ニートの就職体験談

30歳までニートとして生きてきた人間が飲食店に就職するまでの記録

投稿日:2017年3月25日 更新日:

これからする話は、私(男性)が浪人して大学受験に失敗した19歳のときから30歳までのニート生活、そして就活を始めて無事に社会人として生きることになるまでの、全記録です。

兄を見て、大丈夫だと思っていた浪人生活

私は高校生を卒業するまでは、ごく普通の生徒だったと思います。

成績は良くも悪くもなく平均レベルで社会に反抗的な振る舞いをしているような人柄でもない、クラスの端で数人の友人とワイワイ遊んでいた一般生徒でした。

高校三年生になり皆が受験勉強を始めても今まで通り淡々と過ごしていたら、あっという間に卒業式を迎えていました。

私には4つ上の兄がいて、兄は一年浪人して大学生になっていました。

私も深く考えることもなく、兄と同じで一浪して大学に行けばいいやと勝手に思っていたのです。

そして浪人生活を送っていたのですが、夏ぐらいまでは本当によく勉強していました。

高校時代はほぼ一夜漬けのような勉強しかしていなかったので、予備校で勉強するのが新鮮で楽しんでいたのです。

しかし、秋頃からいよいよ受験に向けて皆がギアを上げ始めてから私の勉強意欲はみるみる下がっていきました。

理由はよくわかりませんが、何かが燃え尽きてしまったのです。

そのまま受験本番を迎えて、志願した大学をすべて落ちてしまいました。

そこから私の未来がまっさらになりました。

浪人生からダラダラと過ごすニートのような毎日へ

両親からはもう予備校に通わせる費用は捻出できない、と言われました。

まあそうだろうと思った私は、一年予備校に通ったので勉強の仕方はわかっていたので自宅で勉強して、もう一度大学受験をしようと考えました。

しかし、自分一人で勉強のモチベーションを維持することは難しく、そのままなし崩し的にダラダラと日々を過ごすようになっていきました。

そのとき私は20歳になっていました。

それからは実家でご飯を食べ、何かしないとまずいと焦りはあったので地元の図書館に行っては手当たり次第本を借りて読んでいました。

一応勉強しているんだ、というポーズをとりたかったこともあります。

ですが、一番怖かったのはこのままなにもしないまま歳を重ねてボケていくのではないかという恐怖があったからです。

かといって仕事をしようという意欲は出ず、自分は一体なにがしたいのかという迷路に迷い込んでしまい、私は社会から離れていきました。

図書館では小説から哲学、伝記、自己啓発などの本を読み漁り、自分を鼓舞していました。

それが行動に結びつかなければ意味がない、と気がついたのは30歳を間近に迎えたとき

30歳という節目で感じた恐怖と就職活動

30歳という数字は、私にとっては重くのしかかりました。

父親は還暦を迎えましたが、両親が30歳のときにはもう私たち兄弟を育てていたのです。

そのことをリアルに思い浮かべたときに私は一体何をしているのか、と呆然となりました。

読書は完全に生活習慣になっていましたが、知識だけはいくら身につけても自分には何もないと自覚したのです。

このまま生きていけば私は早死にするだろうとリアルに実感しました。

その恐怖が私を「就活」という行動に駆り立てたのです。

30歳になって、ある意味開き直れたこともあります。

もうこれ以上自分は恥をかくことはない。

今が最も恥をさらしているのだ、と思えたことが行動に結びついたのです。

31歳目前、社会人になれた瞬間

ハローワークで職業訓練を受けながら仕事を探し、まずはアルバイトから飲食店で働くことになりました。

31歳を目前に迎えてのフリーター昇格です。

ニートが就活をしようと思ったら、人の手を借りなければいけません。

自分一人でなにかをしようとしても市場価値がないからです。

迷わずハローワークなどを利用するのが一番だと思います。

そして約一年の試用期間を経て、私は正社員に昇格しました。

31歳にて本当の社会人になれた瞬間でした。

もし、私と同じような境遇で、悩んでいる、苦しんでいる人がいたら、今からでもまだ間に合います。

何かを始めるのに遅すぎる事はないのです。

-ニートの就職体験談
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

           

あなたにおすすめの記事

関連記事

25歳職歴無しの引きこもり女が工場のパートとして就職するまで

私は、25歳の女です。 この度、工場でのパートとして社会復帰する事ができました。 私は昔から引きこもりで、社会経験も根性もなく、おまけに人間関係にすぐ疲れてしまうという、成人としては酷すぎるタイプの人 …

パチンコ漬けの3年間。ニート生活に限界を感じ、25歳無職から大学職員へ正社員登用!

私(男)は22歳で大学での就職活動に失敗した後、パチンコ店に通い詰めるニート生活を3年間送っておりました。 私の就職活動時には、不景気も相まって学生にとってはなかなか思うように就職先が決まらない時代で …

100社以上の不採用。絶望していた27歳ニートが福祉施設の相談員職に正社員で就職できるまで

初めまして、私は30代男性です。 これから、私が27歳で福祉施設の相談員に正社員としてつくことができた話をします。 目次26歳で大学卒業後、就活に失敗し無職となる1年間の無職生活の後、就職サイトで福祉 …

頭痛薬40錠をオーバードーズで入院し退職。27歳無職ひきこもり状態から若者サポートステーションを使って介護施設に就職、社会復帰できるまで

私は現在30歳の女性で、介護の仕事をしています。 3年前までは無職のひきこもりニートでした。 そんな私がどうやって介護の仕事に就き、社会復帰することが出来たのか書いていこうと思います。 目次会社のスト …

公務員試験の挫折からニートに!28歳の頃の私がニートを脱出して農家に就職した話

ニートは現代社会にとても多いです。 ニートになってしまう理由は色々とありますが「社会に出るのが怖い」「本人の怠惰」などが主な例だと思います。 私自身も28歳の頃はニートで勉強も就職活動もしないで、家で …

大学時代から鬱に。25歳男性無職が正社員として介護職員に就職するまで

私は39歳の男性です。 25歳の時に無職から就職活動をして介護職員になった体験談を書いていきます。 目次無職になるまでの経緯。無職になってからの心境や生活状況。就職しようとしたきっかけは?就職活動の際 …

会社が倒産し30歳で無職に。友人の一言がきっかけで障害者の社会福祉施設に就職

私は現在33歳の男性ですが、30歳の時に会社が倒産し、その後未経験の福祉業界に就職できました。 きっかけとなったのは友人が福祉業界に携わっていて私に薦めてくれたことでした。 目次8年勤めた会社が倒産し …

病気で退職後、32歳ニートだった私が運送ドライバーとして就職するまでの道のり

私は30代から数年間に渡ってニート生活を送っていました。 元々人生に対して前向きでなく、学生時代も学校をサボってばかりいた私がニートから脱出するのはとても苦労をしました。 今回はそんな私がニート生活か …

無職生活1年半!31歳無職から重機メーカーに派遣から正社員事務として就職することができました

はじめまして。現在32歳の会社員です。 現在は重機メーカーの事務として関東にある会社で正社員として働いています。 その前までは30歳から31歳まで1年半ほど無職で生活していました。 目次無職になったき …

新卒入社した会社を1年でうつ病で辞めるも、職業訓練校でWEBデザインを学び再就職するまでの話

はじめまして。僕は新卒で就職した会社をうつ病で退職し、それから二年間ほどニートをやってました。 これからどうやってニートから脱出したのかをお話しさせていただければと思います。 目次新卒で入社後、ハラス …