェイックの無料登録はこちら

>> 高卒、大学中退者の就職支援にも強い!学歴ではなく人物重視の企業と面接ができる!就職ならジェイック!

ジェイックがおすすめな4つの理由

無職、フリーター、第二新卒、既卒などの若年層に特化

完全未経験から正社員に就職できる求人多数

・就職成功率80.3%、就職後の定着率94.3%

12000人以上の正社員支援実績

ジェイックは20代の無職、フリーター(高卒、大学中退者含む)の方が就職できることを目的にして作られたサービスなので、今まで普通の就職活動をしてきてチャンスがなかった人でも、逆転できる可能性があるのです。

ジェイックの利用はすべて無料なので、もし20代無職、フリーターを卒業したい!と思っている人は無料登録(30秒で完了)から始めてみてください。

↓無料登録はこちらから

>> 就職後も手厚いフォロー!就職後の定着率94.3%!就職ならジェイック!

-ニートの就活のやり方

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

30代から楽な仕事に転職するためには?具体的な方法やコツを紹介

20代の頃はがむしゃらに働いて、30歳を過ぎた中堅になれば、どんどん給料も地位も上がっていって余裕も出てくる。 だから辛いこともあるけど頑張って働いていたのに、いざ30歳になってみると、給料は全然上が …

無職ニートからいきなりフルタイムで働く人への注意点とアドバイス3つ

無職、ニートから働きはじめるときは、少ない日数・少ない時間の仕事から始めるのが良いのでは?という意見を耳にした人もいるのではないでしょうか。 しかし、実際フルタイムで働いたほうが稼ぎは良いですし、正社 …

低学歴からでも大企業に就職できる!具体的な方法3つ

世の中には様々な考え方の人がいて、学歴に関しては大きく分けると二通りの考え方の人に分かれます。 学歴至上主義の人と、学歴は重要視せずにその人の人柄や取り柄を見る人です。 とはいっても、転職について語る …

「ニートは就職できない」と言われる理由と対処法4つ

「ニートが就職できる訳がない」「ニートは就職しづらい」なんて、周りに言われた経験はないでしょうか。 もしくはそう言っている人を見た、そんな情報をどこかで見たという人もいると思います。 しかし、それは言 …

必ず知っておきたいニート向けの仕事の探し方2つ

しばらくニート生活をしてきたけれど、最近働く意欲が出てきたという人もいると思います。 しかし、「仕事ってどうやって探していたっけ」もしくは「以前よりもっと良い探し方があるなら知りたい」という人も多いで …

ニートにできる仕事はない?自信を持つための方法とおすすめの仕事

社会復帰を目指すニートでも、いざ仕事を探すとなると、自分にできる仕事がないと不安になって、結局ニートのまま過ごしている人が数多くいると思います。 しかし、本当にできる仕事がないのでしょうか。 世の中に …

ニートに正社員は無理?20代、30代別の就活戦略

ニートが社会復帰をするには、まずアルバイトから、と決めつけていませんか? ニートからいきなり正社員はハードルが高いと考えていたり、これからの人生は非正規雇用で生きるしかないと思い込んでいたり、過度に卑 …

既卒1年目での失敗しない就職活動の始め方、受け入れやすい業界、求人サイトの紹介

近年の労働環境は少子高齢化が原因で若い働き手が足りず、転職市場は売り手市場などと言われています。 ですが実際のところ内定を貰えずに卒業を迎えてしまう学生さんや、内定を頂き働き始めたは良いものの、さまざ …

大卒ニートからの就職活動、社会復帰の方法!公務員は目指せる?

大学を卒業しても、就職が決まらなかった、もしくは就職活動をせずに卒業してしまった人がいます。 そんな大卒ニートでも、周囲のことや世間体を気にして、就職活動を始めることが多いです。 しかしどのように就職 …

人生逆転!ニートからいきなり正社員になるために重要な3つのこと

多くのニートは社会復帰を考えていると思います。 まずはアルバイトから始める、専門学校に通って手に職をつける、派遣社員で慣れてから正社員を目指す、など様々な道があるでしょう。 そういった考えの根底には、 …