ニートの就活のやり方

30代ニート職歴なしが就職をするために必要な3つのこと

投稿日:2017年3月25日 更新日:

30代職歴なしのニートが就職するのは非常に大変です。

履歴書を送っても門前払いとなることも多いですし、公務員などではそもそも年齢制限で引っかかって応募すらできないこともあります。

しかし、決して就職が不可能なわけではありません。

ちゃんとポイントを踏まえて就職活動を続けていけば、必ずチャンスは訪れます。

本記事では、職歴なしの30代ニートが就職するために必要なポイントを3ご紹介します。

1. 落ちる前提での気楽な気持ち

残念なことですが、30才職歴なしのニートを手放しで迎え入れてくれる企業はほとんどありません。

応募者の優先度で言えば、

同業界での経験あり > 同業界での経験はないが職歴あり > 職歴なし

となります。

それでいて若ければ、より優先度は高くなります。

そのため、30才職歴なしのニートは非常に優先度が低いのです。

一生懸命作った履歴書を大して見られることもなく、すぐに返送されたり、無視されたりすることが当たり前になっています。

落ちて当たり前ということを、しっかりと理解しておきましょう。

30才職歴なしのニートの就職活動は、ほとんどの場合、長期戦になります。

一社落ちる度に落ち込んでいたら、長期戦である就職活動を続ける気力がすぐに無くなってしまいます。

ですから、一社落ちたらすぐに切り替えて他社に履歴書の送付、をひたすら繰り返しましょう。

つまりは、下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる戦法です。

ひたすら応募し続ければ、そのうち面接をしてくれる企業も出てきます。

それまで腐らずに坦々と履歴書を送り続けましょう。

2. 会話の練習をする

履歴書を送り続けて、面接まで行った場合、多くのニートが困るのが会話です。

普通の人と比べて、ニートは人と話す機会が圧倒的に少ないです。

そのため、会話が苦手であることが多く、質問をされると何を話していいかわからず戸惑ってしまうことも少なくありません。

それだけならまだしも、しばらく話していないと、思った通りに声が出ないこともあります。

そうならないように練習が必要になります。

一番良いのは、実際に人と話すことです。

どんな話題でも良いので、両親や兄弟、友人と会話をしてみましょう。

ケータイショップや家電量販店で店員と話してみるのも良いでしょう。

しかし、家族と不仲だったり、友人がいなかったりと話相手がいない方もいるでしょう。

その時は、面接対策の本を買って、想定問答を口に出して読んでみましょう。

たったこれだけでも、会話へのハードルは意外と下がるものです。

3. 体力をつける

ニートをしていると、自分が思っているよりも体力が低下しています。

長期間に渡る就職活動においても、実際に働くことになっても、体力がなくてはすぐに身体を壊して、再びニートになってしまうかもしれません。

ですので、体力をつける必要があるのです。

体力をつけるには、ランニングがオススメです。

一日30分も走れば、並み以上の体力を手に入れることができます。

しかし、ニート、特に引きこもっていた方はかなり足腰が弱っています。

その状態で急にランニングを始めると、足首や膝を痛めてしまい、体力をつけるどころの話ではなくなってしまいます。

ですので、ランニングをする自信がなければ、ゆっくりとウォーキングをすると良いでしょう。

近隣の人に見られたくない、というニートの方もいるでしょう。

そういう方にオススメなのがラジオ体操です。

YouTubeなどでラジオ体操の動画を見ながら、一生懸命やってみましょう。

思った以上に疲れると思います。

これを毎日続ければ、ちゃんと体力がつきます。

また、面接の際、体力的な問題を聞かれることがあるかもしれません。

その時にランニングやウォーキング、ラジオ体操を継続して行っていることを伝えれば、体力に問題が無いことをアピールできます。

まとめ

30代職歴なしのニートの就職活動は非常に厳しいものがあります。

しかし、上記で紹介した3つのポイントを継続して行うことで、他の求職者に差をつけたり、同じ土俵に乗ることができますので、ぜひ実践してみてください。

-ニートの就活のやり方
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

           

あなたにおすすめの記事

関連記事

低学歴ニートは穴場企業を狙え!おすすめの就職活動の仕方、気をつけるべき話し方

就職活動と学歴は切っても切れない関係にあります。 大手企業であれば、やはり難関大学の学生を多く採用したいと考えるものです。 そのため、学歴フィルターがかけられて、低学歴では説明会すら予約できないといっ …

無職ニートからいきなりフルタイムで働く人への注意点とアドバイス3つ

無職、ニートから働きはじめるときは、少ない日数・少ない時間の仕事から始めるのが良いのでは?という意見を耳にした人もいるのではないでしょうか。 しかし、実際フルタイムで働いたほうが稼ぎは良いですし、正社 …

転職するときニート期間(空白期間)は不利になる?

転職するために会社を辞めてニート状態の人、もしくは会社を辞めてニート期間を経て、ようやく社会へ出ようと決心した人もいるのではないでしょうか。 その際、どうしても気になるのはニート期間のことでしょう。 …

低学歴からでも大企業に就職できる!具体的な方法3つ

世の中には様々な考え方の人がいて、学歴に関しては大きく分けると二通りの考え方の人に分かれます。 学歴至上主義の人と、学歴は重要視せずにその人の人柄や取り柄を見る人です。 とはいっても、転職について語る …

アルバイト経験なしからの就活で注意する3つのこと

正社員での経験どころか、アルバイトの経験もないニートの方は数多くいます。 ずっと引きこもっていたニートはもちろんのこと、資格試験や公務員試験の勉強をしていたが結果合格する事ができずに諦めたニートもいる …

このままじゃヤバい!就活に失敗してニートになった人の選択肢3つ

就職活動に失敗してしまうと、人格を否定されたような気持になって意気消沈してしまい、ニートになってしまうことは珍しいことではありません。 しかし、そのままずるずるとニートを続けてしまっては、どんどんと就 …

ニートに正社員は無理?20代、30代別の就活戦略

ニートが社会復帰をするには、まずアルバイトから、と決めつけていませんか? ニートからいきなり正社員はハードルが高いと考えていたり、これからの人生は非正規雇用で生きるしかないと思い込んでいたり、過度に卑 …

離職率の高い企業を見分ける方法!離職率の計算方法、よくある退職理由

就職活動や転職活動において入社をなるべく避けておきたい会社の特徴のひとつとして、離職率の高い会社が挙げられます。なぜなら、離職率の高い会社は、社員が次々辞めるだけの何らかの決定的な原因があることが多い …

中途採用の就職が決まらない!原因とおすすめの対処法

中途採用の転職活動で就職先がすぐに決まる人と、なかなか決まらない人がいます。なかなか決まらない場合には、その原因を探ってみることが大事です。 焦ってしまう前に、自分にあてはまることがないかチェックして …

ニートを脱出して正社員として採用されるために大切な3つの心得

多くのニートは、一刻も早くニートから脱出しなくては、と焦りを覚えているのではないでしょうか。 そういう気持ちはあるものの、何から始めればよいのかわからず、戸惑ってしまい、結局、何もできないままのニート …